鶯谷のホテル

ホテル(フリー素材)

これは実際に体験した不思議な話です。

皆さん、鶯谷をご存知でしょうか?

山手線沿線でありながら最も人気の無いエリア。江戸時代にあった遊郭が今も尚息づくソープランド街「吉原」の玄関口です。

駅の周辺にはラブホテルが立ち並び、再開発の波に取り残されたというか、忘れられたとでも言うべきでしょうか、町並みは古くどこか陰鬱な空気が漂っています。

夜になると、風俗嬢を呼ぶために男達が一人でホテルに入って行く姿は不思議な光景です。

これは今から2年前のことですから、割と最近の話です。

その日、私と後輩は鶯谷で風俗遊びをすることになりました。

鶯谷のホテルには、風俗遊びをする客の為に風俗店を紹介した冊子が置いてあります。

その冊子を見て気に入った店に電話をし、女の子をホテルに呼ぶというシステム。俗に言うホテトルです。

しかし、鶯谷のホテルでは風俗嬢が殺される事件が何件か発生しており、風俗嬢の間ではやはり鶯谷は人気が無く、都落ちして来た女性が多く働いているのでした。

私達は、まずホテルを探しました。

入り組んだ細道を練り歩き、やっと最安値のホテルを見つけると、フロントには初老の男がやる気なさそうに座っていました。

私がそのオーナーなのか従業員なのか分からない男に声を掛けると、

「うちはさ、君達みたいに若い人が好きそうな今風のホテルじゃないからぁ」

とやんわり断ってきます。

「いや、いいんです。ただ遊びたいだけですから」

「でも、本当に今風じゃないよぉ?」

男はそう言いながら、渋々鍵を二部屋分渡してくれました。仕事が増えることを嫌がったのだろうか。

男に呆れつつも部屋に入り、早速店選びを始めましたが、生憎気に入った店がありません。

それは後輩も同じようでした。しかし、今更キャンセルは不可能。

折角ホテルに入ったのだからと、小一時間ほど寝てから帰ろうということになりました。

いざ寝ようとすると、後輩が「あの、ソファーで寝るので一緒の部屋で寝てもいいですか?」と言う。

ああ、そういうことか…。理由はすぐに解りました。

実は彼は自称霊感持ちであり、その類を全く信じない私は、彼の言う能力は神経質なところから由来しているのだと自己解決していました。

理由を問うと、案の定でした。このホテルには嫌な感じがするとのこと。

特に断る理由も無いので承諾すると、彼はささっと自分の部屋から荷物を持って来てソファーに横になりました。

私にはそれが、お化けが怖くて眠れない小学生のように見え、少し滑稽でした。

そんなことを考えている内に、私達は眠りに就いてしまったようです。私は夢を見ていました。

そこは私達が泊まっている部屋でした。

廊下に通じる閉めたはずの扉が僅かに空いており、そこから微かに差し込んでくる白熱球の明かりが不気味さを演出していました。

扉の横にはソファーが置いてあり、そこには後輩が寝ています。

ただそんな光景が、じーっとカメラで撮影しているかのように見えていました。

夢の中で、ふと『ああ、これは夢だな』と気付くと目が覚めました。

部屋には昭和を感じる赤い絨毯、壁に掛かっている安っぽい絵、内装にそぐわないミスマッチなテーブル、扉の横には白いソファーがあり後輩が寝ていました。

ただ、扉だけはきちんと閉まっていました。寝起きの頭でぼんやりしていると、突然ソファーで寝ている後輩が胸をのけ反らせ、足をエビのようにばたばたと激しく動かし始めました。

咄嗟のことで状況を飲み込めずにいると、「ギャーーーッ!!!」断末魔の叫びとは、あのことでしょうか。

突然のたうちまわりながら彼が叫び始めたのです。私は聞いたこともないような人の叫び声を耳にして、何も出来ずにいました。

『何か恐ろしいことが起きている!』そんな気がして、心臓は鼓動を早めました。

私がようやく彼をゆすって起こすと、安堵からか彼はほっとした表情を浮かべ、頭を抱えながらゆっくりと何が起きたのかを説明してくれました。

実は彼もまた私と同じ夢を見ていたそうです。しかし、彼は私よりも長く夢を見ていました。

夢の中、僅かに空いた部屋の扉の向こうから、目の無い黒髪の女がゆっくりと入って来たと言うのです。

そして、その女は寝ている自分の顔を覗き込むと鼻を近付けてきたようです。どうやら匂いを嗅いでいたそうです。

私は自分と後輩の夢がリンクしていた事実を知り、鳥肌が立ちました。

当然すぐにチェックアウトしましが、その際フロントの男にその出来事を話すと、

「まあ、うちも50年近くやってるからねぇ」

と、嫌なことを連想せずにはいられない答えが返ってきました。

後日談ですが、後輩はその日以来、明らかに様子がおかしくなりました。

異常に自分の匂いを気にするようになり、心配した恋人が心療内科に連れて行く程でした。

診断結果は自臭病ということでしたが、私にはあの時の事が関連しているようにしか思えません。

真相は定かではないですが、あのホテルで殺された女の霊が、犯人の匂いを嗅ぎ分けに夜な夜な現れるのではないか…と勝手に想像してしまいます。

関連記事

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

電柱から覗く女の子

関西圏からの報告で多い話を一つ。友達と何人かで遊んでいて、夕方ぐらいになるとこちらをそっと覗いている小学校高学年位の女の子がいる。その子は木や電柱、校舎の壁などから顔を…

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…

日本人形(フリー素材)

闇バイト

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ※ ある日、Yさんが通っている…