携帯にまつわる話

携帯電話(フリー素材)

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。

でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から始まる番号を教えていたんですよ。

それで当然、暫く経ったのに電話は掛かって来ない訳ですよ。

おかしいと思って彼女に「電話くれよ」と言ったら、「え? 普通に電話してたじゃん」と言われました。

もちろん俺の携帯には発信履歴も着信履歴もありませんでした。

そこで彼女の携帯の履歴を見たら、「090-xxxx-xxxx」の方と話をした形跡が残っていました。

不思議に思い彼女にその番号に掛けてもらったところ、誰かが出ました。

しかし俺の携帯は鳴っていません。

彼女は普通に会話こそしていますが、表情は引き攣っています。

何だか気持ち悪くなったので、彼女から携帯を取って電話に出ました。

「もしもし? Y(彼女の名前)ちゃん?」

電話の主は俺の声でした。

そして、その後すぐ電話は切れてしまいました。

彼女は青ざめていました。

俺の携帯でその電話番号に何度か掛けてみましたが繋がりませんでした。

その後、何度か彼女の携帯でも試してみましたが二度と繋がりませんでした。

彼女の話によると、電話の主は俺と彼女しか知らないようなことまで知っていて、しかも声も話し方も俺だったそうです。

そして彼女と会った次の日に、声の主は彼女と遊園地に行く約束をしていたそうです。

もし俺があの日、彼女と会っていなかったらどうなっていたか…。

もし声の主と彼女が遊びに行っていたらどうなってたか…と思うとゾッとします。

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。 まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。 所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。 雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。 そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

夜のオフィス(フリー素材)

中小ソフトウェアハウス

中小ソフトウェアハウスに勤めていた友人Kの話です。 あるプロジェクトの納期がきつくデスマーチとなり、Kとその先輩は連日徹夜で作業していたそうです。 ところが、以前のプロジ…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。 その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

秘密

小学四年生の時の話。 当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。 既に高…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…