エラーの原因

120615_IMG_0604-hdr-studio9-2

俺は当時リサイクル工場で働いていた。

仕事の内容は、ゴミを回収してきて、それを可燃・不燃・ビン・アルミ・スチール・ペットボトル・発砲スチロールと分別し、それぞれを出荷するというものだった。

ヘタレな俺は3年で辞めてしまった訳なんだけど、辞める2日前に怖い体験をした。

いつものようにゴミの入った袋を手で破いて、中身を確認してから機械の中に放り入れていた。

この機械っていうのは、中に刃の付いたスクリューがあって、それが回転して、さらにゴミ袋をズタズタに破いてくれる便利な機械なのね。

ただ、石や鉄を入れると刃が折れちゃうから、機械にブチ込む前に毎回中身を確認してる訳です。

偶にまだ使えるお宝っぽい物が入ってたりしてたから、ワクワクしながら袋を確認してた。

その日も大量のゴミ袋の中に一つだけ真っ黒な袋があったから、期待に胸を膨らませながら開けてみたんだ。

でも、その袋、何重にも黒いゴミ袋を重ねてるせいか破っても破っても中身に辿りつけなかった。

外から触ってもフワフワした感触しかなかったので、面倒だからそのまま機械の中に放り入れたんだけど、作業終了時刻前に突然機械がエラーになって稼働が停止した。

取り敢えずエラーを解除して、時間も遅かったので先にバイトを帰宅させた。

俺は前日仕分けたアルミを出荷しに行って、工場に帰ってきた頃には18:30で、外はもう真っ暗になってた。

上司も先に本社に戻っていて、工場内は俺1人だけ。物音や足音を立てるだけで凄い響くほどの静けさ。

エラーの原因を調べる為、機械の蓋を開け、懐中電灯を片手に中を調べてみた。

真っ暗な中、スクリューを懐中電灯で照らしてみると、なにやら黒い糸がスクリューの中心軸に絡みついていた。

この時は何が絡みついていたか分からなかったが、俺は無数に絡みつく何かを無性に素手で引き千切っていった。

時計を見ると時刻は既に20:30になっていたので、取り敢えず機械内部を水道水で洗浄して、機械が正常に稼働するか確認してみた。

いつも通り正常に動いていたので、しばらく稼働させて先に戸締まりをした。

ふとベルトコンベアーの方を見てみると、先程スクリューの軸に絡みついていた黒い糸が大量に流れてきていた。

自分の目を疑った。それは糸ではなく、人の髪の毛だった…。

絡みついた髪の毛を、時間を忘れ無性に素手でブチブチと引きちぎってた自分自身が怖くてたまらなかった。

急いで稼働を停止させ、電気を消し工場を後にした。

本社で上司に話してみたが「どうせ美容院とかの髪の毛だろ」と軽く流された。

次の日、工場の鍵を開けスクリューの機械の下を見てみると赤褐色の水溜まりができていた…。

スクリューの機械内部は錆れていて、水で流すと錆も混じって赤褐色の水が流れてくるが、俺にはどうしてもそれが血の混じった水に見えて仕方なかった。

関連記事

拾った青い石(長編)

6年前の冬、12月27日か28日だったか、その日の昼は仕事場の年末大掃除を終えて、粗大ゴミやら古雑誌なんかをゴミ置き場に出しに行った。 その時、ふと目の端っこに何かが見えた。 …

治験のバイト

20年以上前の話。 当時フリーターだった俺は治験のバイトをすることになった。 確か1ヶ月弱で40万以上だったと思う。参加者は10人。 検査は都内で行われたんだけど治験…

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。 先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

少年のシルエット(フリー写真)

自称長男

警官をしている友人が、数年前に体験した話。 そいつは高速道路交通警察隊に勤めているのだけど、ある日、他の課の課長から呼び出されたらしい。 内容を聞くと、一週間前にあった東…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。 30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。 呼び名の通り常に裁ちバサ…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。 本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。 本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。 …

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。 今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。 その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。 言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。 俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。 俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…