鬼の面

公開日: 怖い話

婚約指輪(フリー写真)

私には15歳年の離れた兄が居ます。

私が10歳の年に、兄(当時25歳)がお見合いをしました。

ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。

玄関で迎えた時には、綺麗なお姉さんだなという印象だったのですが…。

応接間で話をするうちに、少しずつ『鬼の面』のような表情に変って行ったのを覚えています。

その後、お姉さんは1、2週間に一度家へ遊びに来るようになりました。

しかし家に居る時間の長さに比例して、鬼の面のような表情が強くなって行くのです。

半年程経ったある日、応接間で談笑していたお姉さんは、鬼の面そのものの顔で中空を見つめながら、

「いつもいつもあんたのせいで嫌な思いをさせられる。もういい加減どこか行ってよ」

と大声で言った後、昏倒してしまいました。

救急車を呼んで病院に運び、少し落ち着いたお姉さんと家の両親が話をしていたのですが、お姉さんは

「家へ入る度に『般若の面』みたいなものが纏わり付いて来て堪らなかった」

と話していました。

程なくして、お姉さんの両親から縁談についてお断りの連絡が入りました。

それから20年。

兄は女性と付き合いはするのですが、結婚話がちらつくようになると霊的(そう勝手に決め付けていますが)な邪魔が入り、未だに結婚出来ていません。

関連記事

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。暫くは私のアルバム…

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。そして、タクシーは山…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

北アルプス(フリー写真)

呼ぶ声

先日、私と登山仲間の先輩とが、北アルプス穂高連峰での山行中に経験した話です。その日は、穂高連峰の北に位置する槍ヶ岳から稜線を伝って奥穂高岳へ抜ける縦走ルートを計画していました。…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

古民家(フリー写真)

幸恵

戦後すぐのお話。哲夫という田舎の青年が、カメラマンになるために上京しました。哲夫には幸恵という恋人が居ました。幸恵は両親の反対を押し切り、哲夫と一緒に上京。貧し…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…