プラットフォームの向こう

プラットフォーム

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。

私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。

まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われていたのです。

気付けば私は母の手を離れ、人波に流されていました。

母の姿が小さくなって行くのを、私は何故か冷静な気持ちで見ていました(今考えると、とても不思議)。

怖いとか寂しいとか、そんな感情が一切浮かんでこなかったのをよく覚えています。

私は黄色い安全線の上に立って、ボーっと反対側のプラットフォームを眺めていました。

真正面には一組の親子連れが、仲睦ましく顔を寄せ合っています。

小さい女の子と、小柄な女性。母親と思われるその女性は、身体に合わない大き目な水色のコートを羽織っています。

どうしてだか、彼女達を初めて見た気がしませんでした。

ずっと昔から知っているような、そんな懐かしい感じがしたのです。

あちら側のプラットフォームに白と青の電車が滑り込んできました。

電車に遮られて、私の視界からその親子は消えるはず。消えるはずでした。

しかし、電車が親子に重なった瞬間に、白と青のコントラストは煙のように消え失せたのです。

幼い私は目を疑いました。

電車の後側に居るはずの親子を私に見せつけるように、電車はぐんぐんと透明になって行きます。

乗客は宙に浮き、椅子に腰掛けているはずの人々は、空気椅子よろしく中腰で踏ん張っているのです。

やがて電車は止まり、ドアの開く音だけが聞こえ、一斉に人が動いて行きます。

私は呆気に取られながら、何を思うでもなくそれを眺めていました。

真正面の親子が電車に乗り込もうと足を上げました。その瞬間、電車が急にぐん、と私の方へ近付いて来たのです。

真横に電車が動くなんて聞いたことがありません。

私は黄色い安全線の上に立っていたものですから、電車との距離は1メートルもありませんでした。

もちろん驚愕しました。電車が急に近付いて来た事、それから真正面に居る少女が私の容貌に酷似していた事に。

その後、電車は何事も無かったようにひょうひょうと発車し、私は無事母親に保護されました。

思えば、母を見失った寂しさから白昼夢でも見てしまっていたのかと考えることもあるのですが、その度にある事を思い出して、少し怖くなるのです。

少女の着ていた服が、私がかつて通っていた幼稚園の制服だった事。

私の顔と同じ位置に、同じ様によく目立つほくろがあった事。

そして私を見て、微かに微笑んだ事。

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。 その時に借りた家で体験したお話です。 場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

大蛇(浮世絵)

大蛇の恩返し

中学2年生の時の体験です。 正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。 私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられまし…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。 当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。 「私の部屋」「キッチンを挟…

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。 正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。 まあ、…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。 高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に 「イトウって知ってる…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。 前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。 他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。 そして、その友人の中にAさんという方が居ます。 私が彼と最後に話をしたのは高校…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …