悪夢を見せる子守唄

公開日: ほんのり怖い話

お酒(フリー写真)

もう時効だと思うから投稿します。

うちには代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。

何語か判らないけど、詩吟などに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの長さの歌。

文字で書くと、

「あ~しぃ~ふっひ~~ったはぁがーーーっ(ハ行は息を吐く音、「がーっ」はタンを吐く時の音)」

という感じで、とにかく独特な歌。

先祖代々、一族中が知っている歌で、

「戦国時代、自分の一族が仕えた殿様を殺した武将の家に入り込み、乳母になって跡取りを殺した」

などという微妙なエピソードまで付いている。

正直眉唾ものだけど、子ども心には怖かったし、

「子守唄歌うよ!」

と親に脅されると泣くほど怖かった。

大学時代から25歳まで4年間付き合った彼氏にプロポーズされ、親の紹介までした上で、浮気されていた。

しかもそれがバレた時、彼が逆切れした。

その時は半同棲のようなものだった。逆切れして酒を飲み不貞寝した彼氏に対し怒りが治まらず、初めてこの子守唄を歌った。

三回くらい繰り返したと思う。

そしたらいきなり彼がカッと目を見開き、その場で吐き出した。

ウゲッと思ったけど、吐くだけ吐いたらまたゲロだらけの布団でウトウトし始めたので、そのまま放置して帰った。

子守唄のせいなのか酒のせいなのかはその時点では分かっていなかった。

その後、相手の親御さんから慰謝料を貰い別れた後に、彼の友人から

「悪夢を毎日見ている」

と教えられた。

内容は教えてもらったけど、とにかく自分が死んで腐って行くような夢ばかり見ているらしい。

ご飯も食べられないらしく、見る見る痩せて行く。

更に一年ほど経った後、会社を辞めて入院するレベルで病んだことを聞いた。

その後、彼は転職して地元に戻ったから、どうなったかは知らない。

あれが子守唄のせいなのか、本人のせいなのか分からないけど、ほんのり。

またこの歌を歌ってしまわないか考えると少し怖い。

関連記事

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。「若いの、女はまだ出来んのか?」「うるさ…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。それが今から数えて7年前くらいかなと思う。引っ越して…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルでの肝試し

学生時代の夏、男4人と女1人の計5人で、とあるホテルの廃屋へ肝試しに行った。そのホテルの場所は別荘地のような、周りを森に囲まれた場所に建っていたので、夜23時過ぎに着いた頃には…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…