この女になろうと思った

女性のシルエット(フリー素材)

友達が経験した話です。

高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。

Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bから「一度だけデートして欲しい」と懇願され、情もあって承諾したらしい。

それで実際デート(二人きりで映画を見て食事をしただけ)をしたのだが、別れ際に「俺が女だったら、Aは俺と付き合ってくれたか?」と聞かれたそうな。

Bは県外に進学する予定だったし、恐らくもう一生会わないだろうという思いと、二人で楽しく過ごした学校生活を思い出したこともあって急に寂しくなり、

「お前が女だったら、付き合うどころか結婚してたかも」

と答えたらしい。

Bはそれを聞いて泣きながら「ありがとう、ごめんな、さようなら」と言って去り、Aも涙が止まらず、泣きながらBの背中が小さくなって消えるまで見送ったそうな。

それから数年後、Aはバイト先で知り合ったCという女の子に告白されて付き合った。

Cは事ある毎に「ああ、女に生まれて良かった」と言う癖がある子だった。

ある日、Cがやたら上記の台詞を繰り返すので、いつもは聞き流すAも「何で?」と聞いた。

するとCは「だって私が男だったら、Aは私と付き合わなかったでしょ」と答えた。

その時、Aの頭に浮かんだのがBの顔。

それまでは滅多に思い出すこともなかったのに、Cのこの言葉が、Bが別れ際に言った言葉と全く同じ話し方だったらしい。

しかもこの会話があった場所は、Bと別れた場所と同じ(地元の駅前)だった。

その時は『偶然だなあ』と思っただけらしいが、それからCの行動を注意して見ると、驚くほどBとそっくりなことに気付いた。

笑い方や食事の仕方、本の読み方などの仕草や好きな食べ物、好きな音楽や映画などの嗜好物も全く一緒だったらしい。

Aは『Bは性転換と整形をしてCになり、俺に近付いたのか?』という風にも思ったが、Cの親(当然Bの親とは別人)にも会っていたし、Cの女子高時代の友人にも会っていた。

それに第一身長が全然違う(Bは170cm超、Cは150cmちょっととかなり小柄)ので、『ただの偶然だ。似てると思うからそう見えるだけだ』と自分に言い聞かせたらしい。

しかしある日、C宅でAとCが二人でテレビのロードショーを視ていた時…。

Cが「これ懐かしいね。最初のデートで観たよね」と言ってきた。Aはぎょっとした。

その映画はBとのデートで観たもので、Cとは観に行っていないからだ。

「この映画やったのって俺らが知り合う前だよ。前彼と勘違いしてない?」と言うと、「嘘、一緒に見たよ」と言って聞かない。

それどころかその日のAの行動を細かく話す(ホットドックのケチャップを零したこととか、釣り銭を間違えられて得したこととか)。

しかもそれは全て事実。さすがに怖くなって、Aは適当な理由を付けて帰宅した。

それからAはCのことが怖くなり、好意も無くなってしまったので別れを告げた。

別れ話は修羅場で、Cは泣くわ暴れるわ死のうとするわ、手が付けられなかったらしい。

結局Aはバイトを辞めて、一時は家族や友人一同にも音信不通となって県外へ逃亡。

連絡が取れるようになってから事の顛末を聞き、「男らしくないなあ」と私が言うと、

「だって『結婚するって言ったじゃん!だからこの女になろうと思ったんじゃん!』ってCが言ったんだよ。手首切った後に。絶対やべぇって思うじゃん」

とAは答えた。

最初に話を聞いた時は、仕草や嗜好物の一致は偶然、映画云々の話はAとCの勘違い(Aは映画デートの一件をCに話していて、Cがそれを自分が経験したことだと勘違い)だと私は思っていた。

でも「この女になろうと思った」というCの言葉は怖いな…と思いました。

ちなみにAはBに告白されたことを、Cにもバイト仲間にも話していません。

関連記事

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。 ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。 俺は『下の階の人のと…

知らない女の子

東日本大震災での被害はほとんどなかったものの、津波で水をかぶった地域。 地震発生後、町内で一番高いところにある神社に避難していく途中、見慣れない女の子が猫を数匹抱えて走る姿を数多…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。 女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。 俺と母親が「…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。 初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。 俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。 兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。 そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…