校門を閉じる習慣

公開日: 心霊体験 | 怖い話

学校の校門(フリーイラスト)

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。

まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。

生徒はいつも裏口の狭い通用路の方から帰らなければならず、とても不便でした。

どうしてこんなことをしているのか先生に聞いてみても、確かな答えはくれません。

そこで部活の先輩に聞いてみたところ、言い伝えというか噂のようなものを話し始めました。

この学校には昔、自殺した生徒が居たらしい。

自殺した場所は自分の家だったのだが、学校で虐めに遭っていたらしく、先生にもまともな対処をしてもらえなかったそうです。

それで命日になると復讐のため、その生徒が坂を上がって校門の前まで来るのだとか。

中に入られたら大ごとのため、今では校門を閉めるようになったそうです。

僕らはいつも裏口から下校する世代だったので見ていませんが、その生徒は女生徒で、乱れた長髪に凄い目をして坂を上って来るそうです。

いかにも学校の噂という感じだったが、毎日校門が閉められている事実と、返事に詰まる先生達の様子を見ると変にリアリティがありました。

裏口でばったり会ったという生徒も居ましたから…。

その辺を17時のサイレンが鳴る頃にうろついているのだろうかと考えると、結構怖かったです。

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。 「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。 ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

花(フリー素材)

無念のアザ

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。 うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。 私は当時高校生だったので、学校やバイトで…

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。 当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。 当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。 実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。 最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。 「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。 俺が聞き伝えでこ…

海(フリー素材)

海にまつわる妖怪

海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。 海は多くの富を千葉に住む人々に授けて来た。正に恵みの海である。 しかし、海は富を授けるだけのものではない。 優…