裏返し

公開日: 怖い話

時計(フリー素材)

最初にお願いと注意を。

この文章を読む前に、身近な所に時計があるかどうか確認して欲しい。十分、二十分が命取りになりかねないので。

では……。

先月、高校時代の友人が病でポックリ逝ってしまった。

通夜の席で十数年ぶりに集まった同級生の、誰からともなく

「その内、皆んなで呑もうなんて言っている間に、もう三人も死んじまった。本気で来月あたり集まって呑もうよ」

という話になった。

言い出しっぺの曽根という男が幹事になって話は進行中だが、なかなか全員のスケジュール調整がつかない(男5人、女3人)。

今年の夏はとても暑いので9月に入ってからにしようかと、幹事の曽根と今昼飯を一緒に食べながら話し合った。

その時、ビールなんて呑んだのが間違いだった。

曽根がふと言わなくても良いことをつい口に出し、俺は酔った勢いでそれに突っ込んだ。

それは先月死んだ友人に先立つこと十年、学生時代に死んだ岸と椎名というカップルのことだった。

十年前、曽根は岸の一人暮らしのアパートで、椎名と三人で酒を呑んだ。

直後、岸と椎名は交通事故で死亡。

岸の酔っ払い運転による事故という惨事だった。

曽根はその事故の第一発見者でもある。

俺は某巨大掲示板のことを曽根に説明し、事故の第一発見者のスレッドに書き込めと悪趣味な提案をしたのだ。

すると曽根は忽ちにして顔面蒼白となり「冗談じゃない!」と本気で怒り出した。

俺は些か鼻白み「ムキになんなよ」と言い返したが、曽根の怒りは収まらず。

「じゃあ、あの時の話を聞かせてやるが、後悔するなよ」

と言って、恐ろしいくらい早口で話し始めたのだ。

曽根の話

俺が岸と椎名と呑んでいた時、弓削先輩がいきなり岸のアパートを訪ねて来た。

顔面蒼白で、突然「おまえ等、裏返しの話を知ってるか」と話し出した。

その時、俺は酒を買い足しに行こうとしたところだった。

弓削さんが止める様子も無いので缶酎ハイを買いに出て、15分ばかり中座した。

部屋に戻ると弓削さんは大分くつろいだ様子で、俺が買って来た酎ハイを喉を鳴らして一気に呑んだ。

「何の話だったんですか?」

「だから、裏返しだよ」

「裏返し?」

「裏返しになって死んだ死体、見たことあるか?」

「……いいえ。何ですか、それ?」

「靴下みたいに、一瞬にして裏返しになって死ぬんだよ」

「まさか。何でそんなことになるんですか?」

先輩は、くっくと喉を鳴らして笑った。

「この話を聞いてから2時間以内に他の人間にこの話をしないと、そういう目に遭うんだ」

「不幸の手紙ですか?」

俺は本気にした訳ではないが、そう聞き返した。

今なら「『リング』ですか?」と言うところか。

「何とでも言え。とにかく、俺はもう大丈夫だ。もさもさしてないで、おまえ等も話しに行った方がいいぞ」

何か白けた感じになったが、買い足して来た分の酎ハイを呑み干して宴会はお開きになった。

先輩はバイクで去り、岸と椎名は岸のサニーに乗った。

スタートした直後、サニーは電柱に衝突した。

呑み過ぎたのかと思いすぐに駆け寄ってみると、岸椎と名は血まみれになっていた。

そんな大事故には見えなかったので、俺は少なからず驚いた。

いや、もっと驚いたのは、二人が真っ裸だったということだ。

二人は、完全に裏返しになっていたのだ。俺は大声で叫んだ。

「裏返しだ!裏返しで死んでる!」

すぐに人が集まって来て現場を覗き込み、俺と同じ言葉を繰り返した。

だからその場に居た全員が助かったのだろう。

話を終えると、曽根は逃げるように帰って行った。

俺はこんな話は無論信じないが、一応このスレッドを立てて予防しておく。

読んだ方は一応、後何時間あるか時計でご確認を……。

蔵(フリー写真)

漬物石

去年の7月のことだ。 俺の祖父と祖母は老人ホームで既に他界していて、実家を管理する人がいなかったから、荒れ放題になってしまっていた。 本来ならば、相続の関係で俺の母親の姉(…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。 うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。 当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

山道(フリー写真)

掛け声の正体

無名に近い芸能人の方がテレビで語っていた怖い話。 その方の実家近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。 高校時代のある日、仲間数人と連れ立って、…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。 季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。 約束の…

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。 そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。 実際、お…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。 ある日、結婚している8歳上の姉が2…

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。 朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…