友達だよな

公開日: 心霊体験 | 怖い話

トンネル(フリー写真)

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。

彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。

そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった。

男の一人が車を運転し、幽霊が出るというトンネルへ向かった。

トンネルの周りには、その歴史を感じさせるように、ツタが無数に生えていた。

一同は車を降り、写真などを撮ってトンネル内を散策した後、再び車に戻った。

しかし全員が乗り込んでいるにも関わらず、何故か車が発進しない。

運転席以外の男以外は、

「どうして出さないんだよ~」「早くしろよ~」

など文句の言い放題。

普段は反撃して来る運転席の彼も、何故か黙ったままで微かに震えている。

そして口を開いた。

「俺たちさ……友達だよな……」

急に変なことを言い出すものだと思ったが、

「当たり前でしょ?」「そうだよ、友達じゃん」

と答えた。

「じゃあさ、俺の足元、見てくれないか…?」

他の者たちが彼の足元を覗き込むと……。

車の底から生えた二本の白い手が、彼の足をがっしりと掴んでいた。

三人は悲鳴を上げながら車を飛び出して逃げた。友達を見捨てて。

それから落ち着きを取り戻した三人が車に戻ってみると、彼の姿は無かった。

どこへ行ったのかと思い、車の周りを探していると、一人が悲鳴を上げた。

震えながら指差すその先には、ツタに絡まった彼の姿があった。

関連記事

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

押し入れ(フリー写真)

白く小さな手

中学校の時、先生に聞いた話です。幼い二人の姉妹が家で留守番をしていました。両親は夜にならないと帰って来ません。暇を持て余していた姉は、家でかくれんぼをする事を思い付きま…

扉(フリー写真)

会社の開かずの間

うちの会社には、開かずの間がある。嘘みたいな本当の話で、確かにある。会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。新人の頃、資…

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

蔵(フリー写真)

土蔵の仏壇

僕の実家には大きな土蔵がありました。先祖代々伝わって来た、訳の解らない掛け軸や扇子や壺などが、山ほどありました。ある日、いい加減古いものは処分しようと、家族総出で整理を…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…