俺神様

公開日: 不思議な体験

god

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、家族も誰に話すわけでなく、躾も兄弟と変わりなくされて、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話しだけれど、甥っ子が病気になった。最初はどの病院にかかっても原因不明。

さらにやっと病名が分かったけれども、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。払えずに諦める親も多いらしい。

もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話しになった。

それで両親が離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれ、と頼んだ。

結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。

家族は年末ジャンボを30枚買った。

そして当たった。

高額当選で、家を売らずに何とか10年ぐらいは持ちこたえる額だった。その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は「お前の取り分だ」と100万円振り込まれた時に、それを知った。

俺、その電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。というか甥がそんな病気だということも初耳だった。

かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。

母はよく親身になって相談に乗ってくれた。甥の病院が決まらない時も、俺が県外の病院名を言ってくれて、病名が分かったと話す。

俺が番号変えた、と連絡があった、それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。母親は「お前の神様、分離したのか」と言う。

「今年もジャンボ買った方がいいと思う?」と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

関連記事

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。気が付いたら古い…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…

住宅街(フリー写真)

交差した時空

現在でも忘れられない、10年以上前の不思議な体験です。免許を取得したばかりの頃、母のグリーンのミラパルコを借りて、近所を練習がてら走っていた時の事です。その日は友達が数…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…