携帯にまつわる話

携帯電話(フリー素材)

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。

でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から始まる番号を教えていたんですよ。

それで当然、暫く経ったのに電話は掛かって来ない訳ですよ。

おかしいと思って彼女に「電話くれよ」と言ったら、「え? 普通に電話してたじゃん」と言われました。

もちろん俺の携帯には発信履歴も着信履歴もありませんでした。

そこで彼女の携帯の履歴を見たら、「090-xxxx-xxxx」の方と話をした形跡が残っていました。

不思議に思い彼女にその番号に掛けてもらったところ、誰かが出ました。

しかし俺の携帯は鳴っていません。

彼女は普通に会話こそしていますが、表情は引き攣っています。

何だか気持ち悪くなったので、彼女から携帯を取って電話に出ました。

「もしもし? Y(彼女の名前)ちゃん?」

電話の主は俺の声でした。

そして、その後すぐ電話は切れてしまいました。

彼女は青ざめていました。

俺の携帯でその電話番号に何度か掛けてみましたが繋がりませんでした。

その後、何度か彼女の携帯でも試してみましたが二度と繋がりませんでした。

彼女の話によると、電話の主は俺と彼女しか知らないようなことまで知っていて、しかも声も話し方も俺だったそうです。

そして彼女と会った次の日に、声の主は彼女と遊園地に行く約束をしていたそうです。

もし俺があの日、彼女と会っていなかったらどうなっていたか…。

もし声の主と彼女が遊びに行っていたらどうなってたか…と思うとゾッとします。

関連記事

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。 真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。 気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。 人だ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。 そして、その友人の中にAさんという方が居ます。 私が彼と最後に話をしたのは高校…

三回転

私の体験です。 まだ私が3歳ぐらいの頃、父と2人で遊園地に行ったときです。 父と乗り物にのるために順番待ちをしてた時、私は退屈からかその場で目をつぶったまま三回転ほどくるく…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。 Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。 霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…

教室(フリー素材)

消えた同級生

小学2年生の時の話。 俺はその日、学校帰りに同じクラスのS君と遊んでいた。 そのS君とは特別仲が良い訳ではなかったけど、何回かは彼の家にも遊びに行ったし、俺の家に招いたこと…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。 最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…