死刑執行

NB6_Illustration_kolchoz1.2_1200

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。

それから数年。

今日は、A受刑者の死刑執行日である。

目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。

「ガゴン!」という大きな音と共に、床が抜け、宙ぶらりんになる。

30分が経ち、検視員が脈のチェックを始めた。

しかし、なんとA受刑者はまだ生きていたのだ。

これ以上は人権に関わるため、罪を償ったと認められ、死刑終了となった。

体調を戻したA受刑者は、新たな戸籍をもらい刑務所から出たという。

彼に限らず、死刑で死にきれず、新たに戸籍をもらい、別人としてこの世界に戻って来た人が意外と多いらしい。

あなたの友人の中や、職場や学校に、そういう人がいるかもしれないのだ。

関連記事

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

不審な女性

10年程前の話です姉が「ビデオを返してくる」と言って家を出て行ったのは夕方の6時半ごろでした。季節は冬の始まりぐらいで、もう大分暗くなってきていました。それから…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

ワイン倉庫(フリー素材)

海外ホテルの心霊体験

20年くらい前かな。俺がフリーターをやっていた頃の話なんだけど、その当時ヨーロッパの方へ海外旅行に行ったんだよ。観光目的ではなく労働者ビザを取って2年くらい居たのかなあ…。 …

死者と会う方法

日本で2003年に『黄泉がえり』という映画が放映された。これは死者が蘇るというタイトル通りの話ではあるのだが、イギリスには実際に死んだ者と会える方法があるという都市伝説が存在する。 …

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…