友達だよな

公開日: 心霊体験 | 怖い話

トンネル(フリー写真)

ある日、数人の大学生が飲み会をしていた。

彼らは全員高校の時からの友達同士で、話題には事欠かなかった。

そして段々と盛り上がって来て、ちょっと肝試しに行こうという話になった。

男の一人が車を運転し、幽霊が出るというトンネルへ向かった。

トンネルの周りには、その歴史を感じさせるように、ツタが無数に生えていた。

一同は車を降り、写真などを撮ってトンネル内を散策した後、再び車に戻った。

しかし全員が乗り込んでいるにも関わらず、何故か車が発進しない。

運転席以外の男以外は、

「どうして出さないんだよ~」「早くしろよ~」

など文句の言い放題。

普段は反撃して来る運転席の彼も、何故か黙ったままで微かに震えている。

そして口を開いた。

「俺たちさ……友達だよな……」

急に変なことを言い出すものだと思ったが、

「当たり前でしょ?」「そうだよ、友達じゃん」

と答えた。

「じゃあさ、俺の足元、見てくれないか…?」

他の者たちが彼の足元を覗き込むと……。

車の底から生えた二本の白い手が、彼の足をがっしりと掴んでいた。

三人は悲鳴を上げながら車を飛び出して逃げた。友達を見捨てて。

それから落ち着きを取り戻した三人が車に戻ってみると、彼の姿は無かった。

どこへ行ったのかと思い、車の周りを探していると、一人が悲鳴を上げた。

震えながら指差すその先には、ツタに絡まった彼の姿があった。

マネキン工場

幼い日、何てことなく通り過ぎた出来事。その記憶。 後になって当時の印象とはまた違う別の意味に気付き、ぞっとする。 そんなことがしばしばある。 例えば。 小学生の…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。 当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。 古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。 俺…

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。 同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

学校の屋上(フリー背景素材)

卒業式に撮った写真

俺がまだ小学生の頃、ある日の道徳の授業の時のこと。 先生が学生時代の頃に「こっくりさん」が流行っていて、その時にクラスの女子が取り憑かれ、みんなでお祓いに連れて行ったという話があ…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。 5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

竹藪(フリー写真)

佐々間のおばちゃん

子供の頃は両親が共働きだったので、うちには幼い俺の世話をする『佐々間のおばちゃん』という人が居た。 おばちゃんはちょっと頭が良くなかったせいか仕事は持たず、自分ちの畑とうちのお手…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。 一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。 もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…