庭にあるお墓

古民家(フリー写真)

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。

埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。

それにまつわるお話です。

ある家の敷地の隅には、お地蔵さんが二体置いてありました。

車でいつも通り掛かるのですが、私が

「お地蔵さんかわいいね」

と言ってにこにこしながら覗き込むと、供えてある風車が回ったりしていました。

何だか嬉しかったです。

母は、

「これね。墓なのよね…」

と何故か言い出し、私は『墓なのか~』くらいに思っていました。

寺社などが大好きな私が期待するように、信心深さからお地蔵さんを置いた訳では無いとのことでした。

この辺では、自分の家の庭に先祖代々のお墓を作る家が稀にあります。

2年前に亡くなった『視える人』だった母は、良くないことだと言っていました。

当時の私は『何でいけないの?』という感じだったのですが、色々あってからはそう思うようになりました。

近所のショッピングモールに行く時は、ちょうどその家の前で信号待ちをすることが多いのですが、母は私がお地蔵さんをじっと見るのを怖がっていた様子。

私は何故か見ちゃうんですよね。見るのが楽しかったのです。

母「それ凄く怖くない? お母さんちょっと駄目だわ。あら嫌だ。居るわよ」

私「ちゃんと供養してるんじゃない? 庭にあるお墓なんだし。嫌な感じもしないよ。霊が居るんだー。へー」

母「この家の人、これ怖いんじゃないかなぁ?」

私「自分の先祖でしょ。怖くないんじゃない?」

母「そうかなぁ。この家の人、これ怖くないのかな…」

などと話をしていました。

何故かその家では妙にお葬式が多かったです。しょっちゅうやっていました。

葬式中に通り掛かったこともあるし、お地蔵さんの前を通る時に母が、

「また入ったね。ここの墓。新しい人が…この家の人だね」

と言うので、そうなのかなと思っていました。

大体一年に、一人かそれ以上は亡くなっていたと記憶しています。

よく考えてみると、凄いハイペースだなと思いました。

ある時、この家の人を見たことがあるのですが、何だか変なことをしていました。

スラッとした背の高い眼鏡の50歳くらいの女の人が、お花を持ちドアから出て来ました。

目の悪い子供のように目を細めて、じっとお地蔵さんを見ていました。

お地蔵さんの方へ行くと見せかけて止まったり、いつまでもじろじろお地蔵さんを見ていました。

私「変な人だね」

母「あの人さぁ。見えてるんだよ…」

私「えっ!!このお墓の中の人、そんなに怖いの? わたし全然怖くないよ。この家の人がびびってるの?」

母「ねっ。ここの家の人は怖がってるって言ったでしょ」

私「ねぇ。早く帰ろうよ」

母「信号変わらないでしょ!そういうこと言ってると、こういうことで(霊で)事故るよ。みんな結構見えるところで事故るんだよ」

私「お母さんってそんなに霊感があるの?」

と、母にびっくりしながら帰りました。

母曰く、

「あのお墓じっと見てると、お墓に入っちゃうよ。

お母さん、あのお墓怖いって言ったでしょ。あの家の人も怖いと思う。お墓に入るの怖いでしょ?

あの家の人もそれが怖いんだよ。何で庭になんて埋めるんだろう。あんなことしなきゃ良いのに」

と言っていました。

そう言えば、車で通り過ぎる時に母は、

「やらない!!やらないよ!!!」

と叫んだり(私が危なかったのでは…と思います)、ハンドルを叩いたりしていました。

この時は半信半疑でしたが、一年後くらいに、お嫁に行ったお姉ちゃんが遊びに来ました。

ショッピングモールの帰りに、その家の前にて、

姉「えっ。ちょっと凄い沢山居るよ。何でなの?」

母「あれね。お墓なの。この家の人がみんな居るの」

姉「どうしてこんなところに。うーわ墓かよ。ちょっと普通じゃない。勘弁してよ。早く行こうよ。やばいよ!!」

車が動きました。

私「どんなのが見えるの?」

姉「ちょっと凄い怖いものが見える。沢山居る。あれは怖いわ。つ、付いて来てる。ぶっちぎって!!!」

私「事故るよ」

姉「いーから。ぶっちぎって!!今すぐ!!」

などという遣り取りを二人がやっていたので信じました。

それにそこの家は「庭の墓に霊が出る」「妙に葬式が多い」と付近の噂になっていた家だそうです。

その後、母が末期がんで他界したのですが、死ぬ数日前に私が、

「あの家のお墓を私が覗いたせいで、お母さん病気になったの?」

と聞いたら、

「違う。お母さんを庭には埋めないでね」

と言っていました。

母の四十九日の前日、お父さんに

「お母さんをお墓に入れないで、押入れに置いておかない? お墓に入れちゃうの寂しくない?」

と言ったら、お父さんはびっくりした顔で、

「あの家の人と同じになる。お母さんは、庭に埋めるなって言ったでしょ?」

と言っていました。

結局、公園墓地内のお墓に入れました。押入れなども駄目らしいです。

死んだ人とは一線を引いた方が良さそうです。

ちなみにあのショッピングモールには、道中が怖いので暫く行っていません。

なので、あの家の人がどうなったのかも判りません。

町中にああいうものは無くして欲しいです。

山の中じゃないんだし。みんな怖がっているし…。

関連記事

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

しゃべれるんだな

自宅のトイレに大きな窓がある。ちょうどトイレの床から1メートルくらいのところに。トイレの臭いを換気する為に、いつも10センチほど開けっ放し。まあ、自宅代わりに借りてるビ…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。そして、タクシーは山…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…