鬼が舞う神社

gatag-00000420

叔父の話を一つ語らせてもらいます。

幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。

疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供達のガキ大将を自負するような悪餓鬼でした。

さて、その疎開先には、地方にしては大きな神社がありました。

「今となっては何を祀っていたのかも判らん」だそうですが、桜の木が何本も植えられていて、春ともなれば正しく満開の桜が見物できたのでしょう。

また、聖域とでも言うのでしょうか。子供達がむやみに近付いてはならないという、暗黙の了解があったようです。

しかし、そこは悪餓鬼な叔父のこと。「やってはいけない」と言われれば、反発心が刺激されます。

ただでさえ娯楽の無い疎開先。いずれは出て行くという気持ちもあったのでしょう。一つのイタズラを実行に移す事にしました。

神社には、神様を乗せる馬が飼われています。これに乗って、神社の石段を駆け下りようというのです。

もちろん、昼は大人達の目がありますから、夜のうちから神社に忍びこみ、朝のお勤めの時に馬で駆け出す…するとみんなびっくり!俺様の株、急上昇!(゚д゚)ウマーという作戦でした。

予定通りに深夜部屋を抜け出して、神社へと向かう叔父…。

満開の夜桜が近付くにつれ、叔父の耳に場違いな音が聞こえてきました。

「ぽんぽん…ぽぽん…」それはツツミの音だったそうです。

最初は大人達が酒盛りでもしているのかと警戒した叔父ですが、こんな深夜の、しかもこの戦時中に有り得ないことくらい子供にも解ることでした。

神社に近付けば近付くほど、「ぽん…ぽぽん…」という音がはっきり聞こえます。

鳥居の影に隠れ、中を覗く叔父。

そこには、ひどく幻想的な光景がありました。

風に散る夜桜の花びら、ツツミを打つおかっぱの子供。

くるくる…くるくると舞う一人の女性。

叔父は時間を忘れ、その光景に見入ったそうです。

この世のものとは思えない美しさでしたが、どこかおかしな非常識さが叔父を正気に戻らせ、家へと逃げ帰りました。

翌朝、昨夜の出来事を誰かに話したかった叔父は、思い切って神社の神主さんに全てを打ち明けました。

話を全て聞き終わった神主さんは、

「声をかけたか?」「見つかったか?」など、いくつか質問をした後で、叔父ににんまり笑いかけたそうです。

「よかったなぁ…見つからんで、ほんによかったなぁ。

ありゃ、この世の者でない…鬼じゃ」

今でも叔父は、酒が入るとこの話をします。

「S(俺)君、鬼はいるんだよ…」と。

関連記事

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。 同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

邪視(長編)

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(当時まだ30代)の別荘に遊びに行く事になった。 本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。 小…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。 仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。 現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

田舎の風景(フリー写真)

ダッガコドン

去年、私は仕事で失敗が続いていた。 厄年は来年なのに何故だろうかと調べた末、前厄という存在を始めて知った。 すぐに会社に三連休を貰い、遠い田舎の実家まで帰省をすることに。 …

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。 心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。 操車場は…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。 爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…