見知らぬ町

都市(フリー写真)

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。

その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。

ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしていたんだ。

伸びをする時に目を瞑っていたのだが、目を開けたら何かおかしい。

何だろうと思い外を見たら、全然知らない景色(全く見たことも無い住宅街)が広がっていた。

驚いて下の階に降りたら、そこに居たはずの家族が誰も居ない。

テレビを点けても何色かのバーが映っているだけで、何も放送していない。

夢なのかなと思い頬を抓っても何も変化無し。

家には親父の趣味で時計が沢山あったんだけど、全部バラバラの時間を指していて、進む速さもバラバラ。

流石に怖くなったので、外に出て状況を確認しようと思った。

外に出てもやはり知らない家、知らない通り、知らない景色…。

誰も居ない町。

でも、ここで何故かデジャヴを感じたんだよ。絶対に見たことが無い景色だと、自信を持って言えるほど記憶に無いのに。

知らない家や通りを見ながらゆっくり歩いていても、どこか懐かしい感じがする。

凄く矛盾しているけど、実際そんな感覚だった。

宇宙って不思議だよな。

仏教では、宇宙には始まりも終わりも無く無限大らしいぜ。

だからビッグバンは単なる赤ちゃん誕生という感じ。宇宙が宇宙を生むらしいぜ。

人間もそうだよな。

自然発生は有り得ないのさ。

全てに因果、つまり原因があって結果がある。

当然、宇宙に終わりはあるが、単なる一個の生命が終わるだけで、また発生するのさ。永遠に。

人間の中に宇宙があり、宇宙の中に人間がある。

30分ほど歩いていると大きな駅に着いたんだけど、やはり人っ子一人居ない。

家を出る時に沈みかけだった太陽も動いていない。

この時点で、家に帰って泣きたいほど寂しかった。

駅に入ったら電車が動いていた。もちろん乗務員は見当たらない。

もう完全にお手上げ状態だったので電車に乗った。

暫く窓から町を見ていたのだけど、さっきと同じデジャヴのような感覚がする。

絶対に記憶には無い町なんだけどな。

埒が明かないので電車を降りたら、ロングコートのおっさんがこちらに背を向けて立っていた。

おっさんを見た瞬間から耳鳴りがし始め、おっさんが振り返って何かを言葉にした瞬間、意識が途絶えた。

次の瞬間、驚いて飛び起きた。

夢か…と思い体を起こしたんだけど、またあの見知らぬ景色が見えたので、まだ夢の中か…と思った。

書くのが面倒だから省くけど、同じような状況をあと3回繰り返した。

誰も居ない見知らぬ町を歩いたり、電車に乗ったりする。

どこかでおっさんに遭遇して意識が途切れる。

それで最後の4度目の後に目を覚ましたら、家から7キロくらい離れた道のど真ん中に立っていた。

時間を確認したら、家に帰ってから1時間半くらい経っていた。

以上が俺の体験談です。

補足すると季節は夏で、俺は東京在住です。

文章で町と書いたけど、実際は都市かもしれない。

向こう側の世界では、自転車を使って移動もした。

地方の政令指定都市などではなく、東京や大阪のような混じり気のない都会でした。

おっさんとは常に背を向けた状態で遭遇し、その顔を見る瞬間に意識が途絶えたので、顔はよく覚えていないです。

おっさん以外は誰も居らず、聞こえる音は自分の出す音と電車の音、それからおっさんと遭遇した時の耳鳴りだけでした。

こちら側に帰って来た時に立っていた道には後で何回か行きましたが、特に何も起こりませんでした。

ドライブイン

奇妙なドライブイン

この話はオカルトや怪談に入るものなのか少し微妙なところなのだが、個人的には非常に怖かった体験です。 それと、もう何ヶ月も前の事なので会話はうろ覚えの部分が多く、『当時こんな感じだ…

ねじれ(フリー背景素材)

時空のお姉さん

12月の中旬頃に、恐らく『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をしたので投稿します。 創作ではなく、確かに体験した実話です。 ※ 私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。 草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。 その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くらいの確率で。 細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…

休日の商店街(フリー写真)

グレーの夕陽

8歳くらいの頃に体験した話。 俺の家は商店街の魚屋で、年中無休で営業していた。 その日は目覚めたら家に誰も居らず、店を閉めている訳でもないのに本当に誰も居ない。 俺は…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。 俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。 …

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。 校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。 現在は危険と…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。 車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。 地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…