むこうがわ

公開日: 怖い話

ネットワーク

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。

それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。

より過激な内容のウェブサイトを求めて、Aはより奥深くネット世界を進んだ。

そしてあるウェブサイトへ辿り着いた。

それは、ただ真っ白な画面に『むこうがわ』とだけ書かれた、素っ気ないウェブサイトだった。

閲覧しようとすると、『こっちへ きたいのか』とメッセージが表示された。

Aは深く考えず『Yes』と答え、『むこうがわ』へ足を踏み入れた。

そこはAがかつて見た事もない過激な映像が、幾つものページに分かれて表示されていた。

常人ならば一目で目を背け、悪夢にうなされるような、おぞましいもので溢れていた。

Aは『むこうがわ』の虜となった。

彼を熱中させる要素の一つに、ランダムに現れる『もっと こっちへきたいのか』というメッセージの存在があった。

『Yes』と答えると、それまで現れなかった更に過激なページが表示された。

唯一同じ趣味を持つ悪友Bに、『むこうがわ』の事を教えると、Bもまた虜となった。

彼等はさらに奥へと、『むこうがわ』へ進んで行った。

そうして『むこうがわ』の深淵へと進んだAは、『もどき』と題されたページに辿り着いた。

内容は、何処かの一室を音声付リアルタイムで中継しており、そこにはあるモノが居た。

その姿は胎児が胎内での、爬虫類から補乳類への進化の過程中に生み出され、そのまま成長したかのような『ヒトもどき』だった。

その『ヒトもどき』はそこに監禁されており、時々覆面の男が現れて食事を与え、掃除し、気まぐれに暴力を振るっていた。

Aはその禁断の映像に釘付けとなり、繰り返し『もどき』を覗き見た。

ある時Aは、覆面が時折漏らす言葉が日本語で、Aがよく知る地方の方言だと気付く。

その事は、彼を現実へと引き戻した。

『これは今、日本で実際に行われている現実の出来事だ』

Aは急に恐ろしくなり、『むこうがわ』へのアクセスを止め、『むこうがわ』の URLと内容を書いた匿名のメールを警察へと送った。

ふと気になってBへ電話してみると、彼はA以上に『むこうがわ』に没頭しており、止める気配はない。

そのせいか、Bの話には支離滅裂な部分が目立つようになり、薄気味悪くなったAはBとの連絡を絶った。

数ヶ月後、一通のメールがAに届いた。差出人は政府公安の研究部からだった。

それによると、その部署は昨今急増する異常者による犯罪を未然に発見・防止を目的とし、その為の研究と実験に取り組んでいて、その一環としと作成したのが『むこうがわ』だった。

あれは異常者を見つけ出すためのエサで、アクセスした者はIDを特定され監視される。

更に『むこうがわ』への進度、閲覧したページの内容等により、10から0までのランク付けがされる。

そのランクに応じて、対象者への処置が行われるという。

Aはそれまでの経過に加えて、アクセスを止めた事、警察へ通報した事等により、5という評価だった。

メールには、今回の事はあくまで実験であり、実生活への影響が無い事と、実験への協力への感謝の言葉で締められていた。

監視されていた事に驚愕するA。

だが、何より気になったのは、ランク評価に対する処置に関する記述だった。

4以下には特に処置無しだが、3より要注意人物とされ、2では監視が付くようになり、1で強制入院となる。

そして、その上の0については、一切記述されていなかった。

胸騒ぎのしたAは、Bと連絡を取ろうとした。

しかし、如何なる記録を検索しても、連絡先はおろか、Bという人間は存在すらしていない事となっていた。

Bのランクは、果たして何番だったのだろうか…。

関連記事

村はずれの小屋

じっちゃま(J)に聞いた話。 昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。 一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、梅は「生まれ故郷を離れ…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。 爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…

山(フリー写真)

山の物の怪

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。 裕福だった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。 ※ ある…

座敷(フリー素材)

おぶって来たご先祖様

ある女性歌手が幼少期、お盆の時期にお婆ちゃんの田舎で経験した話。 地方なので、家々の周りの畑や田んぼの中に先祖代々の墓があるような土地。 そこのお盆の風習で、親戚の中で一番…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。 ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。 街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。 大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

ロシアの軍艦(フリー素材)

ロシアの軍事教練所

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。 彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。 そこで知り合った医務教官から聞いた話だという事です。 その…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

三つの墓標

俺の高3の時の生物の担当の話。 自分が実際に体験した訳じゃないけど、ある程度現場視点で話します。 先生は某国立大学の出で、その大学は山にあって、昔は基地として使われていたら…

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。 世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。 2年生になった頃に木造校舎の建て…