メリーさんの電話

公開日: 都市伝説

人形(フリー素材)

とある家族が引越しをすることになったのだが、その際に女の子が「メリー」と呼び大事にしていた人形を誤って捨ててしまった。

とても悲しんだ女の子を哀れに思った両親は

「新しい人形、買ってあげるから」

となだめ、女の子も渋々納得した。

新しい土地での生活にも慣れ、女の子もやがてメリーという人形の存在を忘れていた。

そんなある日の夜、家に電話が掛かってきた。

両親がまだ帰宅していないため、女の子が電話に出る。

「もしもし」

「…」

「もしもし? どなたですか?」

「私、メリーさん。今、ゴミ捨て場にいるの」

「えっ!?」

ガチャ…。

電話はそこで切れてしまった。

メリーと言えば、私が失くしてしまったあの人形だ。悪戯電話だとは思ったが、何とも不気味だ。

すると直後、また電話が鳴り響いた。『またきた…』と思いつつも、両親からの電話かもしれないと思い女の子は受話器を取った。

「もしもし、お母さん?」

「私、メリーさん。今、○○駅にいるの」

ガチャ。

また電話が切れる。

○○駅と言えば、女の子が住んでいる地域の駅。女の子は悪戯電話にしては何かがおかしいと思い始めていた。

そしてまた電話が鳴り響く。『またメリーさんなんじゃ…』と思ったが、女の子は母親からの電話だと自分に言い聞かせ受話器を取った。

「もしもしお母さん!? 早く帰って来て!!」

「私、メリーさん。△△の前にいるの」

ガチャ。

△△と言えば女の子の家からすぐ近くにあるお店だ。女の子はこの時、悪戯電話の主が次第に近付いて来ている事に気付いた。

言いようのない恐怖が女の子の心を蝕み始めた。危険を察知した女の子は、母親の携帯電話へ連絡しようと受話器を取った。

するとほぼ同時に電話が鳴ったため、電話を受けてしまった。

恐る恐る受話器を耳に押し当てる。

「…はい…」

「私、メリーさん。今、××ちゃんのお家の前にいるの」

ガチャ。

女の子は戦慄した。××という自分の名前を言った上に、何と電話の主が自分の家の前に来ているのだと言う。

あまりの恐怖に女の子は電話線を抜き、玄関から外の様子を伺った。

外には誰も居ない。電信柱の街灯が道路を不気味に照らし出しているだけだ。

居ても立っても居られなくなった女の子は、玄関の鍵が掛かっていることを確認し、自分の部屋に閉じ籠もろうと階段に足を掛けた。

するとその瞬間、電話線を抜いたはずの電話が鳴り響いた。

鳴るはずのない電話が鳴った。もう訳が解らなくなった女の子は、恐怖と怒りを露わにして電話に出た。

「あなた一体何なのよ!いい加減にして!!」

「私、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの」

関連記事

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

瀧廉太郎『憾(うらみ)』

瀧廉太郎(たき・れんたろう)という人物をご存知だろうか。日本に於いて最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ…

東京ミッドタウン

鎮魂用に設置された神棚があると言われる、東京某所にそびえ立つ某ビルディングの地下4階。この高層ビルは、某家の屋敷跡に建つことが知られ、調査では地鎮祭に使用されたと思われる古銭や…

消えたイエロー

誰もが一度は見たことがあるであろう戦隊ヒーローもの。新人俳優の登竜門的な番組ともなっている。まだ若いメンバーが多いためか、色々とトラブルも多いと聞く。その中で一…

スーパーマリオの都市伝説

スーパーマリオブラザーズは、日本のみならず世界中で有名な任天堂社のゲームだ。言わずもがな、任天堂の主要ブランドであり、任天堂の代名詞とも言えるものだ。任天堂はそのブラン…

残されていたもの

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。事件現場は凄惨を極めた。全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊され…

夢の試練

こんな不思議な夢の話がある。眠りに落ち、気が付くとそこには一人の老婆がいる。ただ、その状況というのがただ事ではないという。その老婆は夢を見た人を追いかけており、…

ディズニーランドの都市伝説

アトラクションで死亡した客がいた実際、アトラクション参加後に心臓発作等の疾患で死亡したケースがある。NPO法人災害情報センターの災害情報データベースにも記載されており、…

キミアキ君

某県のある中学校の卒業生の間で語り継がれている、こんな噂を聞いた事があるだろうか?あるクラスの「キミアキ君」は、出席簿の名前欄に「キミアキ」と書かれているだけで、苗字の欄は空白…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…