連れて行かれる

公開日: 怖い話

お婆ちゃんの手(フリー写真)

私が小学生の頃の話です。

小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。

一人暮らしで、親族も居なかったようです。

当時、よく古い遊びを教えてもらったり、家に行ってはお菓子をもらったり、ベーゴマなどを教えてもらっていました。

しかしもう倒れてしまったので、教えてもらう事が出来ません。

それがどうしても嫌で、治るように治るようにと、一日おきにお見舞いに行っていました。

しかし、二ヶ月ほど経っても治りませんでした。

そしてある日、いつも通りお見舞いに行くと、お婆ちゃんが寝たまま目を開けて、何かをブツブツと言っていました。

「どうしたん?」

と聞くと、

「えっちゃん、たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返し言っていました。

『えっちゃん』『たろちゃん』『さっちゃん』は私の友達です。

最後の『じゅんちゃん』は私の名前です。

それに驚いて、何だか怖くなってしまいました。

何故怖くなったのかは分かりませんが、今思うと罪悪感があります。

私はその日から、怖くてお見舞いには行けなくなりました。

暫く経ったある日、友達のえっちゃんが、近所の川で溺れて亡くなりました。

私は何故か『お婆ちゃんにも報告しなきゃ』と思い、久々にお婆ちゃんのお見舞いに行きました。

するとちょうどお医者さんが来ていて、帰るところでした。

私はお医者さんが帰るのを待ち、お婆ちゃんに会いました。

お婆ちゃんはまだブツブツと言っています。

でも何故か違和感を覚え、耳を澄ますと、

「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

えっちゃんが居ない!!何で!? 何で知っているの!?

そこで私が、

「何でえっちゃんが居なくなったの知ってるの?」

と聞いても、お婆ちゃんは

「たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返すばかりでした。

何だか気味が悪くなった私は、早々に家に帰りました。

でも暫くすると気になり始め、もう一度お婆ちゃんのお見舞いに行ってみました。

すると今度は、

「さっちゃん、じゅんちゃん…」

と繰り返しています。

そこで私は、

「たろちゃんは?」

と聞くと、お婆ちゃんがこう言いました。

「知らん…」

どうせ『さっちゃん、じゅんちゃん…』と繰り返すのだと予想していた私は、その答えにかなり驚きました。

でも、その後はまた繰り返すばかりでしたので、家に帰りました。

家に着くと、お母さんが慌てて私にこう言いました。

「兵庫に引っ越したたろちゃんが亡くなったみたい。

…お母さんは明日お葬式に行って来るけど、一緒に行く?」

お母さんとお葬式に行き、暫く経ったある日、お婆ちゃんも亡くなりました。

酷いかもしれませんが、人が死んでこれだけ安心したのは初めてでした。

現在、私もさっちゃんも元気です。

でも、お婆ちゃんが死ぬのがもう少し遅かったら、さっちゃんも私も死んでいたかもしれません。

ただの偶然かもしれませんが、私が体験した一番怖い出来事です。

関連記事

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

夜の山(フリー写真)

山へのいざない

母の家系は某山と良からぬ因縁があるらしく、祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰って来れんようになるよ」 …

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

新小岩駅(フリー写真)

腕を探す男

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。サラリーマン風の男が、「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」と甲高い大声を上げながら、ホームを行っ…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

マネキン工場

幼い日、何てことなく通り過ぎた出来事。その記憶。後になって当時の印象とはまた違う別の意味に気付き、ぞっとする。そんなことがしばしばある。例えば。小学生の…

炎(フリー写真)

呪い人形

呪いの藁人形をご存知ですか?それに関する話です。私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。時にはアパート、時には貸家。私が山口の萩という所に転勤に…

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …