残されていたもの

公開日: 怖い話 | 都市伝説

abstract-face-art

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。

事件現場は凄惨を極めた。

全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊されていた。さらに異様な事に、遺体には舌がなかった。

警察はこのむごたらしい事件の捜査に全力をあげたが、少しも事件の真相究明に近づく気配がなかった。

それと言うのも、事件の現場が完全な密室だったためだ。

トイレのドアは内側からカギがかけられていたのだが、それ以外で外部と繋がっているのは、顔を出すことも出来ないような小さな窓と通気口だけだったのだ。

解決のための糸口すら掴めず、関係者の間にあきらめのムードが漂い始めた頃、事件のあった旅館経営者の息子が両親に付き添われてやってきた。

息子はビクビクと、何かにひどく怯えた様子であった。しかし、明らかに何らかの重大な秘密をかかえているらしいことが見て取れた。

真犯人が自首してきたのかと、誰もが思った。

しかし、息子も両親も、ほとんど口を開こうとはせず、1本のビデオテープを差し出すばかりだった。

どうやらそのテープに事件の真相が残されているらしく、彼らに逃亡しそうな様子もなかったので、とにかく捜査員達はそれを再生してみることにした。

その時、息子が突然半狂乱になった。彼は明らかにそのテープに怯えているようで、捜査員達の間に緊張が走った。

そして、テープが再生された。この旅館の息子は盗撮の趣味があったらしく、そこには排尿中の被害者女性の姿が映されていた。

誰もが次に起こることを固唾を飲みながら見守っていたその時、例の小窓が開き、そこから身長20センチメートルほどの老婆が現れた。

老婆は手にガラスの破片のようなものを持っていて、それを使って一瞬のうちに女性の喉を掻き切った。

その小さな老婆の凶行はなおも続けられ、あとにはあの日のあの時の女性の惨殺死体が残されていた。

女性が息絶えた頃、老婆は切り取った舌を持ったままカメラの方を見て言った。

「次はお前だよ」

この不条理な凶行の模様を収録したビデオテープは、今も警視庁に保管されているらしい。

関連記事

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

人形(フリー素材)

メリーさんの電話

とある家族が引越しをすることになったのだが、その際に女の子が「メリー」と呼び大事にしていた人形を誤って捨ててしまった。とても悲しんだ女の子を哀れに思った両親は「新しい人…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…

白虎隊

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてし…

アパートの階段(フリー写真)

山口さん

以前住んでいたアパートで体験した話。土曜日の夕暮れ時に居間でまったりしていると、不意にインターフォンのチャイムが鳴ったので受話器を取る。俺「はい」訪問者『山口…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…