連れて行かれる

公開日: 怖い話

お婆ちゃんの手(フリー写真)

私が小学生の頃の話です。

小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。

一人暮らしで、親族も居なかったようです。

当時、よく古い遊びを教えてもらったり、家に行ってはお菓子をもらったり、ベーゴマなどを教えてもらっていました。

しかしもう倒れてしまったので、教えてもらう事が出来ません。

それがどうしても嫌で、治るように治るようにと、一日おきにお見舞いに行っていました。

しかし、二ヶ月ほど経っても治りませんでした。

そしてある日、いつも通りお見舞いに行くと、お婆ちゃんが寝たまま目を開けて、何かをブツブツと言っていました。

「どうしたん?」

と聞くと、

「えっちゃん、たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返し言っていました。

『えっちゃん』『たろちゃん』『さっちゃん』は私の友達です。

最後の『じゅんちゃん』は私の名前です。

それに驚いて、何だか怖くなってしまいました。

何故怖くなったのかは分かりませんが、今思うと罪悪感があります。

私はその日から、怖くてお見舞いには行けなくなりました。

暫く経ったある日、友達のえっちゃんが、近所の川で溺れて亡くなりました。

私は何故か『お婆ちゃんにも報告しなきゃ』と思い、久々にお婆ちゃんのお見舞いに行きました。

するとちょうどお医者さんが来ていて、帰るところでした。

私はお医者さんが帰るのを待ち、お婆ちゃんに会いました。

お婆ちゃんはまだブツブツと言っています。

でも何故か違和感を覚え、耳を澄ますと、

「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

えっちゃんが居ない!!何で!? 何で知っているの!?

そこで私が、

「何でえっちゃんが居なくなったの知ってるの?」

と聞いても、お婆ちゃんは

「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返すばかりでした。

何だか気味が悪くなった私は、早々に家に帰りました。

でも暫くすると気になり始め、もう一度お婆ちゃんのお見舞いに行ってみました。

すると今度は、

「さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返しています。

そこで私は、

「たろちゃんは?」

と聞くと、お婆ちゃんがこう言いました。

「知らん…」

どうせ『さっちゃん、じゅんちゃん…』と繰り返すのだと予想していた私は、その答えにかなり驚きました。

でも、その後はまた繰り返すばかりでしたので、家に帰りました。

家に着くと、お母さんが慌てて私にこう言いました。

「兵庫に引っ越したたろちゃんが亡くなったみたい。

…お母さんは明日お葬式に行って来るけど、一緒に行く?」

お母さんとお葬式に行き、暫く経ったある日、お婆ちゃんも亡くなりました。

酷いかもしれませんが、人が死んでこれだけ安心したのは初めてでした。

現在、私もさっちゃんも元気です。

でも、お婆ちゃんが死ぬのがもう少し遅かったら、さっちゃんも私も死んでいたかもしれません。

ただの偶然かもしれませんが、私が体験した一番怖い出来事です。

関連記事

海から来たるもの

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。 訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。 ここからは彼の語り。ただし、酔って…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。 俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。 生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…

アカマネ

本で読んで以来、アカマネという得体の知れない物の怪の話を集めている。 アカマネとは、読んで字のごとく「赤真似」。これが全国津々浦々で目撃されているらしい。 俺が覚えているア…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。 そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。 彼は登山歴3年くらいの経験…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。 いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。 でもさ、その子滅茶苦茶可愛…