俺神様

公開日: 不思議な体験

god

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、家族も誰に話すわけでなく、躾も兄弟と変わりなくされて、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話しだけれど、甥っ子が病気になった。最初はどの病院にかかっても原因不明。

さらにやっと病名が分かったけれども、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。払えずに諦める親も多いらしい。

もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話しになった。

それで両親が離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれ、と頼んだ。

結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。

家族は年末ジャンボを30枚買った。

そして当たった。

高額当選で、家を売らずに何とか10年ぐらいは持ちこたえる額だった。その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は「お前の取り分だ」と100万円振り込まれた時に、それを知った。

俺、その電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。というか甥がそんな病気だということも初耳だった。

かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。

母はよく親身になって相談に乗ってくれた。甥の病院が決まらない時も、俺が県外の病院名を言ってくれて、病名が分かったと話す。

俺が番号変えた、と連絡があった、それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。母親は「お前の神様、分離したのか」と言う。

「今年もジャンボ買った方がいいと思う?」と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

DNA(フリー画像)

遺伝した記憶

数年前、実家で甥っ子や姪っ子たちとトトロを観ていた。「そういや、うちも昔はこんなお風呂だったよねぇ」と俺が言うと、何故か家族全員がきょとんとした顔をする。「ほら…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

山道(フリー写真)

出られなくなる山道

車好きの友人(Aとします)から聞いた話です。G県のある山中に、夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。夜間通行禁止の理由として、『明かりが全く無い上に見通…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

ばりばり

先日酷く怖い夢を見た。私は学校にいた。中学校だ。もう随分前に卒業した。これが夢だとすぐに気づいたのは、あまりにも校内がしーんと静まり返っていたからだ。何より今の自分に中…

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。中でも特に山にはよく入った。うんざり…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…