エラーの原因

120615_IMG_0604-hdr-studio9-2

俺は当時リサイクル工場で働いていた。

仕事の内容は、ゴミを回収してきて、それを可燃・不燃・ビン・アルミ・スチール・ペットボトル・発砲スチロールと分別し、それぞれを出荷するというものだった。

ヘタレな俺は3年で辞めてしまった訳なんだけど、辞める2日前に怖い体験をした。

いつものようにゴミの入った袋を手で破いて、中身を確認してから機械の中に放り入れていた。

この機械っていうのは、中に刃の付いたスクリューがあって、それが回転して、さらにゴミ袋をズタズタに破いてくれる便利な機械なのね。

ただ、石や鉄を入れると刃が折れちゃうから、機械にブチ込む前に毎回中身を確認してる訳です。

偶にまだ使えるお宝っぽい物が入ってたりしてたから、ワクワクしながら袋を確認してた。

その日も大量のゴミ袋の中に一つだけ真っ黒な袋があったから、期待に胸を膨らませながら開けてみたんだ。

でも、その袋、何重にも黒いゴミ袋を重ねてるせいか破っても破っても中身に辿りつけなかった。

外から触ってもフワフワした感触しかなかったので、面倒だからそのまま機械の中に放り入れたんだけど、作業終了時刻前に突然機械がエラーになって稼働が停止した。

取り敢えずエラーを解除して、時間も遅かったので先にバイトを帰宅させた。

俺は前日仕分けたアルミを出荷しに行って、工場に帰ってきた頃には18:30で、外はもう真っ暗になってた。

上司も先に本社に戻っていて、工場内は俺1人だけ。物音や足音を立てるだけで凄い響くほどの静けさ。

エラーの原因を調べる為、機械の蓋を開け、懐中電灯を片手に中を調べてみた。

真っ暗な中、スクリューを懐中電灯で照らしてみると、なにやら黒い糸がスクリューの中心軸に絡みついていた。

この時は何が絡みついていたか分からなかったが、俺は無数に絡みつく何かを無性に素手で引き千切っていった。

時計を見ると時刻は既に20:30になっていたので、取り敢えず機械内部を水道水で洗浄して、機械が正常に稼働するか確認してみた。

いつも通り正常に動いていたので、しばらく稼働させて先に戸締まりをした。

ふとベルトコンベアーの方を見てみると、先程スクリューの軸に絡みついていた黒い糸が大量に流れてきていた。

自分の目を疑った。それは糸ではなく、人の髪の毛だった…。

絡みついた髪の毛を、時間を忘れ無性に素手でブチブチと引きちぎってた自分自身が怖くてたまらなかった。

急いで稼働を停止させ、電気を消し工場を後にした。

本社で上司に話してみたが「どうせ美容院とかの髪の毛だろ」と軽く流された。

次の日、工場の鍵を開けスクリューの機械の下を見てみると赤褐色の水溜まりができていた…。

スクリューの機械内部は錆れていて、水で流すと錆も混じって赤褐色の水が流れてくるが、俺にはどうしてもそれが血の混じった水に見えて仕方なかった。

関連記事

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

抽象的模様(フリー素材)

融合体

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。……8月に物凄いことがあったので、以下にまとめました。フェイク込みなので辻褄が怪しいとこ…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。今から15年前、俺は当時10歳だった。俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …