村はずれの小屋

公開日: 怖い話

bamboo-shadows-abstract-bamboo-chinese-firefox-persona_bamboo-shadows-abstract-bamboo-chinese-firefox-persona-japanese-trees-widescreen

じっちゃま(J)に聞いた話。

昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。

一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、梅は「生まれ故郷を離れたく無い」と村に残った。

しかし他の村民の話では「足手まといなので置いて行かれた」そうだ。

その頃から梅は狂いはじめた。普通に話をしているかと思うと、いきなり飛びかかり腕に噛み付く。腕の肉が削り取られる程に。

そんな事が何度かあると、

「ありゃあ、人の肉を食ろうておるんじゃなかろうか」

と、村中で噂が広まった。

まだ子供だったJは「なぜ警察に言わんのね?」と言うが「村からキチ○イが出るのは、村の恥になる」と大人は言い、逆に梅の存在を、外部から隠すそぶりさえあったという。

風呂にも入らず髪の毛ボサボサ、裸足で徘徊する梅は、常に悪臭を放ち、日に日に人間離れしていった。

村民は常に鎌等を持ち歩き、梅が近付くと「それ以上近寄と鎌で切るぞ」と追い払う。

そんなある日、2、3人で遊んでいた子供達が梅に襲われ、その内の1人は小指を持っていかれた。

襲われた子の父母は激怒。梅の家に行き、棒で何度も殴りつけた。止める者は誰1人いなかったという。

「あの野郎、うちの子の指をうまそうにしゃぶってやがった」

遂に梅は、村はずれの小屋に隔離されてしまう。小屋の回りはロープや鉄線でグルグルに巻かれ、扉には頑丈な鍵。

食事は日に1回小屋の中に投げ込まれ、便所は垂れ流し。

「死んだら小屋ごと燃やしてしまえばええ」それが大人達の結論であった。

無論子供達には「あそこに近付いたらいかん」と接触を避けたが、Jはある時、親と一緒に食事を持って行った。

小屋に近付くと凄まじい悪臭。中からはクチャクチャと音がする。

「ちっ、忌々しい。まーた糞を食うてやがる」

小屋にある小さな窓から、おにぎり等が入った包みを投げ入れる。

「さ、行こか」と、小屋に背を向けて歩き出すと、背後から「人でなしがぁ、人でなしがぁ」と声が聞こえた。

それから数日後、Jの友人からこう言われた。

「おい、知っとるか。あの鬼婆な、自分の体を食うとるらしいぞ」

その友人は、親が話しているのをこっそり聞いたらしい。今では、左腕と右足が無くなっている状態だそうだ。

ある日、その友人とこっそり例の小屋に行った。しかし、中から聞こえる「ヴ~、ヴ~」との声にビビリ、逃げ帰った。

「ありゃあ、人の味に魅入られてしもうとる。あの姿は人間では無い。物の怪だ」

親が近所の人と話しているのを聞いた。詳しい事を親に聞くのだが「子供は知らんでええ」と何も教えてくれない。

ある夜に大人達がJの家にやってきて、何やら話し込んでいる。親と一緒に来た友人は「きっと鬼婆の事を話しておるんじゃ」と言った。

2人でこっそりと1階に降りて聞き耳を立てるが、何を言っているのかよく分からない。ただ、何度も「もう十分じゃろ」と話しているのが聞こえた。

次の日の朝。

朝食時に「J、今日は家から出たらいかん」と父が言うので「何かあるんか?」と聞くと「神様をまつる儀式があるで、それは子供に見られてはいかんのじゃ」と説明した。

しかたなく2階から外を眺めていると、例の小屋の方から煙りがあがっているではないか。

「お父、大変じゃ!鬼婆の小屋辺りから、煙りが出ておるぞ」

しかし父親は「あれは畑を燃やしておるんじゃ。下らん事気にせんと勉強せい!」と、逆に怒られた。

それから数日は、相変わらず小屋に近付く事は禁止されていた。しかし、ある日友人とこっそり見に行くと、小屋があった場所には何も無かったそうだ。

小屋が無くなってから数日後、Jの友人(A)と共通の友人(B)とで集まった時に、Bが「Cから聞いたんじゃが、なんでも夜中に、鬼婆の霊がCの家の戸を叩きよるらしいで」と話した。

