ニコラ・テスラ

公開日: 世界の謎

Tesla_colorado

狂気の科学者と言われているニコラ・テスラ。

そのテスラが関わったとされる装置を列挙すると、人工地震兵器、殺人光線、気象兵器、反重力装置などが挙げられる。

かくして、テスラは歴史上最大のマッド サイエンティストと呼ばれるようになった。

ニコラ・テスラは、1856年7月にクロアチアに生まれた。大学で電気工学を学んだ後、パリで働く。

その後、アメリカに渡りエジソンの会社で働くが、意見が対立し退社している。

原因は、送電方式の対立にあったと言われた。

電力を送る方法には、直流方式と交流方式があるが、エジソンは直流方式を、テスラは交流方式を主張した。

それぞれ、メリット・デメリットがあるが、現在世界で使われているのは交流方式である。つまり、現時点ではテスラが正しく、エジソンは間違っていたことになる。

ニコラ・テスラは、マッド・サイエンティストなどではなく、真面目で優れた発明家であった。1888年には交流発電機と交流電動機(交流モーター)を発明している。

世界を変えた歴史的な発明だが、知名度は限りなくゼロに近い。エジソンの白熱電灯の方が余程有名だ。

白熱電灯など既に過去の技術だが、交流モーターは今でも使われている。しかも、白熱電灯と交流モーターでは技術のレベルがまるで違う。

では、何故テスラよりエジソンの方が有名になったのか?

テスラの発明は軍事利用が大いに期待されたため、表に出る事を嫌った当局が世間に知られぬように封印したと言われている。

テスラは、ハンサムで身長190cmを超える長身だったが、生涯独身で、晩年は一人でホテル住まいを続けた。

そして、1943年1月8日の早朝、家政婦によってテスラの死が確認される。97年の人生であった。

ところが、テスラが死んだ後、奇妙な噂が流れた。

死体が運び出された直後、FBI捜査官がテスラの部屋を物色し、テスラが発明した超兵器の資料を没収したというのだ。

関連記事

クリスタル・ピラミッド

バミューダトライアングルとは、昔から船や飛行機、もしくはその乗務員のみが消えてしまうという伝説があることで有名な海域である。フロリダ半島の先端、大西洋のプエルトリコ、バミューダ…

53年後に帰還した爆撃機

2001年12月23日午前0時過ぎ、グリーンランドのトゥーレ空軍基地の管制本部は、一機の正体不明の飛行機がこの基地に向かっていることに気づいた。レーダー管制官が「未確認機接近!…

グリゴリー・ラスプーチン

帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、チュメニ州ポクロフスコエ村出身。奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

27クラブ

古代イスラエルの王ソロモンは、悪魔を召喚して望みを叶えさせたと言われています。彼が呼び出した悪魔は全部で72。その中の27番目の悪魔はロノウェという名で、心理操作の仕方や身振り…

旧約聖書の予言

1992年6月、新聞記者だったマイクル・ドロズニンは取材でイスラエルに訪れ、そこである科学者と出会う。彼の名はエリヤフ・リップス博士。そしてリップスは「かつてあったこと、今ある…

オレゴンの渦

アメリカ合衆国、オレゴン州グランツ・パスから50キロメートル程の地点に、磁場が狂った場所・オレゴンの渦(オレゴン・ヴォーテックス)と呼ばれる不思議な場所がある。まだアメリカが開…

二重スリットの実験

2重スリットの実験

量子力学の核心部分が目に見えるかたちで現れる実験。観測者の存在によって量子の行動が確定する事が証明された驚くべき実験である。この世界のもののありようが、粒子のようでもあり、波の…

バズビーの椅子

1702年、イギリスの北ヨークシャー州、サースク村に住むトーマス・バズビーは妻の父親を殺害した罪で絞首刑に処され、殺人犯としてその一生を終えた。彼には生前、長年愛用した椅子が一…

夢の中の男

画像の男をご存知だろうか?この男は「This Man」と呼ばれ、夢の中にだけ出てくると言われています。事の発端は、2006年1月、ニューヨークの精神科に、ある一人の女性…