死期を悟る子

公開日: 不思議な体験

幼稚園児(フリー写真)

小学校に上がる前の小さな男の子の話です。

その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、子供達はそれぞれ船や飛行機、車などの絵を描きました。

小さな子供の描く絵は大抵、真横からなどの単純なアングルの絵が多いものですが、その男の子の描いた絵は青いトラックを斜め下から描いた、少し不思議な絵だったそうです。

また、小学校に入学するということで学習机を買ってあげるということになり、お店で好きな机を選ばせようとしましたが、

「僕には机は要らないんだ」

と寂しそうに言って選ぼうとせず、変なことを言う子だと家族も不思議がったそうです。

やがて小学校の入学が近付き、通学の練習ということで、おじいちゃんに連れられて小学校までの道を散歩することが度々ありました。

その時ランドセルを背負わせようとしましたが、なぜかランドセルを背中ではなく胸の方に背負うのでした。

おじいちゃんが何度背中に背負うように教えても、

「僕はこれでいいんだ」

と言って変えようとしなかったそうです。

そして小学校の入学を目前に控えたある日、その男の子はトラックに撥ねられて亡くなりました。

棺に入れられたその子の胸の上には、家族によってランドセルが置かれていたそうです。

関連記事

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。「私の部屋」「キッチンを挟…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と言われる事がある。霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。これは俺が実…

魚(フリー画像)

魚の夢

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、そ…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。高校時代から27歳になる現在まで…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。特…

未来から来た男

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。当時住んでたとこの近くに公園があった。ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に…