家に帰り、その事を父に伝えると、

「人は死んだら戻って来るでな。なーに、49日が過ぎれば無事成仏するで、気にする事ぁねえ」

「でも、なしてCの家に戻るのね? 自分の家に戻りゃあええのに」

「梅さんは少し変わっていたでな。帰る家を間違がえてるだけだで」

とアッサリ言ったので、Jは『なんだ、当たり前の事なのか』と思った。

ところがそうでは無かった。どうもCの親が、くじ引きか何かで梅がいた小屋を燃やす役目になってしまい、それが梅の恨みを買ってしまったらしいのだ。

それは近所の大人達が、

「Cの家に、またイブシがやって来しゃったらしい」

「小屋を燃やしたもんで、怨みを買うたんじゃろ」

と話をしていたのを聞いたからだ。

このイブシという言葉は、この村だけのいわゆる『隠語』というやつで、恐らく『幽霊』の意味ではないかとじっちゃんは言った。

大人達は「梅の霊の事は村民以外には話すな。話すと霊がその人の前にやって来る」と言うので、それを恐れた子供達は、誰一人として話さなかった。

また、大人達は隠語を使う事により、うっかり他の場所で喋っても、村の恥部が他人に漏れずに済む。

とにかくそこの村民は、自分の村を守る事に必死だったらしい。

夜な夜なやってくる梅の霊に、Cの家族は疲れてしまったのか「わしらも子も眠れんで困っとる。家を出るしか無かろうか?」と、Jの家に相談にやって来た。

Jの父は「しばらく家を捨てるしかあるまい。最悪、あの家は一度ばらしなすって、作り直しゃあええ。その間は家に住みなっせい」

こうしてCの家族は、Jの家に同居する事に。

早速自分の部屋で、JはCにこう聞いた。

「なあなあ、Cは鬼婆のお化けを見たんか?」

「見とらん。ただ、家のドアを叩く音が毎晩するんじゃ」

「風とかじゃ無かろうか?」

「知らん。最近は耳に布切れ押し込んで寝てまうで、音は聞こえんが、一晩中電気がつけっぱなしなもんで、全然眠れんわ」

「おい。今日のイブシ除けは済みなすったか?」と、父が母に指図をする。

イブシ除けとは、いわゆる『魔除けの一種』で、玄関の軒先に、スルメや餅や果物等をぶら下げておくのだ。

この村では、人が死ぬと毎度行う儀式だった。

「朝になると、吊るしておいた食い物が無くなっとるんじゃ」とCは言うが、

「いや、猿に持っていかれたんじゃろうて」とJは否定した。

それでもJは不安だった。

「Cの家族が家に来た事で、鬼婆も家にやって来るんじゃなかろうか?」と、嫌な予感があった。

そして夜、Jの隣ではCがぐっすりと寝ている。耳から詰めた布が、はみ出しているのが可笑しかった。

下の階では、ガヤガヤと大人達の声がする。しばらく天井をボーッと見ていると「ドンドンドン」と太鼓のような音が響いた。

同時に大人達の声も、一瞬ピタリと止んだ。Jの予感は適中した。梅が家の玄関を叩いてるのだ。

Jはそう思うと恐くなり、ユサユサとCを揺り起こした。「ううん…なんねー」と寝ぼけるCに事情を説明。共に震えながら、大人達のいる1階に降りて行く。

大人達はボソボソと何かを喋っている。Jが怯えながら「お父…」と言うと「気にする事ぁねえで、さっさと寝なっせ」と言う。

またガヤガヤと、大人達は別に気にする事なく、普通にビールを飲みはじめた。

次の朝、Cと一緒に玄関を出ると、魔除けの食い物が無くなっていた。

「な? 俺の言う通じゃろ?」とCが言う。

その事を親に聞くが「あれは朝一にしまい込むでな」と答えるだけであった。

そしてそれはしばらくの間続いたが、ドアをノックする音がしなくなると「ああ、49日が終わったのだな」と思った。

その村では、49日が過ぎるまで墓を作らなかった。遺体は火葬か土葬をしておき、49日が来るまでは「魂を遊ばせておく」そうだ。

村のはずれには集合墓があり、村人はここに埋められ墓が作られる。しかし、梅の墓は別の場所に作られる事になった。

「御先祖様の墓とキ○ガイの墓を一緒にするのは申し訳ない」という理由だそうだ。死んでもなお村人として扱われない梅に、Jは少し同情したが、怒られるのが恐いので、口にする事はしなかったそうだ。

そして、梅の墓は川原に作られた。墓といっても1、2本の縦長の板で出来た簡易な物で、さらにその回りには囲いも何も無く「ただポツンと立っていた」そうだ。

しかも、川のすぐそばに立てられている為、ちょっと強い雨が降ると、増水した川に流されてしまう。実際梅の墓は、1ヶ月もしない内に流されてしまった。

流されるという事は、人に忘れられてしまう。まさに『水に流す』のである。流されてしまってはしかたがない。俺達は悪く無い。

そんな『自分勝手な不可抗力』という名の殺人や非道が、その村では当たり前に行われていたらしい。

身内がそばに居ないというだけで、人一人が村ぐるみで消されてしまう恐怖。そして、それを当たり前と思う大人達に、Jは恐怖した。

「自分も大人達の機嫌を損ねたら、何されるかわからん」と…だから、その村では大人が絶対であり、いわゆる『不良』と呼ばれる子供もいなく、子供は大人達の従順者であった。

「村落という閉鎖的な場所で、独自的な文化を持つというのは恐ろしい事で、そこでの常識は常に非常識だった。あのまま村で大人になったら洗脳されて、あの大人達と同じになっていただろう。

だからお前は、たくさん友人を作って、色んな人の意見に耳を傾けて、常に自分の行動に間違いが無いか疑問を持て」

と、死んだじいちゃんは語ってくれた。

関連記事

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通った…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

アカマネ

本で読んで以来、アカマネという得体の知れない物の怪の話を集めている。アカマネとは、読んで字のごとく「赤真似」。これが全国津々浦々で目撃されているらしい。俺が覚えているア…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

繰り返す家族

小三のある男の子が体験した話だ。男の子はその日、学校が終わって一旦帰宅してから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。夕方になるまでかくれんぼをしていたら、珍…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

蔵(フリー写真)

漬物石

去年の7月のことだ。俺の祖父と祖母は老人ホームで既に他界していて、実家を管理する人がいなかったから、荒れ放題になってしまっていた。本来ならば、相続の関係で俺の母親の姉(…