13体の死体と老婆

公開日: 心霊体験 | 怖い話

meadow-above-a-village-hdr-wallpaper-53d7d04ee97ad

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。

その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートルほど離れていました。

ある雪の日、休憩させてもらおうと思い空家に入ったら老婆がいました。

老婆に案内され二階に行ったら、老婆が消えてしまいました。

仕方ないので一階に戻り気味が悪いので帰ろうとすると、一階の畳の真ん中で老婆がカマを持って立っていました。

急いで逃げて入り口まで辿り着き、戸を開けようとするもなぜか開きません。

そうこうしているうちに老婆に手を掴まれました。

さっきまでは暗くて気づかなかったのですが、その老婆はよく見ると肌が腐っていて、生きているとは思えませんでした。

そしてその老婆は言いました。

「よく聞け!ここには13体の死体が眠っている。供養しろ!さもなけりゃ、おまえを殺す」

そう言われた後、気を失ってしまいました。

どれくらい経ったか目が覚めて夢かもしれないと思い帰ろうとしたら、畳の真ん中(老婆が立っていた場所)に染みがありました。

そしてその畳をひっくり返したら、畳の下に人骨が綺麗に並べてありました。

よく見ると人骨は14体ありました。14体目はさっきの老婆だったんです。

怖くなって家に帰り事情を話し、村人全員で空家に行ったら染みのある畳の下に13体の人骨がありました。不思議なことに老婆はそこにいませんでした。

それから村ではその空家を取り壊して、空家のあった場所に染みの付いた畳を祀ったそうです。

今は畳の代わりに石碑が置いてあるそうです。

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。 日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。 ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。 引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

振り子時計

柱時計のある家

中学生の頃、家が火事に遭いました。 全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりません。 新居を見つけるまでの間、私達は斜…

夜の病院(フリー背景素材)

深夜病棟の見廻り

3年程前の話です。 私は地方の総合病院で看護師をしていました。 準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。 消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。 ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。 カーテンを開けるとそこには誰も…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。 いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。 しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。 カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…