雁姫様の鏡

神社(フリー素材)

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。

先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。

そのお宮には元々祭られている神様とは別に、雁姫様という幼い姫君が祭られていた。

雁姫とは、昔ある藩からある藩へ幼くして嫁いで来るはずだった姫なのだが、嫁ぐ道中で病によって亡くなり、この地に葬られたらしい。

ところで、この土地の子供達の間では『雁姫様の鏡』という遊びが流行っていた。

その内容は、雁姫役の子供を中心に数人で円を作り、手を繋いで歌いながらぐるぐる回る『あぶくたった』のような遊び。

歌の歌詞は、姫役と周りの子で歌うパートが異なっていて、確かこんな感じだったと思う。

周りの子「1つお進みください雁姫様」

姫「ここはどこぞ?」

周りの子「ここは常世でございます」

周りの子「2つお進みください雁姫様」

姫「ここはどこぞ?」

周りの子「ここは浄玻璃鏡の間」

周りの子「3つお進みください雁姫様」

姫「ここはどこぞ?」

周りの子「ここは鳥辺野石灯籠」

周りの子「4つお進みください雁姫様」

姫「ここはどこぞ?」

周りの子「ここはうつし世鳥居の間」

そう歌い終わると姫役の子は12を数え、その間に他の子は逃げたり隠れたり。まあ一種の鬼ごっこだわな。

その遊びには一つルールがあって、お盆と姫の命日にはやってはいけなかった。

でもお盆はともかく、姫の命日が2月とか12月とか曖昧で、命日はあまり気にせずみんな遊んでいたそうです。

その日は冬とは思えないほど暖かい日で、先生は友人達とお宮の境内で駄菓子をつつきながら漫画の回し読みをしていました。

暫くして駄菓子も無くなり、漫画にも飽き、先生達は『雁姫様の鏡』をして遊び始た。

一度目は友人Aが鬼(姫)、次はB、次は先生と何事も無くいつものように楽しく遊びは進められて行ったのですが、異変はCが姫役になった時に起きました。

Cが12を数えている内に、先生とBは一緒にお宮の階段の裏側に素早く潜り込み息を潜めていました。

その間、AをCが追いかけているのを見て、2人してほくそ笑んでいたそうです。

暫くするとAとCはお宮の裏側へ消えて行きました。始終、AとCの楽しそうな悲鳴が聞こえます。

どれくらいそうしていたでしょうか? 先生とBはいつまで経ってもCが見つけに来ないので、痺れを切らし外へ出ました。

もう賑やかで楽しそうなAとCの声が聞こえません。

先生は、さては2人して先に帰ったなと思ったそうですが、そうではありませんでした。

突然、後方からBの耳を劈くような悲鳴が聞こえました。先生は急いでBの元へ駆けつけました。

そこではCが蹲って何やらぶつぶつ喋っています。

先生はどうしたのかとCの肩に手を置くと、その瞬間Cが物凄い勢いで振り返り先生を突き飛ばしました。

振り向いたCを見て先生は絶句しました。Cの顔が歪んでいる…いいや、あれはもう1つの顔が重なっているような異様な顔。

次の瞬間、Bが大声で「逃げろ!」と叫び、その声で正気を取り戻した先生はBと共に全力疾走で近所の民家まで逃げたそうです。

さてその後なのですが、先生とBは逃げ込んだ民家から家に連絡して親に迎えに来てもらい事の一部始終を話したのですが、全く信じてもらえなかったようです。

それもこれも、AとCは何事も無かったように其々の家に帰宅しており、後日2人して先生とBの家を訪ね、

「何で先に帰っちゃうんだよ。心配したんだぜ」

と、いつもの元気な姿を見せたからでした。

その後、先生は東京に引っ越し、何時しかその地域の子供達とも疎遠となったのですが、先生は今でもはっきりとCの歪んだ顔と呟いていた言葉が忘れられないそうです。

『さぶらいびと…うしろみたち我も共に…はかなくともてなされしに……』

関連記事

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。 そして、その友人の中にAさんという方が居ます。 私が彼と最後に話をしたのは高校…

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。 私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。 海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。 何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。 ウォーリーの特徴は…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

皺のある手(フリー写真)

祖母の日記

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。 父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。 祖父を早くに亡くした…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。 1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。 毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

携帯電話

迷惑電話

ある日、知らない番号から電話が掛かってきて、おばさんの声で「鈴木さん?」と聞かれた。 でも自分は田中(仮名)なので、「いいえ違います」と答えたら「じゃあ誰?」と言われた。 …

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。 それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。 電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。 同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…