石段の向こう

128516

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。

私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。

母が婚前に英語の教師をした影響か、海外の留学生を受け入れるのが好きで、私が高校を卒業したあたりから、隔年で自宅に留学生をホームステイさせていました。

スーザンは、片言ながらも日本語でコミュニケーションを取ることができました。

私が居る前では、必ず日本語を話します。

単語が出てこなくて、意思の疎通が難しい話題になった時に、私が辞書片手に英語を使うと、物凄い剣幕で怒ります。「勉強にならない」と。

なので、私もスーザンの前では日本語しか話しません。

私と同年代ということもあり、恋愛の話などを気楽に出来る良い友達でした。

ゴールデンウィークの休日、スーザンと一緒にドライブで少し田舎の方まで一泊二日で出かけることになりました。

スーザンは、日本の自然がとても好きでした。

我が家は割と都市部のゴミゴミした場所にあり、毎日混みあう電車で通学するスーザンに、たまに美味しい空気を吸わせてあげようと私が企画しました。

二つ隣の県にあるお城を見に行くのが目的のドライブでした。

私は運転に不慣れですがカーナビのおかげで道に迷うことも無く、天気の良さのおかげで心地良い風を感じながら畑が広がる田舎の県道を走っていました。

カーナビが『100メートル先、左折です』というので、小さな交差点で私は左にウィンカーを上げブレーキを踏みました。

道の先を見ると大きな交差点があり、カーナビが曲がれと指示した場所は、その大きな交差点だったことに気付きました。

後ろからぴったり車が付いてきているので、減速してウィンカーを上げた以上曲がらない訳にもいかず、私は仕方なく手前の交差点を左折しました。

左折した先の道は、一本道の農道のような場所でした。

とても道幅が狭く、父から借りたワンボックスの大きさのためにUターンも難しく、横道が無いために折り返すことも出来ないので、しばらく道なりに進みました。

結構長いこと真っ直ぐ進まなければならず仕方なく進んで行くと、いつの間にか住宅街になっていました。

木造の古い家が両側に立ち並んでいます。住宅街というよりも、集落のような感じです。

どの家も駐車スペースが無く、なかなか折り返すチャンスがありません。

前方には山があり、折り返すことができないまま、突き当りまで進んで行きました。

突き当りは、20台ほど駐車できそうな駐車場になっていました。そこは神社の駐車場でした。

駐車場には、白地に黒で『学業成就』『長寿祈願』と書かれたのぼりが何本も立ち並んでいます。

スーザンに「何が書いてあるの?」と聞かれ、私は学業成就の意味を教えました。

日本文化なら何にでも興味を示すスーザンははしゃぎ出し「神社の中を見たい」と言うので、一旦ここで車を降りて神社の中を見て回ることにしました。

私も多くの神社を見た訳ではないですが、外からの眺めは神社としては珍しい感じがしました。

境内はお城のような高い白壁の塀に囲まれ、全く中が見えません。

塀の切れ目に鳥居が建っており、そこをくぐって中へ入りました。

中を見て驚きました。ビックリするほど綺麗なんです。そしてとても広い。

手入れが行き届いた植木に、まっ平らな砂の地面。まるで京都の観光地のようです。

境内には涼しげに小川が流れています。小川の向こう側には、木が鬱蒼と茂る山があります。

境内に、ホウキを持った若い神主さんらしき人を発見しました。

「年末や受験前シーズンならまだしも、この時期に若い女性が来るなんて珍しい。それ以上に海外の方が来るなんて、初めてかもしれない」

と話しかけられました。

その男性に学業成就の御守を売ってもらい、スーザンにプレゼントしました。

「ごゆっくり休んでいってください」

と言われたので、慣れない長時間の運転で疲れた私は、自販機で買ったジュースを片手に境内のベンチに座って少し休んでいくことにしました。

連休中なのに私達以外に参拝客はいないようで、とても静かです。

自然と日本の伝統建築物が大好きなスーザンは、興奮気味です。

その時、スーザンが小川の先を指差して「あれはなに?」と言いました。

小川の向こう側には鳥居がありました。

神社の中にまた鳥居があるなんて不思議だなと思いながらその先をよく見ると、山の中へ入って行く石段のようなものが見えました。

