隠された真実

赤ちゃんの手

私の母方の祖母は若い頃、産婆として働いていました。彼女は常に「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」と言って、その職業の喜びを語ってくれました。祖母は、新生児の無邪気な美しさと、母親の喜びに満ちた表情を見ることが何よりの幸せだったと言っていました。

祖母は、生き生きとした話し方で、熱いお湯、清潔なシーツと毛布の重要性、そして出産の瞬間の感動を楽しげに語りました。これらの話は、幼い私にとってもとても魅力的でした。

しかし、祖母が亡くなってから一年半が経ち、その悲しみが薄れた頃、母から祖母の産婆としての経験について、今まで聞かされてこなかった暗い側面を聞くことになりました。

この話は、母が祖母から直接聞いたものです。時は遡り、10年前のある出産の夜のこと。祖母はある産婦の家で、朝から夜遅くまで出産の支援をしていました。産婦は風邪を引いており、状況は決して良くありませんでした。

その日は祖母と、35歳の産婆であるSさんが一緒に支援していました。夜は二人で交代しながら休む手はずでした。産婦の母親もそばにいましたが、疲れているとの理由で休ませることにしました。

しかし、祖母が交代で眠っている間に、産婦の陣痛が急に強くなりました。祖母が目を覚ますと、Sさんはすでに出産の手助けをしていましたが、祖母は何かがおかしいと直感しました。

産婦の母親が飛んで来て、孫が無事に生まれたことに安堵しました。しかし、Sさんが突然、「この子、目ん玉が無いわ」と発言しました。祖母は自分も赤ん坊の顔を見た際、目は閉じていたものの、眼球の存在を感じ取っていました。

この発言により、産婦の母親は取り乱し、その後うつ症状に陥りましたが、数年後にはその子を愛情深く育てているのを目撃しました。

祖母はこの出来事を心に留めており、なぜSさんが事前に「起きて」と呼びかけなかったのか疑問に思っていました。彼女は、Sさんが何か恨みを持っていたのではないかと考えていましたが、真相はついに明らかになりませんでした。

祖母の話は、美しい出産の瞬間だけでなく、その裏に隠された重い真実をも教えてくれました。

関連記事

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。 世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。 2年生になった頃に木造校舎の建て…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。 俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。 生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。 朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

玄関(フリー写真)

住職さんへの相談

友達の母さんが運転中、前の車にぶつけてしまった。 保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意、謝罪をした。 しかし、このぶつけてしまった相手というのがね…

きさらぎ駅

98 :名無し:01/08 23:14 気のせいかも知れませんがよろしいですか? 99 :名無し:01/08 23:16 取りあえずどうぞ 100 :名無し:01/08…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。 いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。 なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。 それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

一途な思い

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。彼女の家庭にはお父さんがいなかった。 お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。違うクラスになったけど僕と彼女…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

海(フリー素材)

海にまつわる妖怪

海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。 海は多くの富を千葉に住む人々に授けて来た。正に恵みの海である。 しかし、海は富を授けるだけのものではない。 優…