曰くのある場所

公開日: 怖い話

ビル(フリー写真)

得意先が移転し、お祝いを兼ねて訪れた。

そこは1階が店舗で2階が事務所。

取り敢えず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階に上がる。

しかしこの階段、何か違和感がある。なぜか下から2段目だけが、幅が狭く段が高い。

事務所に上がって話も盛り上がり、帰り際に2段目の事はすっかり頭から消え、危うく足を挫きそうになる。

すると「階段危ないから気を付けて」と社長の声。先に言えよ。

「大丈夫ですから~」とお愛想をして店を出る。

この会社、業績は良くないが、社長の人柄と社員の頑張りで何とかやりくりしている程度。

しかしこの新しい移転先は、昔から何をやっても上手く行かない場所。

以前は大手ディーラーだったが、やはり上手く行かず、格安で賃貸されている曰く有の場所であった。

数ヶ月が過ぎ、定例でその店を訪れると社長が居ない。

奥さんに訳を聞くと、事故で入院中との事。

咄嗟に浮かんだのが自殺というワード。

しかし間違ってもそんな事を口に出す訳も行かず、病院の場所を聞くと「ここじゃ何だから事務所へどうぞ」と2階に。

奥さんもやはり自殺未遂を疑っている様子。

帰りに、やはり2段目で転びそうになる。

奥さんも「ここ、分かってても躓くのよね。何でここだけ変な作りなんだろ」と笑っていた。

病院で社長と対面。

怪我は酷く片目は失明寸前だが、思いのほか元気で、只の事故だったのかと思うほど明るく前向きだった。

事故の事を聞くと、単独事故で、時速60~80kmで高速橋脚コンクリにほぼ正面から衝突したのだそうだ。

何故正面から? 誰でもそう思う。俺も思った。

聞くか迷っていると社長の方から、

「自殺する気なんかない。

でも、事故の前後の記憶が無い。店の事をぼんやり考えながら、運転していたんだと思う」

数ヶ月で退院も出来、復帰が出来るということなので「退院後また店に伺います」と約束をして別れた。

社長が入院している数ヶ月で業績は悪くなり「あの店危ないぞ」と噂を聞くまでになった。

それから暫らくして、社長が亡くなったと奥さんから電話があった。

葬儀などは既に済ませており、店を畳む事にした。色々相談をしたいから店に来て欲しいと呼ばれる。

事務所で話を聞く。

亡くなったのは、奥さんの車で病院を抜け出し店に向かう途中、今度は電信柱に激突したのだと言う。

なぜ急に店に向かったのかも分からないし、どうしてまた事故に遭ったのかも分からない。

本当に事故なのかも分からない。

「ひょっとして自殺だったのかも」と一気に喋り泣き崩れた。

俺は正直自殺だと思った。

泣き崩れる奥さんを前にして何も言えず、閉店に向けての処理の方法や手続き関係を説明し、事務所の階段を降りる。

するとやはり下から2段目で転びそうになり、胸に挿していたボールペンを落っことした。

ペンを拾おうと手を伸ばし、何気に1段目と2段目の間を見ると、一瞬、ほんの一瞬だけど、片目の腫上がった、事故後に病院で見た社長の顔があった。

そして腫上がった手が、サッと引っ込むところも。

その後、店は閉店し別の店になったが、上手く行かず直ぐに閉店となり、以降空き家のまま。

曰くのある場所には、それなりの訳があるのだと実感した。

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。 夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

新小岩駅(フリー写真)

腕を探す男

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。 サラリーマン風の男が、 「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」 と甲高い大声を上げながら、ホームを行っ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。 細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。 俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

教室(フリー素材)

消えた同級生

小学2年生の時の話。 俺はその日、学校帰りに同じクラスのS君と遊んでいた。 そのS君とは特別仲が良い訳ではなかったけど、何回かは彼の家にも遊びに行ったし、俺の家に招いたこと…

天保の飢饉

天保の飢饉(1832~1839年)は、連年の凶作の結果、全国にその影響が及ぶほど凄まじいものであった。 しかも、飢饉は7年間の長きに渡って延々と続いたのであった。鶏犬猫鼠の類まで…

カフェ(フリー写真)

死相の本

『死相の本』というものをご存知ですか? 自分は一度、見たことがあります。 広辞苑ぐらいの厚さで、果てしなく色々な方の生前の顔と死後の顔が並んでいるだけの本。 右ペー…