スーザンが興味深々なので、間近で見ようと一緒に鳥居へ近付いて行くと、その鳥居が女性の腰くらいの高さの小さなものであることが分かりました。

スーザンは、「その小さな鳥居をくぐりたい」と言い出しました。

しかし、小川沿いに境内を端まで歩いて探しても、向こう岸に渡ることができそうな橋が全く見当たらないんです。

小川の幅は3メートル程で、くるぶしあたりまでの深さしかなく暑いくらいの天気なので、靴と靴下を脱ぎ裾を上げて、裸足で小川に入り向こう岸に渡ることにしました。

向こう岸に渡り靴を履き直すと、スーザンは四つん這いになって、その小さな鳥居ををくぐりました。

私もジーンズを汚しながら四つん這いになって鳥居をくぐり、スーザンと顔を合わせて笑いました。

鳥居の奥の山へ登って行く石段を見上げると、私は急にその先に何があるのか気になりだしました。

スーザンも同じ思いだったらしく、私達は何も言わずに石段を登り始めました。

石段はすぐに終わり、普通の山道になりました。

木で日光が遮られ、とても涼しくて良い気分です。

更に上へ上へと足を進めて行くとまた小さな鳥居があり、再び石段が始まりました。

鳥居の横には石碑が建っていて、神社の名前が書いてありました。

私達が最初に入った大きな神社とは全く違う名前です。

地面が濡れていて、さすがに四つん這いで潜るのは気が引けたので、鳥居の外側を周り更に石段を少し登ると人影が見えました。二人組の子供です。

近付いて行くと、二人の子供たちが小さな声で何か歌っているのが分かりました。

それと同時に、その歌声から、その二人組が子供ではなく小さな老婆であることが分かりました。

私たちに気付いているはずなのに、彼女たちは歌をやめる気配は全くありません。

歌は聴きなれない言葉が散りばめられていて、

「どうかあと10年生かして欲しい」といった内容で、

「ありがたき」という単語が何度も出てくる不思議な歌でした。

石段がある坂の左手に小さなお堂があり、老婆たちはそこへ向かって手を合わせています。

老婆達はこの暑さの中、毛糸で編まれた厚手のカーディガンを着ています。

老婆たちの背中越しに、私もそのお堂に向かって手を合わせました。

私の動きにつられて、スーザンも手を合わせます。

お堂には、茄子やピーマン、キャベツといった野菜が大量にお供えされています。

その上の段には、大豆のような形で表面がガタガタの球体がありました。

大きさは、バスケットボールよりも二回り小さいくらい。

どうやら石で出来ているようで、光沢感があり、木の間から差し込む光に反射しています。

歌が終わると老婆たちは私達の方を振り向きました。

老婆達の顔を見て、一瞬ぎょっとしました。

彼女達の顔が真っ赤だったんです。朱色と言えば伝わりやすいでしょうか。

老婆たちは、不思議な化粧をしていました。

眉間のあたりから眉の上を経由して顎を通って、顔全体を一周するように口紅のようなものを塗っていたのです。

最初は血か何かだと思い、かなり驚きました。

驚きのあまり、「こんにちはー」と声を上ずらせて挨拶すると、老婆達はさっきの神主と同じように、聞き慣れないイントネーションで話しかけてきます。

最初に年齢を聞かれました。老婆たちの言葉は、今となっては細かく思い出せません。

「何歳か?」という問いに「23歳です」と答えると、

「まだ若いので、これ以上石段を登るのは、バツをほうず」と言われました。

細かい言葉までは覚えてないのですが、”バツをほうず” というフレーズだけが頭に残っています。

老婆にそう言われ石段の上へ目をやると、私達が居るお堂がある場所から更に長い距離、真っ直ぐ石段が続いており、突き当りには大きな社があります。

社の前に人影が見えますが、木が鬱蒼としており薄暗くてよく見えません。

その時、スーザンが老婆達の前で初めて言葉を発しました。

お堂の中を指差し、そこに祀られている大豆のようなゴツゴツとした石のような物体を指差しながら「これはなんですか?」と訊いたのです。

すると老婆達が、「ギエー!」という大きな悲鳴を上げました。

「日本人じゃない!」「バツをほうず!」「今すぐ降りろ!」「降りろ!降りろ!」

とまくし立て始めました。

スーザンは目は青いものの、黒髪で体格も小さいので、老婆達はスーザンがアメリカ人であることに、彼女が片言の日本語を発するまで気付かなかったのでしょう。

上の大きな社へ目をやると、老婆達の悲鳴を聞いたからか、先ほど見えた人影がこちらへ向かって降りてくるのが見えました。

