マリエ

公開日: 怖い話 | 都市伝説

4588cba0_1260200476217

うちの近所にまことしやかに囁かれている「マリエ」というお話です。

オッチャンは焦っていた。今日も仕事の接待で深夜になってしまった。いつものT字路を曲がるとそこには古びた神社があった。

ほろ酔い加減のオッチャンには見慣れた風景だったが、その日は何かが違っていた。

「ぽーん、ぽーん…」

一定の間隔で音が刻まれている。

不思議に思いながらもオッチャンは歩調を早めたのだが、ふと神社に目をやると浴衣を着た小学生くらいの女の子がボールをついて遊んでいる。

深夜の神社の境内で、少女がたった一人でだ…。

違和感を感じて目をこらすと、まだ昼間の熱気が残っている深夜だというのに、浴衣ではなく古い着物を着ていたのだ。

余り深く関わらない方が良い。オッチャンは薄ら寒いものが背筋を通り抜けるのを感じたのか、そのまま神社の前を通り過ぎた。

「ぽーん、ぽーん…」

音がオッチャンの後ろをついてくる。

酒のせいで上がっていた体温は急速に冷めて行き、今まで掻いていた汗が冷や汗になるのが分かる。

…後ろを振り返ると少女がついてきていた。

うつむいてボール、いや、古風なマリをつきながら。

その少女の足は、前に進んでいるにも関わらず全く動いていなかった。そのまま足を動かさず、マリをついている手だけを動かしながら、オッチャンに近づいて来たのだった。

死に物狂いで走る。走る。走る。

息が続かない身体にムチを打って走る。しかし「その音」は確実に近づいてきている。

「その音」がおっちゃんの近くまで来た時、オッチャンは振り向いてしまったのだ。

「ぽーん、ぽーん…」

すぐ背後に少女がいた。ソレはずっと俯いていたのだが、ゆっくりと顔を上げ、吸い込まれそうな漆黒のまなざしをオッチャンのつま先から膝、腰、胴…。

そのまま視線を上げながら首まできた時。

オッチャンはまだ暗い明け方に道端にぶっ倒れて気絶していたところを発見された。あのまま目が合っていたらどうなっていたのかは誰にも分からない。

後日談

ひとりのバイク乗りが「マリエ」の話を聞いていた。地元の峠でも名の知れた走り屋でした。

CBR600という、とてつもなく速いバイクを操る彼は若過ぎたのだ。

下りの峠をバイクで攻め込むときの恐怖は並大抵のものではない。しかし、それでも速い彼は怖いもの知らずと呼ばれた。

その彼が神社の前に居た。

「ぽーん、ぽーん…」

軽快なエンジン音と共にこの世のものと思えない不思議な音もそこにあった。

3秒もあれば時速120km/hを出すことのできるバイクに乗る彼は「ソレ」がバイクにはついてこれないとタカをくくっていた。

アクセルを開ける。近所の家の窓ガラスが震えるような咆哮が上がる。クラッチを繋げる。古びたアスファルトでタイヤの表面をちぎりながら黒々とマークをつける。

次の瞬間、意識ごと身体を置いて行きそうな強烈な加速で神社の前から疾走する。

ヘルメット越しなのに「その音」は聞こえてきた。「その音」は確実に近づいてきたのだった。

エンジンの調子が悪いわけではない。快調そのものだ。しかし、やがて「その音」がすぐ背後まで迫ってきたのだった。

バックミラーには何も写っていない。バイクに伏せながら彼は後方を振り返ってしまった。

そこには足を全く動かさず髪を振り乱しながら前傾姿勢になって必死にドリブルをしている少女の姿があった。

ところが、とある道祖神の横を通り過ぎたところで少女の速度が落ちた。

少女は俯いたままマリをついていたが、その姿のままゆっくりと夜の闇に溶けて行ったそうな…。

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…

イツキのアトリエ

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。 ただ、画集と言っても出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれ…

かけてはいけない電話番号

皆さんはかけてはいけない電話番号というものをご存知だろうか。 ここでは番号を掲載しないが、“かけてはいけない電話番号” で検索すると沢山結果が出てくるので、興味のある方は挑戦して…

世界中の地球滅亡予言

1999年にノストラダムスの大予言が外れた事が有名ではあるが、今まで世界中で地球・人類が滅亡するといった類の終末予言が幾つも提唱されてきた。しかし、その殆どは尽く外れてきた。 戦…

サザエさん都市伝説の真相

サザエさんの有名な都市伝説と言えば「サザエさんの最終回」ではないだろうか。 商店街の福引きでハワイ旅行を当てたサザエさん一家だが、飛行機に乗って向かったところ事故で海に墜落。 …

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる? 実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。 走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。 しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

スーパーマリオの都市伝説

スーパーマリオブラザーズは、日本のみならず世界中で有名な任天堂社のゲームだ。 言わずもがな、任天堂の主要ブランドであり、任天堂の代名詞とも言えるものだ。 任天堂はそのブラン…