マリエ

公開日: 怖い話 | 都市伝説

4588cba0_1260200476217

うちの近所にまことしやかに囁かれている「マリエ」というお話です。

オッチャンは焦っていた。今日も仕事の接待で深夜になってしまった。いつものT字路を曲がるとそこには古びた神社があった。

ほろ酔い加減のオッチャンには見慣れた風景だったが、その日は何かが違っていた。

「ぽーん、ぽーん…」

一定の間隔で音が刻まれている。

不思議に思いながらもオッチャンは歩調を早めたのだが、ふと神社に目をやると浴衣を着た小学生くらいの女の子がボールをついて遊んでいる。

深夜の神社の境内で、少女がたった一人でだ…。

違和感を感じて目をこらすと、まだ昼間の熱気が残っている深夜だというのに、浴衣ではなく古い着物を着ていたのだ。

余り深く関わらない方が良い。オッチャンは薄ら寒いものが背筋を通り抜けるのを感じたのか、そのまま神社の前を通り過ぎた。

「ぽーん、ぽーん…」

音がオッチャンの後ろをついてくる。

酒のせいで上がっていた体温は急速に冷めて行き、今まで掻いていた汗が冷や汗になるのが分かる。

…後ろを振り返ると少女がついてきていた。

うつむいてボール、いや、古風なマリをつきながら。

その少女の足は、前に進んでいるにも関わらず全く動いていなかった。そのまま足を動かさず、マリをついている手だけを動かしながら、オッチャンに近づいて来たのだった。

死に物狂いで走る。走る。走る。

息が続かない身体にムチを打って走る。しかし「その音」は確実に近づいてきている。

「その音」がおっちゃんの近くまで来た時、オッチャンは振り向いてしまったのだ。

「ぽーん、ぽーん…」

すぐ背後に少女がいた。ソレはずっと俯いていたのだが、ゆっくりと顔を上げ、吸い込まれそうな漆黒のまなざしをオッチャンのつま先から膝、腰、胴…。

そのまま視線を上げながら首まできた時。

オッチャンはまだ暗い明け方に道端にぶっ倒れて気絶していたところを発見された。あのまま目が合っていたらどうなっていたのかは誰にも分からない。

後日談

ひとりのバイク乗りが「マリエ」の話を聞いていた。地元の峠でも名の知れた走り屋でした。

CBR600という、とてつもなく速いバイクを操る彼は若過ぎたのだ。

下りの峠をバイクで攻め込むときの恐怖は並大抵のものではない。しかし、それでも速い彼は怖いもの知らずと呼ばれた。

その彼が神社の前に居た。

「ぽーん、ぽーん…」

軽快なエンジン音と共にこの世のものと思えない不思議な音もそこにあった。

3秒もあれば時速120km/hを出すことのできるバイクに乗る彼は「ソレ」がバイクにはついてこれないとタカをくくっていた。

アクセルを開ける。近所の家の窓ガラスが震えるような咆哮が上がる。クラッチを繋げる。古びたアスファルトでタイヤの表面をちぎりながら黒々とマークをつける。

次の瞬間、意識ごと身体を置いて行きそうな強烈な加速で神社の前から疾走する。

ヘルメット越しなのに「その音」は聞こえてきた。「その音」は確実に近づいてきたのだった。

エンジンの調子が悪いわけではない。快調そのものだ。しかし、やがて「その音」がすぐ背後まで迫ってきたのだった。

バックミラーには何も写っていない。バイクに伏せながら彼は後方を振り返ってしまった。

そこには足を全く動かさず髪を振り乱しながら前傾姿勢になって必死にドリブルをしている少女の姿があった。

ところが、とある道祖神の横を通り過ぎたところで少女の速度が落ちた。

少女は俯いたままマリをついていたが、その姿のままゆっくりと夜の闇に溶けて行ったそうな…。

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。 有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

かけてはいけない電話番号

皆さんはかけてはいけない電話番号というものをご存知だろうか。 ここでは番号を掲載しないが、“かけてはいけない電話番号” で検索すると沢山結果が出てくるので、興味のある方は挑戦して…

高田馬場のアパート

7年前の話。 大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。 アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。 大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。 その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。 そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。 俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。 子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …