チャイムが鳴る

1191993014_3

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

それからしばらく一定のリズムをつけつつ、鳴り続けるチャイム。

なんだよ、しつこいなあ。一体誰が来たんだ?

2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさんが、麦藁帽子を被った白い服を着た女の子を連れてチャイムを押しているようだ。

最近流行りの子連れ宗教勧誘か?

全く面倒くさいなあ、とりあえず出てやるかと思い、下に降りて玄関を開けると誰もいない。

なんだよ、もう行ったのか。せっかく出てやったのに。もう1回寝ようと再び2階の自分の部屋で横になった。すると、

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

また鳴った。窓から見るとまたあの親子だ。なんなんだ一体!

俺は半分キレぎみで下へ駆け降りた。

その間もず~と一定のリズムで鳴り続けるチャイム。

玄関のドアをバ―ンと開けて、怒鳴りつけようとしたが誰もいない。ドアを開ける直前まで確かに鳴っていたのに。

隠れる場所なんてどこにもないし、どんなに足が速くても一本道の突き当たりにある家から見えなくなるはずがない。

しばらくポカ~ンとその場で立っていると…、

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

目の前のインターホンに誰もいないのにチャイムが鳴り響いた…。

俺はダッシュで家に入り鍵を閉め、部屋のカーテンをして布団に入って震え続けた。

それからしばらくチャイムは鳴り続けた。

もう1回窓から玄関を見下ろすことはどうしても出来なかった。

次の日の朝、親に叩き起こされた。

「あんたに手紙。女の人からみたいよ」

にやにやしている。新聞を取りにいって見つけたらしい。

白い封筒に名前は書いていない。なんでこれで女だって分かるんだよ!

とりあえず開けて見ると綺麗な文字で、

「なにかがあなたの家へ入ろうとしています」

とだけ書いてあった。

関連記事

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。海辺の生き物を探し…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

中身はミンチ

Nさんは、鋼材関係の専門の現場作業員だ。会社勤めではないが、色々と資格を持っているおかげで、大手企業の下請けや手伝いをやっている。人集めを任されることもあるが、そんな時…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

携帯電話

迷惑電話

ある日、知らない番号から電話が掛かってきて、おばさんの声で「鈴木さん?」と聞かれた。でも自分は田中(仮名)なので、「いいえ違います」と答えたら「じゃあ誰?」と言われた。…

殺人ビデオ

このビデオを私が実際見たことがある訳ではないので、あまり多くは語りません。ただ、私の友人Yは今から半年程前に見たそうなので、その聞いた話をお伝えします。私の友人Yは、全…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…