お屋敷の物品回収

お屋敷(フリー写真)

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。

一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。

その日は、知人の親戚の家が誰も住まなくなって十数年放置されているので取り壊す、その前に空き家に残っている物を整理してくれないか、という事で現場へ向かいました。

福岡市内から車を1時間半ほど走らせた山間の集落で、人の気配はあるのですが、過疎が進んで他にも空き家が目立ちます。

かなり大きい屋敷のような家だと聞いていたので、その日は友人の息子であるT君に、アルバイトで付いて来てもらいました。

屋敷は多くの家々が集まる場所から少し離れた、坂を上った所にあります。

辿り着くまでに道が細くなるので、坂を上る前の砂利を敷いたスペースに車を停め、歩いて屋敷へ向かいました。

3分ほど私道を歩いて見えたのは、やけに縦に長い平屋で、山間のこの村に何故この形の家を建てたのか若干疑問に思いました。

鍵で玄関を開き、取っ掛かりとして埃と湿気を払うために、屋敷の窓をT君と手分けして開ける事にしました。

幾つかの窓を放って行くと、幾つかの窓に鍵が掛かっていない事に気付いて、まあ田舎だし場所が場所なので…と思い、その時は大して気に留めませんでした。

手前の部屋から順に窓を開きながら奥の部屋へと進んで行くと、奥の方で誰かが話すような声、と言うか気配を感じました。

一瞬、T君が僕に話し掛けたのかと思い、位置を確認したら全く違う場所に居ます。

気のせいかと思い更に奥の部屋へ進んで行くと、廊下のある部分を境に、床材が古いものに変わりました。

どうやらこの縦に長い家の造りは、増築によって出来たもののようです。

そして一番奥の部屋に辿り着いて引き戸を引こうとすると、一瞬ドアが開き、すぐさま誰かが内側から強い力で引っ張って戸をバタンと閉めました。

空き家と聞いていたので唐突な出来事にパニックになり、

「誰か居ますかー?」

と聞くと、

「%$@’%$^&#$!!!!!$#&%^@%’$&!!!#%&$^&’@!!!」

という聞いた事の無い、まるで唸り声のような、人が発したとは思えない獣のような返事が返って来ました。

それに中でどたばたと暴れているようで、何かが壊れる音が聞こえて来ます。

恐くなってT君の方を見ると、彼もその声を聞いたらしく顔面が真っ青になっていました。

そして手を顔の前でパタつかせ、ジェスチャーで『もう帰ろう、ここから出よう』という意思を表しました。

慌てて玄関を出て、鍵も掛けずに私道を走ると、後ろから再度、

「%$@’%$^&#$!!!!!$#&%^@%’$&!!!#%&$^&’@!!!」

という声が聞こえて来ました。

ドタバタという音も聞こえて来て、竦む足をもつらせながらも何とか車まで辿り着き、その場を立ち去りました。

車で途中の道の駅まで行き、T君とさっきのは一体何だったのかと話し合いました。

言葉を発していたので人間なのは間違い無いのですが、言葉も通じないし、扉を引っ張った時の力はとても村の老人とは思えない。

結論は出なかったのですが、仕事で依頼のあった事なので扉を開けっ放しで出て来たのはまずいと思いました。

まだ恐かったもののそこは社会的責任感で、扉の鍵と窓を閉めるためにもう一度屋敷へ向かいました。

恐る恐る扉を開けて入り、なるべく音を立てないようにそっと窓を閉めて回りました。

そして、最後に奥の部屋をもう一度確認しようとすると、さっきあったはずの扉が無い…。

廊下が途中で終わり、壁になっている。

壁の下の方に目をやると、何かがじわりと壁から染み出した跡がありました。

T君と顔を見合わせ、そそくさとその屋敷を出ました。

もしあの扉の向こうに入っていたら、どこに繋がっていたのでしょうか。

関連記事

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。 麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。 Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。 私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。 実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

三つの墓標

俺の高3の時の生物の担当の話。 自分が実際に体験した訳じゃないけど、ある程度現場視点で話します。 先生は某国立大学の出で、その大学は山にあって、昔は基地として使われていたら…

幽霊船

これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。 曾祖父が亡くなる数ヶ月前、どうしたことか、親戚を集めて色々な話を聞かせてくれたのです。 私の実家は鹿児島県のとある離島なんで…

後女

中1の頃の夏でした。 私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。 といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。 俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。 その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。 見渡す限りの山や…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。 自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

次元の歪み

先に断っておきます。 この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。 あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。 もし今から私が話す話を…