裏返し

公開日: 怖い話

時計(フリー素材)

最初にお願いと注意を。

この文章を読む前に、身近な所に時計があるかどうか確認して欲しい。十分、二十分が命取りになりかねないので。

では……。

先月、高校時代の友人が病でポックリ逝ってしまった。

通夜の席で十数年ぶりに集まった同級生の、誰からともなく

「その内、皆んなで呑もうなんて言っている間に、もう三人も死んじまった。本気で来月あたり集まって呑もうよ」

という話になった。

言い出しっぺの曽根という男が幹事になって話は進行中だが、なかなか全員のスケジュール調整がつかない(男5人、女3人)。

今年の夏はとても暑いので9月に入ってからにしようかと、幹事の曽根と今昼飯を一緒に食べながら話し合った。

その時、ビールなんて呑んだのが間違いだった。

曽根がふと言わなくても良いことをつい口に出し、俺は酔った勢いでそれに突っ込んだ。

それは先月死んだ友人に先立つこと十年、学生時代に死んだ岸と椎名というカップルのことだった。

十年前、曽根は岸の一人暮らしのアパートで、椎名と三人で酒を呑んだ。

直後、岸と椎名は交通事故で死亡。

岸の酔っ払い運転による事故という惨事だった。

曽根はその事故の第一発見者でもある。

俺は某巨大掲示板のことを曽根に説明し、事故の第一発見者のスレッドに書き込めと悪趣味な提案をしたのだ。

すると曽根は忽ちにして顔面蒼白となり「冗談じゃない!」と本気で怒り出した。

俺は些か鼻白み「ムキになんなよ」と言い返したが、曽根の怒りは収まらず。

「じゃあ、あの時の話を聞かせてやるが、後悔するなよ」

と言って、恐ろしいくらい早口で話し始めたのだ。

曽根の話

俺が岸と椎名と呑んでいた時、弓削先輩がいきなり岸のアパートを訪ねて来た。

顔面蒼白で、突然「おまえ等、裏返しの話を知ってるか」と話し出した。

その時、俺は酒を買い足しに行こうとしたところだった。

弓削さんが止める様子も無いので缶酎ハイを買いに出て、15分ばかり中座した。

部屋に戻ると弓削さんは大分くつろいだ様子で、俺が買って来た酎ハイを喉を鳴らして一気に呑んだ。

「何の話だったんですか?」

「だから、裏返しだよ」

「裏返し?」

「裏返しになって死んだ死体、見たことあるか?」

「……いいえ。何ですか、それ?」

「靴下みたいに、一瞬にして裏返しになって死ぬんだよ」

「まさか。何でそんなことになるんですか?」

先輩は、くっくと喉を鳴らして笑った。

「この話を聞いてから2時間以内に他の人間にこの話をしないと、そういう目に遭うんだ」

「不幸の手紙ですか?」

俺は本気にした訳ではないが、そう聞き返した。

今なら「『リング』ですか?」と言うところか。

「何とでも言え。とにかく、俺はもう大丈夫だ。もさもさしてないで、おまえ等も話しに行った方がいいぞ」

何か白けた感じになったが、買い足して来た分の酎ハイを呑み干して宴会はお開きになった。

先輩はバイクで去り、岸と椎名は岸のサニーに乗った。

スタートした直後、サニーは電柱に衝突した。

呑み過ぎたのかと思いすぐに駆け寄ってみると、岸椎と名は血まみれになっていた。

そんな大事故には見えなかったので、俺は少なからず驚いた。

いや、もっと驚いたのは、二人が真っ裸だったということだ。

二人は、完全に裏返しになっていたのだ。俺は大声で叫んだ。

「裏返しだ!裏返しで死んでる!」

すぐに人が集まって来て現場を覗き込み、俺と同じ言葉を繰り返した。

だからその場に居た全員が助かったのだろう。

話を終えると、曽根は逃げるように帰って行った。

俺はこんな話は無論信じないが、一応このスレッドを立てて予防しておく。

読んだ方は一応、後何時間あるか時計でご確認を……。

関連記事

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。でも本当…