13体の死体と老婆

公開日: 心霊体験 | 怖い話

meadow-above-a-village-hdr-wallpaper-53d7d04ee97ad

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。

その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートルほど離れていました。

ある雪の日、休憩させてもらおうと思い空家に入ったら老婆がいました。

老婆に案内され二階に行ったら、老婆が消えてしまいました。

仕方ないので一階に戻り気味が悪いので帰ろうとすると、一階の畳の真ん中で老婆がカマを持って立っていました。

急いで逃げて入り口まで辿り着き、戸を開けようとするもなぜか開きません。

そうこうしているうちに老婆に手を掴まれました。

さっきまでは暗くて気づかなかったのですが、その老婆はよく見ると肌が腐っていて、生きているとは思えませんでした。

そしてその老婆は言いました。

「よく聞け!ここには13体の死体が眠っている。供養しろ!さもなけりゃ、おまえを殺す」

そう言われた後、気を失ってしまいました。

どれくらい経ったか目が覚めて夢かもしれないと思い帰ろうとしたら、畳の真ん中(老婆が立っていた場所)に染みがありました。

そしてその畳をひっくり返したら、畳の下に人骨が綺麗に並べてありました。

よく見ると人骨は14体ありました。14体目はさっきの老婆だったんです。

怖くなって家に帰り事情を話し、村人全員で空家に行ったら染みのある畳の下に13体の人骨がありました。不思議なことに老婆はそこにいませんでした。

それから村ではその空家を取り壊して、空家のあった場所に染みの付いた畳を祀ったそうです。

今は畳の代わりに石碑が置いてあるそうです。

関連記事

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。その悪夢とは常人の想…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。実際に何…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

山(フリー写真)

炭鉱跡の亡霊

小学5年生の時に体験した話。当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。…

祖父の箱

旅先で聞いた話。伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。ただし、箱を開ける…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…