ねろてばさん

公開日: ○○様・○○さん | 怖い話

earthquake

じいじが言うには「ご先祖様が東で大きか地震が4つあった後の2年後に日本全土ば揺らすやつがくる」と。

これはじいじのじいじが言った言葉で、その後に防空壕を作ったらしい。その内の3つが関東大震災・福井地震・阪神らしくて、どうやら死者が大勢出た地震のことらしい。

根拠はこの3つの地震が起こる前日の夜にうちの裏山が薄い緑に光るらしいから、山全体が緑に光るんだけど、これは集落の人達はみんな知ってて「ねろてばさん」って言われてる。

ねろてばさんとは「寝なさい」の方言で、山が光ると「ねろてばさんのこらした(寝なさいというお告げがきた)」とみんな言う。

脱線するが、この集落の子守唄は多分みんなが聞いてきたやつとは異質で、

寝ろてばよ 寝ろてばよ 目ん玉でんぐりがえして 寝ろてばよ(繰り返し)

詳しいことは判らないが、ねろてばさんと関係してることは間違いない。

俺が思うにねろてばさん=大地震だろうから、光ったら目をひっくり返す勢いで寝なさい、そうすれば大した恐怖も味あわないで死ねる。

元に戻るが、どうやら最後のひとつは今後必ずくる東海地震だと思う。

いつくるのか、どれだけの被害を出すのかわからないが、その2年後には日本の存続を揺るがす大地震がくるらしい。

俺は半信半疑だが、じいじが真剣な物言いなんでじいじ孝行のつもりで聞いてる。

そして日本を壊すほどの大地震は2月7~9日にくるらしい。

それもあるからその時期に実家に帰るようにじいじ達が言うんだが、それって俺達だけ助かるようになるのかとご先祖様の人でなしさに疑問ではある。

関連記事

山道(フリー写真)

出られなくなる山道

車好きの友人(Aとします)から聞いた話です。G県のある山中に、夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。夜間通行禁止の理由として、『明かりが全く無い上に見通…

湧き水(フリー写真)

岩のくぼみ

父が二十代の頃に体験した話です。私が住んでいる場所は、自然豊かな地域です。山も海も身近にあり、今でも手漕ぎの小船で海へ出て、魚釣りをされる年配の方が沢山居られます。 …

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…

犬(フリー写真)

八房

「この犬は普通の犬じゃありません。それでもいいんですか?」それが私が後に八房と名付ける犬を引き取ると言った時の、団体の担当者の言葉だった。詳しく話を聞いてみると、こうい…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

コインロッカーベイビー

東京で一人暮らしをしている女性がいた。彼女はある時、誰の子とも分からない子供を身ごもったのだが、育てることができそうになかったので、自宅でひっそりと子供を生み、そのまま東京駅の…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…