レベル9

公開日: 怖い話 | 都市伝説

window

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。

『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。

「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。

踏む回数によって怖い話のレベルが決まります。

1、2回なら遊園地のお化け屋敷くらいですが、7回を超えたあたりから本当に怖くなります。

最大レベルは10です」

という内容だった。

ちょうど寝る前だったし、簡単に実行できるとあって俺は枕を踏み始めた。

いきなり最大レベルを見てしまうのもつまらないと思い、9回で止めて寝ることにした。

その夜、俺は夢を見た。とっくの昔に亡くなったはずの親戚の爺ちゃんを介護する夢だった。

爺ちゃんはなぜか俺の部屋のベッドに寝たきりで、鼻や腕に管が沢山繋がれていた。

俺は爺ちゃんと二人きりになるのが嫌だった。

家族の皆が一緒にいる時はにこにこしていたのに、俺と二人きりになると顔色が真っ青になり、俺を睨みながら低い声で何かを唸り続けるのだ。

それが怖くて怖くて、ある日介護するふりをしながら管を一本抜き取った。

途端に容態は急変し、家族が慌てて部屋に入って来る。

爺ちゃんの顔はあの真っ青な顔で、喉をかきむしりながら低い声で唸り出す。

大変なことをしてしまった、爺ちゃんが死んでしまう。それに俺がやったことがばれたらまずい。

一体何が起こったのか解らない風を装って、爺ちゃんの傍へ駆け寄った。

その時、爺ちゃんが何を唸っていたのかがはっきりと聞こえた。

「お前が死ね…お前が死ねええ……」と言っているのだ。

ここで目が覚めた。

これがレベル9の夢か、なんて夢なんだと思った。

そもそも爺ちゃんは俺が生まれる直前くらいに亡くなっているし、俺の部屋で介護するという状況だっておかしい。

爺ちゃんはきっとあんなことを言ったりもしない。

夢の怖さを忘れるため、内容をひとつひとつ確認した。それにしてもあの顔…。

もう忘れよう、あれは夢で現実じゃない。

だが何か嫌な感じがする。まだ夢が覚めていないような感じが……。

ふと顔を上げると天井に届くくらいの大きさの真っ青な顔が、

「お前が死ねえええ!お前が死ねえええええ!」

と叫んでいる。あの顔が夢の中から追いかけて来たのだ。

あまりの恐怖に俺は気を失ってしまった。

次に目が覚めた時には顔は無かった。

一度怖い夢を見て、ああ夢かと思わせておいて本命が来る、ということだったのだろう。

その後、数日間は枕に足が触れるのも怖かった。

レベル9であの怖さだったら、レベル10はどれだけ怖いんだ。

それ以来もうこの方法は試していない。俺はもうあんな夢は見たくないからだ。

ただ、ちょっと気になることがある。

その次の月の進研ゼミの読者投稿欄を見ると、あの怖い夢を見る方法を試したという奴がいた。

「先月の怖い夢をみる方法を試してみました。私は怖いのが苦手なので8回枕を踏んで寝ました。

夢の内容は憶えていないのですが、目が覚めたら部屋に真っ青で大きな顔が出てきたんです」

ゾッとした。他人同士が同じ夢を見るとはどういうことだ。

『枕 踏む 怖い夢 レベル』とキーワードになりそうな単語で検索しても、この怖い夢を見る方法が見つからない。

最大のレベル10がどうなるのか、誰か試してみてくれ。

関連記事

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

白い顔の女

大学時代の友人、藤本の話をします。藤本は入学当初から賑やかで遊び好きな男でした。その藤本が2年の春から大学の近くにアパートを借りて、一人暮しを始める事になったのです。晴…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

みょうけん様

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明…

神社の奥の光

俺、弓道やってるのね。その道場への行き道の途中を曲がると鳥居があるのよ。多分奥に神社があるんだろうけど見えてるのは鳥居だけ。で、鳥居の一直線上には暗いと何も見えないわけ。多分神社は一直…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

正夢

ある若い女性が家に帰ろうと夜道を歩いていた。ふと背後に気配を感じた彼女が振り返ると、黒っぽい服を着た男が彼女の後ろを歩いている。しばらく歩き続けたが男の足音は消えず、ま…

祖母のしたこと

私の一番古い記憶は3歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来…