レベル9

公開日: 怖い話 | 都市伝説

window

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。

『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。

「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。

踏む回数によって怖い話のレベルが決まります。

1、2回なら遊園地のお化け屋敷くらいですが、7回を超えたあたりから本当に怖くなります。

最大レベルは10です」

という内容だった。

ちょうど寝る前だったし、簡単に実行できるとあって俺は枕を踏み始めた。

いきなり最大レベルを見てしまうのもつまらないと思い、9回で止めて寝ることにした。

その夜、俺は夢を見た。とっくの昔に亡くなったはずの親戚の爺ちゃんを介護する夢だった。

爺ちゃんはなぜか俺の部屋のベッドに寝たきりで、鼻や腕に管が沢山繋がれていた。

俺は爺ちゃんと二人きりになるのが嫌だった。

家族の皆が一緒にいる時はにこにこしていたのに、俺と二人きりになると顔色が真っ青になり、俺を睨みながら低い声で何かを唸り続けるのだ。

それが怖くて怖くて、ある日介護するふりをしながら管を一本抜き取った。

途端に容態は急変し、家族が慌てて部屋に入って来る。

爺ちゃんの顔はあの真っ青な顔で、喉をかきむしりながら低い声で唸り出す。

大変なことをしてしまった、爺ちゃんが死んでしまう。それに俺がやったことがばれたらまずい。

一体何が起こったのか解らない風を装って、爺ちゃんの傍へ駆け寄った。

その時、爺ちゃんが何を唸っていたのかがはっきりと聞こえた。

「お前が死ね…お前が死ねええ……」と言っているのだ。

ここで目が覚めた。

これがレベル9の夢か、なんて夢なんだと思った。

そもそも爺ちゃんは俺が生まれる直前くらいに亡くなっているし、俺の部屋で介護するという状況だっておかしい。

爺ちゃんはきっとあんなことを言ったりもしない。

夢の怖さを忘れるため、内容をひとつひとつ確認した。それにしてもあの顔…。

もう忘れよう、あれは夢で現実じゃない。

だが何か嫌な感じがする。まだ夢が覚めていないような感じが……。

ふと顔を上げると天井に届くくらいの大きさの真っ青な顔が、

「お前が死ねえええ!お前が死ねえええええ!」

と叫んでいる。あの顔が夢の中から追いかけて来たのだ。

あまりの恐怖に俺は気を失ってしまった。

次に目が覚めた時には顔は無かった。

一度怖い夢を見て、ああ夢かと思わせておいて本命が来る、ということだったのだろう。

その後、数日間は枕に足が触れるのも怖かった。

レベル9であの怖さだったら、レベル10はどれだけ怖いんだ。

それ以来もうこの方法は試していない。俺はもうあんな夢は見たくないからだ。

ただ、ちょっと気になることがある。

その次の月の進研ゼミの読者投稿欄を見ると、あの怖い夢を見る方法を試したという奴がいた。

「先月の怖い夢をみる方法を試してみました。私は怖いのが苦手なので8回枕を踏んで寝ました。

夢の内容は憶えていないのですが、目が覚めたら部屋に真っ青で大きな顔が出てきたんです」

ゾッとした。他人同士が同じ夢を見るとはどういうことだ。

『枕 踏む 怖い夢 レベル』とキーワードになりそうな単語で検索しても、この怖い夢を見る方法が見つからない。

最大のレベル10がどうなるのか、誰か試してみてくれ。

関連記事

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…

疫病神

20年くらい前、高校生の時一人で留守番をしていたら、インターホンが鳴った。出てみると、乞食みたいなのが立っていて「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。それから…

山道(フリー写真)

掛け声の正体

無名に近い芸能人の方がテレビで語っていた怖い話。その方の実家近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。高校時代のある日、仲間数人と連れ立って、…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。その男が病気の床にあるとき、…