プラットフォームの向こう

プラットフォーム

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。

私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。

まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われていたのです。

気付けば私は母の手を離れ、人波に流されていました。

母の姿が小さくなって行くのを、私は何故か冷静な気持ちで見ていました(今考えると、とても不思議)。

怖いとか寂しいとか、そんな感情が一切浮かんでこなかったのをよく覚えています。

私は黄色い安全線の上に立って、ボーっと反対側のプラットフォームを眺めていました。

真正面には一組の親子連れが、仲睦ましく顔を寄せ合っています。

小さい女の子と、小柄な女性。母親と思われるその女性は、身体に合わない大き目な水色のコートを羽織っています。

どうしてだか、彼女達を初めて見た気がしませんでした。

ずっと昔から知っているような、そんな懐かしい感じがしたのです。

あちら側のプラットフォームに白と青の電車が滑り込んできました。

電車に遮られて、私の視界からその親子は消えるはず。消えるはずでした。

しかし、電車が親子に重なった瞬間に、白と青のコントラストは煙のように消え失せたのです。

幼い私は目を疑いました。

電車の後側に居るはずの親子を私に見せつけるように、電車はぐんぐんと透明になって行きます。

乗客は宙に浮き、椅子に腰掛けているはずの人々は、空気椅子よろしく中腰で踏ん張っているのです。

やがて電車は止まり、ドアの開く音だけが聞こえ、一斉に人が動いて行きます。

私は呆気に取られながら、何を思うでもなくそれを眺めていました。

真正面の親子が電車に乗り込もうと足を上げました。その瞬間、電車が急にぐん、と私の方へ近付いて来たのです。

真横に電車が動くなんて聞いたことがありません。

私は黄色い安全線の上に立っていたものですから、電車との距離は1メートルもありませんでした。

もちろん驚愕しました。電車が急に近付いて来た事、それから真正面に居る少女が私の容貌に酷似していた事に。

その後、電車は何事も無かったようにひょうひょうと発車し、私は無事母親に保護されました。

思えば、母を見失った寂しさから白昼夢でも見てしまっていたのかと考えることもあるのですが、その度にある事を思い出して、少し怖くなるのです。

少女の着ていた服が、私がかつて通っていた幼稚園の制服だった事。

私の顔と同じ位置に、同じ様によく目立つほくろがあった事。

そして私を見て、微かに微笑んだ事。

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。 梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。 そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。 そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。 親方に呼ばれ、 …

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

アンテナ鉄塔の異変

私はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者ですが、昨年の年末にちょっと信じられない体験をしました。 これまで幽霊とか妖怪とか、そういうものは信じていませんでしたし、そういった現象…

蛍(フリー写真)

お面

大学生時代のバイト先だったバーのお客さんの話です。 Kさんはその店に割とよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。僕と同じ茨城出身の人でした。 ちょうど今頃の季節で『蛍…

黄泉の国の体験

同窓会の案内が来て、中学生だった当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。 この間の夜、ふと目が覚めると目の前に血を流した女の人がいた。 寝ぼけていたし起こされてムカつい…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。 これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…