ベニヤを突き破って手首が……あれ!? 抜けなくなった…???

公開日: ほんのり怖い話

423mini

たぶん怖くないけど自分的には嫌だった話。

帰り道に、赤錆びて穴だらけのベニヤ張りの物置みたいな建物がある。周りに新築マンションが増えてるからかなり浮いた感じ。

で、ゆうべ遅くに帰ろうとしたら丁度その物置の所でコケてしまった。思わず手をついたら物置のベニヤを突き破って手首まで入ってしまい、壊したかと思って焦ったんだけど手が抜けない。抜こうとすると避けたベニヤが手首に刺さる。

擦り傷だらけだし痛いしよく見えないしってやってたら、全く人の気配のない向こうから突然手を触られた。

痴漢みたいな触り方で、その時は霊とかより正直貞操の危険を感じて尚更焦る。しかも向こうの手らしきものがどんどん汗ばんできて力も強くなってくる。ライターかざそうかと思ったけど穴から目でも見えたらと考えたら怖くて実行出来なかった……。

暫くしたら自転車の音がして、ビクッとしたら警官だった。

話しかけられたら向こうの手の感触がなくなって、落ち着いたせいもあるだろうけど自分の手も抜けた(怪しかったらしくこっちが職質された)。

ちなみにさっき改めて見たら私の開けたらしき穴はあって、でもどう見ても人が住んでる雰囲気じゃない。屋根も穴だらけだから雨漏りするだろうし……。そもそもどのお宅の物置なのか近所の人に聞いてみたら、隣の駐車場と同じ持ち主らしく今は別の所に住んでいるとのこと。

あの手はなんだったんだ……。

ホームレスでも入り込んでたのかな。あの手の主が生きていてもいなくてもなんだか怖い。

ビスコ

高校3年生の時、5人組のグループでつるんでいた。でも、全員がいつも『もう一人いる』気がしていた。移動教室の時とかもう一人がまだ来ないから廊下で待っていると、「あ…

教室(フリー素材)

M君の記憶

中学二年の終わりに引っ越す事になった。引っ越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。M君とは幼稚園から中学二年まで同じ学校で、…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

アパート(フリー写真)

好条件物件

まだ自分が大学在学中、あれやこれやがあって、気分を変えるため引越しをすることにした。大学のそばにある不動産屋で、大学と係わりの強いおばちゃんに条件を提示しつつ、お勧めの物件につ…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。結局、俺はその仕事を一人で行うように…

満月(フリー画像)

天狗

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静か…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

蜘蛛の巣(フリー画像)

クモ様

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。うちでは昔からクモを大事にする習慣があり、家には沢山のクモが住み着いてクモの巣だらけ。殺すなどもっての外で、大掃除の時もクモの巣を…

森(フリー写真)

不思議な子供とおじいさん

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチ…