チャイムが鳴る

1191993014_3

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

それからしばらく一定のリズムをつけつつ、鳴り続けるチャイム。

なんだよ、しつこいなあ。一体誰が来たんだ?

2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさんが、麦藁帽子を被った白い服を着た女の子を連れてチャイムを押しているようだ。

最近流行りの子連れ宗教勧誘か?

全く面倒くさいなあ、とりあえず出てやるかと思い、下に降りて玄関を開けると誰もいない。

なんだよ、もう行ったのか。せっかく出てやったのに。もう1回寝ようと再び2階の自分の部屋で横になった。すると、

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

また鳴った。窓から見るとまたあの親子だ。なんなんだ一体!

俺は半分キレぎみで下へ駆け降りた。

その間もず~と一定のリズムで鳴り続けるチャイム。

玄関のドアをバ―ンと開けて、怒鳴りつけようとしたが誰もいない。ドアを開ける直前まで確かに鳴っていたのに。

隠れる場所なんてどこにもないし、どんなに足が速くても一本道の突き当たりにある家から見えなくなるはずがない。

しばらくポカ~ンとその場で立っていると…、

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

目の前のインターホンに誰もいないのにチャイムが鳴り響いた…。

俺はダッシュで家に入り鍵を閉め、部屋のカーテンをして布団に入って震え続けた。

それからしばらくチャイムは鳴り続けた。

もう1回窓から玄関を見下ろすことはどうしても出来なかった。

次の日の朝、親に叩き起こされた。

「あんたに手紙。女の人からみたいよ」

にやにやしている。新聞を取りにいって見つけたらしい。

白い封筒に名前は書いていない。なんでこれで女だって分かるんだよ!

とりあえず開けて見ると綺麗な文字で、

「なにかがあなたの家へ入ろうとしています」

とだけ書いてあった。

関連記事

人面犬

9月頃、旅行で東北のある県に行った。ついでに遠い親戚に顔を出す事になった。結構な田舎で従姉妹夫婦と子供、旦那の両親が同居してて俺は初見で挨拶したりしてた。お父さんが熱帯…

命の大切さ

つい最近の出来事です。職場で色々あって、自殺未遂しちゃったのね。それで気分転換のため田舎に帰省したんだ。もちろん自殺未遂のことは秘密にして。すると、信心深いばあ…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。その時に借りた家で体験したお話です。場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…

臨死体験

けっこう昔の出来事なんだけど、俺が小学生のとき臨死体験にあった。海水浴場で溺れて死にかけたことがきっかけだった。家族で行った海水浴場で、俺がそこで泳いでいるときに突然足がつって…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…