庭にあるお墓

古民家(フリー写真)

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。

埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。

それにまつわるお話です。

ある家の敷地の隅には、お地蔵さんが二体置いてありました。

車でいつも通り掛かるのですが、私が

「お地蔵さんかわいいね」

と言ってにこにこしながら覗き込むと、供えてある風車が回ったりしていました。

何だか嬉しかったです。

母は、

「これね。墓なのよね…」

と何故か言い出し、私は『墓なのか~』くらいに思っていました。

寺社などが大好きな私が期待するように、信心深さからお地蔵さんを置いた訳では無いとのことでした。

この辺では、自分の家の庭に先祖代々のお墓を作る家が稀にあります。

2年前に亡くなった『視える人』だった母は、良くないことだと言っていました。

当時の私は『何でいけないの?』という感じだったのですが、色々あってからはそう思うようになりました。

近所のショッピングモールに行く時は、ちょうどその家の前で信号待ちをすることが多いのですが、母は私がお地蔵さんをじっと見るのを怖がっていた様子。

私は何故か見ちゃうんですよね。見るのが楽しかったのです。

母「それ凄く怖くない? お母さんちょっと駄目だわ。あら嫌だ。居るわよ」

私「ちゃんと供養してるんじゃない? 庭にあるお墓なんだし。嫌な感じもしないよ。霊が居るんだー。へー」

母「この家の人、これ怖いんじゃないかなぁ?」

私「自分の先祖でしょ。怖くないんじゃない?」

母「そうかなぁ。この家の人、これ怖くないのかな…」

などと話をしていました。

何故かその家では妙にお葬式が多かったです。しょっちゅうやっていました。

葬式中に通り掛かったこともあるし、お地蔵さんの前を通る時に母が、

「また入ったね。ここの墓。新しい人が…この家の人だね」

と言うので、そうなのかなと思っていました。

大体一年に、一人かそれ以上は亡くなっていたと記憶しています。

よく考えてみると、凄いハイペースだなと思いました。

ある時、この家の人を見たことがあるのですが、何だか変なことをしていました。

スラッとした背の高い眼鏡の50歳くらいの女の人が、お花を持ちドアから出て来ました。

目の悪い子供のように目を細めて、じっとお地蔵さんを見ていました。

お地蔵さんの方へ行くと見せかけて止まったり、いつまでもじろじろお地蔵さんを見ていました。

私「変な人だね」

母「あの人さぁ。見えてるんだよ…」

私「えっ!!このお墓の中の人、そんなに怖いの? わたし全然怖くないよ。この家の人がびびってるの?」

母「ねっ。ここの家の人は怖がってるって言ったでしょ」

私「ねぇ。早く帰ろうよ」

母「信号変わらないでしょ!そういうこと言ってると、こういうことで(霊で)事故るよ。みんな結構見えるところで事故るんだよ」

私「お母さんってそんなに霊感があるの?」

と、母にびっくりしながら帰りました。

母曰く、

「あのお墓じっと見てると、お墓に入っちゃうよ。

お母さん、あのお墓怖いって言ったでしょ。あの家の人も怖いと思う。お墓に入るの怖いでしょ?

あの家の人もそれが怖いんだよ。何で庭になんて埋めるんだろう。あんなことしなきゃ良いのに」

と言っていました。

そう言えば、車で通り過ぎる時に母は、

「やらない!!やらないよ!!!」

と叫んだり(私が危なかったのでは…と思います)、ハンドルを叩いたりしていました。

この時は半信半疑でしたが、一年後くらいに、お嫁に行ったお姉ちゃんが遊びに来ました。

ショッピングモールの帰りに、その家の前にて、

姉「えっ。ちょっと凄い沢山居るよ。何でなの?」

母「あれね。お墓なの。この家の人がみんな居るの」

姉「どうしてこんなところに。うーわ墓かよ。ちょっと普通じゃない。勘弁してよ。早く行こうよ。やばいよ!!」

車が動きました。

私「どんなのが見えるの?」

姉「ちょっと凄い怖いものが見える。沢山居る。あれは怖いわ。つ、付いて来てる。ぶっちぎって!!!」

私「事故るよ」

姉「いーから。ぶっちぎって!!今すぐ!!」

などという遣り取りを二人がやっていたので信じました。

それにそこの家は「庭の墓に霊が出る」「妙に葬式が多い」と付近の噂になっていた家だそうです。

その後、母が末期がんで他界したのですが、死ぬ数日前に私が、

「あの家のお墓を私が覗いたせいで、お母さん病気になったの?」

と聞いたら、

「違う。お母さんを庭には埋めないでね」

と言っていました。

母の四十九日の前日、お父さんに

「お母さんをお墓に入れないで、押入れに置いておかない? お墓に入れちゃうの寂しくない?」

と言ったら、お父さんはびっくりした顔で、

「あの家の人と同じになる。お母さんは、庭に埋めるなって言ったでしょ?」

と言っていました。

結局、公園墓地内のお墓に入れました。押入れなども駄目らしいです。

死んだ人とは一線を引いた方が良さそうです。

ちなみにあのショッピングモールには、道中が怖いので暫く行っていません。

なので、あの家の人がどうなったのかも判りません。

町中にああいうものは無くして欲しいです。

山の中じゃないんだし。みんな怖がっているし…。

関連記事

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。 ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。 朝に堤防まで…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。 授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。 引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。 主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。 これは僕が…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。 あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。 ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…