俺神様

公開日: 不思議な体験

god

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、家族も誰に話すわけでなく、躾も兄弟と変わりなくされて、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話しだけれど、甥っ子が病気になった。最初はどの病院にかかっても原因不明。

さらにやっと病名が分かったけれども、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。払えずに諦める親も多いらしい。

もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話しになった。

それで両親が離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれ、と頼んだ。

結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。

家族は年末ジャンボを30枚買った。

そして当たった。

高額当選で、家を売らずに何とか10年ぐらいは持ちこたえる額だった。その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は「お前の取り分だ」と100万円振り込まれた時に、それを知った。

俺、その電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。というか甥がそんな病気だということも初耳だった。

かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。

母はよく親身になって相談に乗ってくれた。甥の病院が決まらない時も、俺が県外の病院名を言ってくれて、病名が分かったと話す。

俺が番号変えた、と連絡があった、それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。母親は「お前の神様、分離したのか」と言う。

「今年もジャンボ買った方がいいと思う?」と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

関連記事

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。コンサル部の部長は時々ワープするらしい。打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。行き先は熱田神宮と伊勢神宮。かなり遠い所だが、三…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。最初は学生の頃。提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。残り三日程でもう一度書き上げな…

銀杏の木(フリー写真)

止まった時間

私が小学校3年生か4年生の時のことです。友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいま…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。山奥なので土地だ…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。俺は『下の階の人のと…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

教室(フリー素材)

M君の記憶

中学二年の終わりに引っ越す事になった。引っ越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。M君とは幼稚園から中学二年まで同じ学校で、…

山(フリー素材)

岩場に付いたドア

高校時代に妙な体験をした。あまりに妙な出来事なので、これまで一度も周りから信じてもらったことがない。 ※ 高校2年生の秋。私の通う高校は文化祭などには全く無関心なくせに、体…