さくら池

ufo_zorro-by-fabio-daltilia

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。

僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、そのさくら池のほとりを通って帰るのが常だった。

大人たちに見つかり学校に通報されると、当然叱られる。昼でも暗い竹やぶを抜け、赤土むき出しの切通しをくぐり、池の土手の未舗装の道を行くそのルートは人通りもなく、色々な意味でやばい感じがしたけど、またそれが魅力だった。

5年生の秋口の頃、そんな僕たちの学校に奇妙な噂が広まった。日が暮れてからその近道を歩いていると、さくら池の真ん中辺りに火の玉が浮かぶというものだった。

いつの間にか「その火の玉を見つめてはいけない」という警告も加わっていた。その警告の出所は、地元の生徒のおじいちゃんやおばあちゃんらしい。

親の代に越してきた僕ら団地の住人には、今ひとつピンと来なかったが、地元の生徒は近づかなくなった。きっと僕らの知らない古い言い伝えでもあったのかもしれない。

僕自身、その火の玉をはっきり見る事はなかった。確かに、下校が遅くなった時に夕暮れの土手から暗い湖面を見下ろすと、真ん中あたりに薄ぼんやりと白い霧のようなものが見えた気がしたことはあったけど、はっきりとは確認していない。

やっぱり、それを見つめることは怖くてできなかった。

ある朝、同じクラスで同じ棟の5階に住むシゲルを誘うと、シゲルの母さんが彼は具合が悪くて学校を休むからと言った。

放課後、シゲルに宿題のプリントを届けると、シゲル本人がドアに姿を現した。目が血走っていた。

とても具合が悪そうに見えたので、僕はすぐに帰ろうとしたが、シゲルに引き止められた。彼のベットに並んで腰を下ろし、シゲルの話を聞いた。夕べから眠っていないこと。

そして、シゲルはさくら池の火の玉を見つめてしまったらしいこと。すると、薄ぼんやりした火の玉が、はっきりと形を取り始め、ドッジボール大の球形の発光体になって、甲高い金属音をさせつつシゲルに向かって飛んで来たらしい。

足がすくんで逃げられないシゲルの1メートルほど前方に空中静止した火の玉は、白い光を放っていた。

それは実は透明な物体で、その中に気味悪く痩せた小人がしゃがんでいた。

更に目の前に近づくとその小人が立ち上がり、シゲルに向かって切れ目だけの口をしきりに動かし、何かを語りかけてきたという。

しかし、周りに響くのは例の聞いた事もない金属音だけで、そいつの声は聞き取れず、しばらくして火の玉は池の対岸の方まで飛んで行き、ようやく見えなくなったという。

シゲルは怯えて、最後に「どこにも行きたくない」と言った。僕も心底恐ろしくなり、シゲルのかあさんが帰って来たのを良いことに、そそくさとシゲルの家を立ち去った。

それから二週間もしないうちにシゲルの家族がいなくなった。学校では急な家庭の事情で済まされた。団地では、多分夜逃げだということで落ち着いた。

奇妙な事があった。当の夜逃げした夜、シゲルの母さんが団地のベランダから外に向かって、シゲルの名前を何回も呼ぶ声を聞いた人が、たくさんいた事だ。

僕はそれ以来、さくら池には近づいていない。

関連記事

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。私の住んでいる町は小さ…

手を握る(フリー写真)

沢山の手

私がまだ看護短大に通っていた頃の話です。看護学生って、看護助手として夜勤のアルバイトをする場合があるのね。私は家庭の事情から親に仕送りをしてもらえる状況ではなく、学費は…