ニコラ・テスラ

公開日: 世界の謎

Tesla_colorado

狂気の科学者と言われているニコラ・テスラ。

そのテスラが関わったとされる装置を列挙すると、人工地震兵器、殺人光線、気象兵器、反重力装置などが挙げられる。

かくして、テスラは歴史上最大のマッド サイエンティストと呼ばれるようになった。

ニコラ・テスラは、1856年7月にクロアチアに生まれた。大学で電気工学を学んだ後、パリで働く。

その後、アメリカに渡りエジソンの会社で働くが、意見が対立し退社している。

原因は、送電方式の対立にあったと言われた。

電力を送る方法には、直流方式と交流方式があるが、エジソンは直流方式を、テスラは交流方式を主張した。

それぞれ、メリット・デメリットがあるが、現在世界で使われているのは交流方式である。つまり、現時点ではテスラが正しく、エジソンは間違っていたことになる。

ニコラ・テスラは、マッド・サイエンティストなどではなく、真面目で優れた発明家であった。1888年には交流発電機と交流電動機(交流モーター)を発明している。

世界を変えた歴史的な発明だが、知名度は限りなくゼロに近い。エジソンの白熱電灯の方が余程有名だ。

白熱電灯など既に過去の技術だが、交流モーターは今でも使われている。しかも、白熱電灯と交流モーターでは技術のレベルがまるで違う。

では、何故テスラよりエジソンの方が有名になったのか?

テスラの発明は軍事利用が大いに期待されたため、表に出る事を嫌った当局が世間に知られぬように封印したと言われている。

テスラは、ハンサムで身長190cmを超える長身だったが、生涯独身で、晩年は一人でホテル住まいを続けた。

そして、1943年1月8日の早朝、家政婦によってテスラの死が確認される。97年の人生であった。

ところが、テスラが死んだ後、奇妙な噂が流れた。

死体が運び出された直後、FBI捜査官がテスラの部屋を物色し、テスラが発明した超兵器の資料を没収したというのだ。

関連記事

ロシアの軍艦(フリー素材)

ロシアの軍事教練所

バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。そこで知り合った医務教官から聞いた話だという事です。その…

世界中の地球滅亡予言

1999年にノストラダムスの大予言が外れた事が有名ではあるが、今まで世界中で地球・人類が滅亡するといった類の終末予言が幾つも提唱されてきた。しかし、その殆どは尽く外れてきた。戦…

写真を撮影されると死ぬと予言された国王

アラビア半島南の石油産出国である、イエメンの国王を務めていたイマーム・ヤフヤー王(1869年 ~ 1948年)。このイエメンの国にはある有名な占い師がいた。占い師というより、予言師とい…

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。ドルイ…

頭蓋穿孔

トレパネーション。頭に穴をあけて脳を解放することで血流量を増やし、脳を活発化させて、日々の倦怠感から解放し、多幸感を得ようという医学界では認められていない施術。太古から…

仮面の男

仮面の男は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた、ベールで顔を覆った囚人。その正体については諸説諸々。囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の…

グリゴリー・ラスプーチン

帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、チュメニ州ポクロフスコエ村出身。奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物…

前世の記憶を持つ3歳児

数々のミステリーを紹介する YouTube動画チャンネル「Strange Mysteries」によれば、なんと「前世の記憶」を持つ少年がいるという。しかも、数世紀前の話ではなく…

聖徳太子の地球儀

聖徳太子が持っていたとされる地球儀の表面には、南北アメリカ大陸やユーラシア大陸などがレリーフのように描かれている。また、1800年代に発見された南極大陸に相当する大陸や、ムー大…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…