六甲山ハイウェイの死神

th_dscn3166

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。

「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を怖がらせようとしているだけだと思っていました。

しかし、そんな私の考えを根底から覆す事件が起きてしまったのです。

十年程前の話でしょうか…。

当時の私は仕事が忙しく、休みが殆ど取れない毎日を過ごしていました。

そんなある日、偶然にも平日の休みが貰えたのです。私の胸は躍りました。

「久しぶりに車でゆっくりドライブができるぞ」

私は早速友人を誘おうと考えましたが、今日は平日です。

何人かに連絡しましたが、やはり友人達は仕事で都合が付きませんでした。

私は悩みました。

そしてしばらく考えた結果、どうせ一人で行くならカーブがきつい事で有名なあの「六甲山ハイウェイ」に行きたいなと考えました。

もちろん誰かを乗せて走るなら安全運転を心掛けますが、一人で走るのなら少し勾配の急なコースで走り屋気分を味わってみたいと思ったのです。

そう考えた私はいても立ってもいられなくなり、すぐ準備をして六甲山ハイウェイに向かいました。

一時間程走り、六甲山ハイウェイに到着しました。

平日のためかあまり車は通っていません。

初めて走るコースだったので私は少し安心し、六甲山を走り始めました。

想像以上の急カーブが私を待ち受けます。

私はその一つ一つをゆっくりと曲がりながらドライブを楽しんでおりました。

窓から差すぽかぽかとした陽気、心地良い風。

私は 『ああ、来て良かったなあ』と思いました。

しかしそんな私の思いをかき消すかの如く、けたたましいエンジン音で後ろから一台のバイクが近付いて来ました。

そのバイクは私の車の後ろに付け、ブンブンと煽り始めました。そして蛇行を繰り返します。

私は左端に寄って速度を落とし、彼が追い越してくれる事を期待しました。

すると彼は追い越す事無く一層激しく煽り始めたのです!

私は「これは厄介な奴に目をつけられたな…」と思いました。

どうしようか迷っていると彼は私の車に横付けし、ヘルメットのシールドを上げて

「邪魔じゃい!ボケェ!」

と怒鳴り、私を追い越し急加速してカーブの向こうへと消えて行きました。

私は少しブルーになりましたが、気を取り直してまた走り始めました。

しかし、5分程走った時に後ろからけたたましいエンジンが近付いて来たかと思うと、私の車の後ろに付けて煽り、蛇行を繰り返します。

しかもそのバイクはさっきのバイクではありませんか!

私は焦りました…。

六甲はそんな一瞬で走り抜けてしまえる程短いコースでは無い筈です。

彼はさっきと同じように私の車に横付けし、

「邪魔じゃい!ボケェ!」

と怒鳴って私を追い越して行きました。

私は冷静に考えました…。

どこかに抜け道があり、そこを通って来て私に嫌がらせをしているのか?

そんな訳の分からない事も考えました。

その時、「ブォォォー!!」と音がしてまたやって来たのです!ミラーに目をやるとそれは確かにさっきの彼です!

私は混乱しました…。

そして彼は三度同じ事を繰り返し、

「邪魔じゃい!ボケェ!」

と言い、私を追い越しました。

私はもう何が何だか分からなくなり完全にパニック状態でした。

この辺には抜け道などは見当たらないのです!

そして私は今追い越して行った彼の方に目をやりました。

しかし今回は何か様子がおかしい……さっきとは何かが違う……!!

私は血の気が引きました。

誰かが後ろに乗っているのです。

後ろに乗っていたのはなんと白髪の老人でした。

老人は不気味な笑みを浮かべています。

それがこの世の存在でない事は即座に解りました。

「まずい!!」

私は心の中で叫びました。

そして彼のバイクはさっきとは違い、カーブを曲がる事なくガードレールを飛び越えて谷底へと真っ逆さまに落ちて行ったのです。

私は車を停め警察に連絡しました。既に日は暮れかかっています。

私はショックでした。

信じていなかった霊の存在が本当だった事、そして一人の命が奪われてしまった事。

見てしまったのです。

彼がガードレールを飛び越えて谷底に落ちる瞬間、老人は宙に浮き上がり恍惚の表情で山へと消えて行く所を。

私は生まれて初めて恐怖に震えていました。

その日警察が谷を捜索し、遺体を発見しました。

もう分かっていましたが、発見された遺体はバイクの彼一人のものだけでした。

警察に事情聴取で色々と聞かれましたが、老人の事は話しませんでした。

私は十年経った今でも一人で山を走るのが怖いです。

あの老人の顔が脳裏に焼き付いて離れないのです。

なぜあのバイクが六甲山を一瞬で走り抜けられたのか。

なぜ三回目で「あれ」が乗っていたのか。

そしてなぜ彼だったのか。

それは判りません

しかし私は今、これだけは断言出来ます。

あれは、あの老人は間違いなく「死神」だったのだと。

関連記事

夕方の路地

道を教えて下さい

「道を教えて下さい」夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。足が異様に細く、バランスが取れないのかぷるぷると震えている。同じように手も木の枝のように…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

某宗教団体

某宗教団体(J・W)で、伝説的になっている話をひとつ書き込みます。ある姉妹(その教団内ではバプテスマ=洗礼を受けた女性をこう呼びます)が、王国会館(集会を開く場所)の周りで草刈…

焼かれた十円玉

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。最初気付いた時は3枚。たいして気…

警察官(フリー写真)

首が無い警官

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。ドルイ…

○○ガマ

9年前のある日、釣りに出かけていた兄が顔を蒼白にして帰宅した。がたがた震えている兄に話を聞くと、「怖い思いをした。○○ガマへは行くな。あかんぞあそこは、コワイモンがおる…