携帯にまつわる話

携帯電話(フリー素材)

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。

でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から始まる番号を教えていたんですよ。

それで当然、暫く経ったのに電話は掛かって来ない訳ですよ。

おかしいと思って彼女に「電話くれよ」と言ったら、「え? 普通に電話してたじゃん」と言われました。

もちろん俺の携帯には発信履歴も着信履歴もありませんでした。

そこで彼女の携帯の履歴を見たら、「090-xxxx-xxxx」の方と話をした形跡が残っていました。

不思議に思い彼女にその番号に掛けてもらったところ、誰かが出ました。

しかし俺の携帯は鳴っていません。

彼女は普通に会話こそしていますが、表情は引き攣っています。

何だか気持ち悪くなったので、彼女から携帯を取って電話に出ました。

「もしもし? Y(彼女の名前)ちゃん?」

電話の主は俺の声でした。

そして、その後すぐ電話は切れてしまいました。

彼女は青ざめていました。

俺の携帯でその電話番号に何度か掛けてみましたが繋がりませんでした。

その後、何度か彼女の携帯でも試してみましたが二度と繋がりませんでした。

彼女の話によると、電話の主は俺と彼女しか知らないようなことまで知っていて、しかも声も話し方も俺だったそうです。

そして彼女と会った次の日に、声の主は彼女と遊園地に行く約束をしていたそうです。

もし俺があの日、彼女と会っていなかったらどうなっていたか…。

もし声の主と彼女が遊びに行っていたらどうなってたか…と思うとゾッとします。

関連記事

紅葉(フリー素材)

幻の宴

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった。その時に体験した話。 ※ 日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせい…

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。 体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。 田舎と言って…

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。 主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。 これは僕が…

異世界での体験談(長編)

異世界とか霊界とか、信じる信じないではなく、当たり前にあるものだと思って生きてきました。 死んだおじいちゃんが出雲大社で修行していて、祈祷師のような事もやっていたから。 家…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

タイムトラベラー

10年前、俺が小学6年生の時の話。 ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まっ…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

ビル

無音のビルと時空の警告

二、三年前、私が建設業の見習いだった時の体験です。その年の夏は特に暑く、その日は忙しさのあまり、休憩も取らずに作業に没頭していました。私たちは、ビルの改修作業を行っており、上司からの…