有名な家

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験 | 怖い話

P1030072x

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。

諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。

それまで祖母とは小さな漁師町に住んでいた。転校するのは嫌だったが、母親が住んでいる町に引っ越す事にした。

母親は団地に住んでいたので、三人で暮らすには手狭ということで一軒家を借りることになった。

暫くして町の不動産さんに紹介され、家族三人で内見に行った。

小学校からも遠くない、道路にも面しているし小さいながらも物置がある。駐車場もあった。築20年位に感じた。

まだその家には人が住んでいたが、契約が決まり次第退去、引っ越しの手筈だった。

しかし、玄関に入ると不気味な仏像が100体以上並べられていた。

「どうぞ自由に見てくださいね…」

中から出てきたおばさんの目は明らかにおかしく淀んでいた。仏像を見て自分は怯えてしまい、内見どころではなかった。

「早くこの家から出なきゃいけない」

何故かそう感じていました。

母は2階を見ると言い、自分も付いて行きましたが、後悔しました。

2階は不思議な造りで、大きな部屋が衝立で仕切られ、かろうじて部屋らしき物を形造っていました。

そして何より、窓が沢山あり南向きなのに、寒い。そして暗い。

黒いもやが部屋中に綿ぼこりのようにいて、母にも何なのか聞こうとした瞬間、

「家から出るまで喋ってはいけない。悪い物だから。お前に付いて来たがってる」

そう小声で言われ、自分はもうパニックでした。

黒いもやはゆらゆら、ふわふわと浮いており、何となく私達に近付いている気がしました。

それに気づいたのか母は陽気に喋りまくる不動産屋にもう内見はやめて帰る旨を伝え、一階に向かいました。

玄関で靴を履きながらちらりと居間を見ると、夥しい数の仏像が所狭しと居て…もう駄目だと思いました。

玄関を出て、不動産屋さんはしきりに母に契約を迫っていました。しかし、母は断り続けていました。

ちなみに付いて来た祖母は私達の車の中から出ては来ませんでした。

そして母は不動産屋さんに言ったのです。

「あんた知らないって思ってるでしょ? ここで首を吊ったお爺さんが二人もいるじゃない。なんて物件紹介してくれてんのよ」

全く意味が解らない私は「何が? 何が!?」と母に詰め寄ると、母は駐車場を指差し、

「ここで吊ってる。元はここ物置でしょ? 自殺があったから壊して隣に物置を建てた。そういうこと。

契約はなかったことにして。こんな家に居たら住んでる人みたいにおかしくなっちゃうわ」

そう吐き捨てるように言い、母に手を引かれ車に乗り、不動産屋さんを尻目に車を走らせました。

祖母は、

「なんて家だろうね…土地がよくない。首吊り自殺した爺さんがぶら下がって、あんたたち見下ろしてて不気味ったらあらしゃないわよ」

その言葉に母も返しました。

「爺さん二人だけじゃないよ。家の中でも少なく見積もっても二人は死んでるよ。

2階なんて最悪。○○○(難しい言葉で聞き取れませんでした)がいっぱいいるのよ?

不動産屋なんて普通にしてるの。見えないって得だね。

この子は引き寄せ易いから、家帰ったらあれしなきゃね」

そんな会話をしながら母の団地に着き、すぐさま私は日本酒が入ったお風呂に入るように命ぜられました。

あれとはお清めのことだったようです。

その後、祖母により何か御祓いのようなものをされた記憶があります。

私の家系は視えるようです。祓い方なども一通り習いました。

その一件後、知り合いの伝手で一軒家を借り、無事引っ越せました。

その家にも何体かいたのですが、母は

「歩き回るばあさんと子供だけだから可愛いもんだよ」

と言っていました。

ちなみに、そのお爺さんが首を吊っている家は、本当に爺さんが首を吊っていました。

新しく引っ越した家のお隣りさんから詳しく聞きましたから…。

有名な家を紹介されたみたいです。

関連記事

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

夜の病院(フリー背景素材)

深夜病棟の見廻り

3年程前の話です。私は地方の総合病院で看護師をしていました。準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

前世記憶がある俺の話

まず、前世の記憶と言ってもしっかりとはしていない。生まれた時から記憶が全てあるとか、そういうものではないという事は前提で聞いて欲しい。 ※ 始まりは小学校だった。その頃から…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

ドア(フリー写真)

隠れたドア

中学生の時、腕を骨折して通院している時期があった。ある日、病院内でジュースを買おうと、通路の行き止まりにある自販機まで行くと、二つあった自販機の横の壁にドアがあることに気付いた…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

後悔の念

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。二度目は、23歳の時。2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。…