死刑執行

NB6_Illustration_kolchoz1.2_1200

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。

それから数年。

今日は、A受刑者の死刑執行日である。

目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。

「ガゴン!」という大きな音と共に、床が抜け、宙ぶらりんになる。

30分が経ち、検視員が脈のチェックを始めた。

しかし、なんとA受刑者はまだ生きていたのだ。

これ以上は人権に関わるため、罪を償ったと認められ、死刑終了となった。

体調を戻したA受刑者は、新たな戸籍をもらい刑務所から出たという。

彼に限らず、死刑で死にきれず、新たに戸籍をもらい、別人としてこの世界に戻って来た人が意外と多いらしい。

あなたの友人の中や、職場や学校に、そういう人がいるかもしれないのだ。

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。未だに当時の細部まではっきり…

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

ミンキーモモ

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる…