さくら池

ufo_zorro-by-fabio-daltilia

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。

僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、そのさくら池のほとりを通って帰るのが常だった。

大人たちに見つかり学校に通報されると、当然叱られる。昼でも暗い竹やぶを抜け、赤土むき出しの切通しをくぐり、池の土手の未舗装の道を行くそのルートは人通りもなく、色々な意味でやばい感じがしたけど、またそれが魅力だった。

5年生の秋口の頃、そんな僕たちの学校に奇妙な噂が広まった。日が暮れてからその近道を歩いていると、さくら池の真ん中辺りに火の玉が浮かぶというものだった。

いつの間にか「その火の玉を見つめてはいけない」という警告も加わっていた。その警告の出所は、地元の生徒のおじいちゃんやおばあちゃんらしい。

親の代に越してきた僕ら団地の住人には、今ひとつピンと来なかったが、地元の生徒は近づかなくなった。きっと僕らの知らない古い言い伝えでもあったのかもしれない。

僕自身、その火の玉をはっきり見る事はなかった。確かに、下校が遅くなった時に夕暮れの土手から暗い湖面を見下ろすと、真ん中あたりに薄ぼんやりと白い霧のようなものが見えた気がしたことはあったけど、はっきりとは確認していない。

やっぱり、それを見つめることは怖くてできなかった。

ある朝、同じクラスで同じ棟の5階に住むシゲルを誘うと、シゲルの母さんが彼は具合が悪くて学校を休むからと言った。

放課後、シゲルに宿題のプリントを届けると、シゲル本人がドアに姿を現した。目が血走っていた。

とても具合が悪そうに見えたので、僕はすぐに帰ろうとしたが、シゲルに引き止められた。彼のベットに並んで腰を下ろし、シゲルの話を聞いた。夕べから眠っていないこと。

そして、シゲルはさくら池の火の玉を見つめてしまったらしいこと。すると、薄ぼんやりした火の玉が、はっきりと形を取り始め、ドッジボール大の球形の発光体になって、甲高い金属音をさせつつシゲルに向かって飛んで来たらしい。

足がすくんで逃げられないシゲルの1メートルほど前方に空中静止した火の玉は、白い光を放っていた。

それは実は透明な物体で、その中に気味悪く痩せた小人がしゃがんでいた。

更に目の前に近づくとその小人が立ち上がり、シゲルに向かって切れ目だけの口をしきりに動かし、何かを語りかけてきたという。

しかし、周りに響くのは例の聞いた事もない金属音だけで、そいつの声は聞き取れず、しばらくして火の玉は池の対岸の方まで飛んで行き、ようやく見えなくなったという。

シゲルは怯えて、最後に「どこにも行きたくない」と言った。僕も心底恐ろしくなり、シゲルのかあさんが帰って来たのを良いことに、そそくさとシゲルの家を立ち去った。

それから二週間もしないうちにシゲルの家族がいなくなった。学校では急な家庭の事情で済まされた。団地では、多分夜逃げだということで落ち着いた。

奇妙な事があった。当の夜逃げした夜、シゲルの母さんが団地のベランダから外に向かって、シゲルの名前を何回も呼ぶ声を聞いた人が、たくさんいた事だ。

僕はそれ以来、さくら池には近づいていない。

関連記事

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。素直じゃなくて憎まれ口ばか…

手首ラーメン事件

人間の手首から出汁を取ったラーメンが存在する。この話には元ネタがある。1978年に起こった実在の事件が元になっている。いわゆる「暴力団・手首ラーメン事件」である。ヤクザ…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。恐い場所だという先行イメージ…

抽象模様(フリー素材)

魑魅魍魎

今から2年くらい前の夏。会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。 …

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。暫くは私のアルバム…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

湖(フリー写真)

弘法大師の涙雨

昔テレビで見た話。今から20年程前、香川県民の水瓶とも言える満濃池が干ばつで干上がった。満濃池は、かの弘法大師が築いた溜め池で、近隣に幾つもある灌漑用池が干上がる事が…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で…