動きは急いでいるようですが、足が悪いのかソロリソロリと降りてきます。

私は怖くなり、スーザンの手を引いて足早に石段を駆け下りました。

その時のスーザンの手は、酷く汗ばんでいて冷たかったです。

一度も振り返らず、山に入る時に四つん這いになってくぐった小さな鳥居のところまで降りてきました。

二人とも急いで靴を脱ぎ、小川を渡リ始めた時、異変に気付きました。

先程はくるぶしの辺りまでしかなかった小川の深さが、膝に達するくらいまで深くなっていたのです。

なんとか反対岸まで渡り終え後ろを振り返ると、スーザンは小川の真ん中で立ったまま動かなくなっています。

「スーザン? 大丈夫?」と問いかけると、決して私の前で英語を喋らないスーザンが、英語で絶叫し始めました。

英語が苦手な私は、全く何を言っているのか聞き取れません。

絶叫が途切れ口をパクパクさせた後、スーザンはそのまま川の中に倒れ込みました。

その時、私は後ろに気配を感じました。

後ろには、御守を売ってくれた若い神主さんらしき男性が立っていました。

彼は服が濡れるのもいとわず川に入り、スーザンを支えるようにしてこちらの岸まで連れて来てくれました。

スーザンは体に力が全く入らないような状態になっており、呼吸も荒くなっていました。

神主さんらしき男性と二人で、スーザンを抱えるようにして車まで運びました。

男性は、私達の車が駐車場にあるのに、私達の姿が見えないことを心配して辺りを探していたそうです。

「まさか、あの深い川に入で水浴びしてるなんて思わなかった」と言われ、

「最初はくるぶしくらいの深さしかなかった」と答えると、男性は酷く驚いていました。

更に、私達が石段を登った先で見たものについて話すと、男性の顔が一気に青くなりました。

そして、私達が石段の上へ行ったことについて怒りました。

老婆達について深く聞こうとすると、「いるはずがない」「入れないように橋を撤去した」と言い、男性は更に顔を青くして震えだしました。

続けて彼は、「早く帰った方がいい。今日のことは忘れた方がいい」と言いました。

私達が体験したことについて、もっと詳しく聞きたかったのですが、男性の尋常ではない対応を目にして、それ以上質問を続けることはできませんでした。

スーザンの具合が悪いので私は車を発進させ、神社の駐車場を出たのはお昼を少し過ぎた頃でした。

住宅街を抜けて県道へ出て、そのまま自宅へ引き返しました。

スーザンはその後、風邪を引き高熱を出しました。

数日は食べ物も喉を通らず、何度か病院で点滴を受けていました。

スーザンは8月に帰国してからも健在で、未だにメールの交換を続けています。

ただスーザンは、あの日のことを良く覚えていないようです。

「神社の川で溺れたのは覚えているんだけど」

それが彼女の唯一の記憶のようです。

私一人が白昼夢を見たのでしょうか。

あの老婆達は何者だったのか?

小川の向こう側の小さな神社の正体は何だったのか?

気になるものの、あそこへもう一度足を運ぶ勇気がありません。

今でもたまに、石段を登る夢をみることがあります。

関連記事

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

サナトリウム

サナトリウム

Y介は大学時代、重音部に所属していた。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンや、リンキンパークが流行っていた頃だ。人数の多い分、バンドが組みやすそうな軽音部を選ばないだけあ…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。車は見た事もないような暗い裏道…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

部屋の灯り

北海道の知床の近くにある○○という町に友人と行った時のこと。知床半島の岬を観光するにはその町からバスに乗る必要があったんだけど、田舎なだけにバスが3時間に一本で、面倒臭くなって…

新築分譲

つたない文章になりますが、お話させて貰ってもよろしいでしょうか?自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。少し状況を整理したいので前置き…

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…