この女になろうと思った

女性のシルエット(フリー素材)

友達が経験した話です。

高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。

Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bから「一度だけデートして欲しい」と懇願され、情もあって承諾したらしい。

それで実際デート(二人きりで映画を見て食事をしただけ)をしたのだが、別れ際に「俺が女だったら、Aは俺と付き合ってくれたか?」と聞かれたそうな。

Bは県外に進学する予定だったし、恐らくもう一生会わないだろうという思いと、二人で楽しく過ごした学校生活を思い出したこともあって急に寂しくなり、

「お前が女だったら、付き合うどころか結婚してたかも」

と答えたらしい。

Bはそれを聞いて泣きながら「ありがとう、ごめんな、さようなら」と言って去り、Aも涙が止まらず、泣きながらBの背中が小さくなって消えるまで見送ったそうな。

それから数年後、Aはバイト先で知り合ったCという女の子に告白されて付き合った。

Cは事ある毎に「ああ、女に生まれて良かった」と言う癖がある子だった。

ある日、Cがやたら上記の台詞を繰り返すので、いつもは聞き流すAも「何で?」と聞いた。

するとCは「だって私が男だったら、Aは私と付き合わなかったでしょ」と答えた。

その時、Aの頭に浮かんだのがBの顔。

それまでは滅多に思い出すこともなかったのに、Cのこの言葉が、Bが別れ際に言った言葉と全く同じ話し方だったらしい。

しかもこの会話があった場所は、Bと別れた場所と同じ(地元の駅前)だった。

その時は『偶然だなあ』と思っただけらしいが、それからCの行動を注意して見ると、驚くほどBとそっくりなことに気付いた。

笑い方や食事の仕方、本の読み方などの仕草や好きな食べ物、好きな音楽や映画などの嗜好物も全く一緒だったらしい。

Aは『Bは性転換と整形をしてCになり、俺に近付いたのか?』という風にも思ったが、Cの親(当然Bの親とは別人)にも会っていたし、Cの女子高時代の友人にも会っていた。

それに第一身長が全然違う(Bは170cm超、Cは150cmちょっととかなり小柄)ので、『ただの偶然だ。似てると思うからそう見えるだけだ』と自分に言い聞かせたらしい。

しかしある日、C宅でAとCが二人でテレビのロードショーを視ていた時…。

Cが「これ懐かしいね。最初のデートで観たよね」と言ってきた。Aはぎょっとした。

その映画はBとのデートで観たもので、Cとは観に行っていないからだ。

「この映画やったのって俺らが知り合う前だよ。前彼と勘違いしてない?」と言うと、「嘘、一緒に見たよ」と言って聞かない。

それどころかその日のAの行動を細かく話す(ホットドックのケチャップを零したこととか、釣り銭を間違えられて得したこととか)。

しかもそれは全て事実。さすがに怖くなって、Aは適当な理由を付けて帰宅した。

それからAはCのことが怖くなり、好意も無くなってしまったので別れを告げた。

別れ話は修羅場で、Cは泣くわ暴れるわ死のうとするわ、手が付けられなかったらしい。

結局Aはバイトを辞めて、一時は家族や友人一同にも音信不通となって県外へ逃亡。

連絡が取れるようになってから事の顛末を聞き、「男らしくないなあ」と私が言うと、

「だって『結婚するって言ったじゃん!だからこの女になろうと思ったんじゃん!』ってCが言ったんだよ。手首切った後に。絶対やべぇって思うじゃん」

とAは答えた。

最初に話を聞いた時は、仕草や嗜好物の一致は偶然、映画云々の話はAとCの勘違い(Aは映画デートの一件をCに話していて、Cがそれを自分が経験したことだと勘違い)だと私は思っていた。

でも「この女になろうと思った」というCの言葉は怖いな…と思いました。

ちなみにAはBに告白されたことを、Cにもバイト仲間にも話していません。

病院のベッド(フリー写真)

子供に視えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までが山らしい。息子はまだ小さいので病室にずっと…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。なかなかの収穫を上げ、下山し…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

ITエリート

某県では次世代を背負って立つITエリートを育てようと、IT教育にたいそう力を入れている。それゆえ、この県の公立学校では、IT教育関連の設備投資に限っては、湯水のように予算を使うことがで…

海から来たるもの

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。ここからは彼の語り。ただし、酔って…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。それでちょっと眠くなって…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…