むこうがわ

公開日: 怖い話

ネットワーク

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。

それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。

より過激な内容のウェブサイトを求めて、Aはより奥深くネット世界を進んだ。

そしてあるウェブサイトへ辿り着いた。

それは、ただ真っ白な画面に『むこうがわ』とだけ書かれた、素っ気ないウェブサイトだった。

閲覧しようとすると、『こっちへ きたいのか』とメッセージが表示された。

Aは深く考えず『Yes』と答え、『むこうがわ』へ足を踏み入れた。

そこはAがかつて見た事もない過激な映像が、幾つものページに分かれて表示されていた。

常人ならば一目で目を背け、悪夢にうなされるような、おぞましいもので溢れていた。

Aは『むこうがわ』の虜となった。

彼を熱中させる要素の一つに、ランダムに現れる『もっと こっちへきたいのか』というメッセージの存在があった。

『Yes』と答えると、それまで現れなかった更に過激なページが表示された。

唯一同じ趣味を持つ悪友Bに、『むこうがわ』の事を教えると、Bもまた虜となった。

彼等はさらに奥へと、『むこうがわ』へ進んで行った。

そうして『むこうがわ』の深淵へと進んだAは、『もどき』と題されたページに辿り着いた。

内容は、何処かの一室を音声付リアルタイムで中継しており、そこにはあるモノが居た。

その姿は胎児が胎内での、爬虫類から補乳類への進化の過程中に生み出され、そのまま成長したかのような『ヒトもどき』だった。

その『ヒトもどき』はそこに監禁されており、時々覆面の男が現れて食事を与え、掃除し、気まぐれに暴力を振るっていた。

Aはその禁断の映像に釘付けとなり、繰り返し『もどき』を覗き見た。

ある時Aは、覆面が時折漏らす言葉が日本語で、Aがよく知る地方の方言だと気付く。

その事は、彼を現実へと引き戻した。

『これは今、日本で実際に行われている現実の出来事だ』

Aは急に恐ろしくなり、『むこうがわ』へのアクセスを止め、『むこうがわ』の URLと内容を書いた匿名のメールを警察へと送った。

ふと気になってBへ電話してみると、彼はA以上に『むこうがわ』に没頭しており、止める気配はない。

そのせいか、Bの話には支離滅裂な部分が目立つようになり、薄気味悪くなったAはBとの連絡を絶った。

数ヶ月後、一通のメールがAに届いた。差出人は政府公安の研究部からだった。

それによると、その部署は昨今急増する異常者による犯罪を未然に発見・防止を目的とし、その為の研究と実験に取り組んでいて、その一環としと作成したのが『むこうがわ』だった。

あれは異常者を見つけ出すためのエサで、アクセスした者はIDを特定され監視される。

更に『むこうがわ』への進度、閲覧したページの内容等により、10から0までのランク付けがされる。

そのランクに応じて、対象者への処置が行われるという。

Aはそれまでの経過に加えて、アクセスを止めた事、警察へ通報した事等により、5という評価だった。

メールには、今回の事はあくまで実験であり、実生活への影響が無い事と、実験への協力への感謝の言葉で締められていた。

監視されていた事に驚愕するA。

だが、何より気になったのは、ランク評価に対する処置に関する記述だった。

4以下には特に処置無しだが、3より要注意人物とされ、2では監視が付くようになり、1で強制入院となる。

そして、その上の0については、一切記述されていなかった。

胸騒ぎのしたAは、Bと連絡を取ろうとした。

しかし、如何なる記録を検索しても、連絡先はおろか、Bという人間は存在すらしていない事となっていた。

Bのランクは、果たして何番だったのだろうか…。

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。 僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。 田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。 授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。 ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。 こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。 「それ、どうしたの?」 …

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

テレアポのバイト

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。 インカム着けて通話しつつも、お互いの内容がなんとなく聞こえるくらい小さな事務所だった。 そこでバイト仲間の一人が妙なこ…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。 うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。 当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

電柱から覗く女の子

関西圏からの報告で多い話を一つ。 友達と何人かで遊んでいて、夕方ぐらいになるとこちらをそっと覗いている小学校高学年位の女の子がいる。 その子は木や電柱、校舎の壁などから顔を…

夜の山(フリー写真)

山へのいざない

母の家系は某山と良からぬ因縁があるらしく、祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。 「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰って来れんようになるよ」 …

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

海(フリー素材)

海にまつわる妖怪

海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。 海は多くの富を千葉に住む人々に授けて来た。正に恵みの海である。 しかし、海は富を授けるだけのものではない。 優…