俺神様

公開日: 不思議な体験

god

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、家族も誰に話すわけでなく、躾も兄弟と変わりなくされて、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話しだけれど、甥っ子が病気になった。最初はどの病院にかかっても原因不明。

さらにやっと病名が分かったけれども、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。払えずに諦める親も多いらしい。

もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話しになった。

それで両親が離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれ、と頼んだ。

結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。

家族は年末ジャンボを30枚買った。

そして当たった。

高額当選で、家を売らずに何とか10年ぐらいは持ちこたえる額だった。その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は「お前の取り分だ」と100万円振り込まれた時に、それを知った。

俺、その電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。というか甥がそんな病気だということも初耳だった。

かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。

母はよく親身になって相談に乗ってくれた。甥の病院が決まらない時も、俺が県外の病院名を言ってくれて、病名が分かったと話す。

俺が番号変えた、と連絡があった、それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。母親は「お前の神様、分離したのか」と言う。

「今年もジャンボ買った方がいいと思う?」と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

関連記事

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…

スマホを持つ女性(フリー素材)

ユキからのメール

今年の春からの出来事です。いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』そんなメー…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。驚いて体を起こそうとするが動かな…

丹沢湖の女

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。…

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。正座させられた俺に、両親の後ろに回…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

プルタブ(フリー素材)

不思議なプルタブ

小学5年生の夏、集団旅行に行った帰りの事。貸し切りの電車の中、友人と缶ジュースを飲みながら雑談していた。私はスポーツ飲料を飲み干し、その缶を窓辺に置いて網棚の上から荷物…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。「それ、どうしたの?」 …

神社の思い出

小学生の時、家の近くの神社でよく遊んでた。ある日、いつも通り友達みんなで走り回ったりして遊んでいると、知らない子が混ざってた。混ざってたというか、子供の頃は誰彼かまわず…