クラス替えアンケート

公開日: 不思議な体験 | 長編

文房具(フリー写真)

子供の頃に奇妙な体験をした方は多いと思う。俺にもずっと気になっていることがある。

毎年3月が近くなると『クラス替えアンケート』のことを思い出すのだけど、俺以外にもこれと似たような体験をした方は居るだろうか?

俺が小学校4年生の時の話。

俺が当時通っていた小学校は大規模校で、毎年クラス替えがあった。

春休み中、3月の終わりに先生方の離任式があり、その時に体育館に新しいクラスの名簿が張り出される。

親友や好きな女の子と一緒になりたいとか、毎年凄くドキドキしたことを覚えている。

その年、3学期の2月に入ってすぐ、俺に一通の封書が来た。

『クラス替えアンケート』という文字が表に大きく印刷され、教材会社の主催になっていたが、これまで調べた限りではその名前の教材会社は存在しない。

中身はどんな内容かというと、同級生の中で絶対に同じクラスになりたくない人の名前を一名書いてくださいというもの。

そして、それを出した人には文房具のセットが当たるかもしれないということだった。

当時の俺は雑誌の懸賞に応募するのが趣味だったし、返信用のはがきが入っていたので特に変だとも思わず、同学年で一番嫌なイジメっ子の名前を書いて出してやった。

実は俺はその名前を書いたやつと家が近所で、登下校でよく嫌がらせをされていた。

別のクラスだからまだ良かったものの、同じクラスになれば本格的なイジメを受ける可能性があり、絶対に同じクラスにはなりたくないと思っていた。

5年生は6クラスあるから可能性は低いのだけど。

その後、すっかりそのアンケートのことは忘れていたのだが、3月に入ってすぐに同じ名前の教材会社から大きな封筒が届いた。

内容は、俺に文房具セットが当選したというものだった。

そこまでは別段変わったところは無いのだが、その文房具セットが送られて来るには条件があり、一つやって欲しいことがあると書いてあった。

それから、俺が名前を書いたイジメっ子とは同じクラスにはならないだろう、ということも書かれていた。

まだクラス替えの先生方の会議も行われていない時期のはずだったので、それは少し不思議だった。

あと、その封書の中には一つ、厳重に和紙で包まれたお守りのようなものが入っていた。

その表には俺の住んでいる地域から遠く離れた県名と、知らない小学校名が書かれていた。

それから5年生という文字と、やはり知らない男の子の名前が、気味の悪い赤い字で大きく書かれていた。

それを俺の住んでいる地域にある神社の境内にある松の木に、3月8日の21時以降に釘で打ち付けて欲しいという内容だった。

それをやったら懸賞のセットを送ってくれるということみたいだった。

それからその封書は、前に来たものと共に一切が済んだら近くの川に流して欲しいとも書かれていた。

本当に不思議だったため、最初は中学生の兄に相談しようと思ったけど、封書にはこのことは誰にも話してはいけないと書いてあったのでやめにした。

神社は自転車で5分程度の所にあり、そのお守りのようなものを釘で木に打ち付けるのは難しいことではない。

雪の降る地域でもないし、寒いけど21時過ぎに15分ほど家を空けるのは何でもなかった。

その封書とお守りは、自分の勉強机に入れておいた。

3月8日。

俺は手紙の依頼通りにやることを決めていた。

21時を過ぎてから、そのお守りと釘とカナヅチを持ち、自転車で神社に出掛けた。

その神社は住宅街のやや小高い岡の上にあって、俺は下で自転車を降り、幅の狭い石段を登って行った。

石段にも神社の境内にも一つずつ街灯があったので、暗いけど足元は見えた。

当然どこにも人影は無く、流石に気味が悪かったため、早く終わらせようとコートのポケットからお守りと釘とカナヅチを取り出した。

走って何本か鳥居をくぐり、神社までの参道から脇に入って、おみくじが結び付けられたりしている松の木を一本選んだ。

そして自分の頭の上くらいの高さに、お守りの名前が書かれている方を表にして、真ん中に強く二、三度釘を打ち付けた。

すると、手の中でそのお守りが微妙に動いた感覚があり、俺は思わず手を離した。お守りは木に固定されて落ちなかった。

その時、10メートルほど離れた神社の脇から急に人が出て来て、こちらに向かって大きな声で

「見届けた」

と言った。

その人の姿は、暗かったのもあり、どんな服装だったかも思い出せない。声は男性のものだった。

俺はもう完全に怖じ気付いていたので、そのまま後ろも見ずに、カナヅチを放り出して石段を駆け降り、自転車に飛び乗って家に帰った。

ここから書くことはあまり無い。

俺がアンケートに名前を書いたイジメっ子はその一週間後、自転車に乗っている時にトラックに轢かれて死んだ。

封書などは指示通り近くの川に流した。

4月に入って有名なデパートから立派な文房具セットが送られて来たが、封書にあった教材会社名はどこにも無かった。その後、一度も連絡は無い。

神社にはその後、何年も立ち寄らなかったので、木に打ち付けたものがどうなったかは判らない。

カナヅチを失くしたので、親父に後で叱られた。

一番気になるのは、そのお守りに名前があった知らないやつのことだが、どうなったのかは判らないし調べてもいない。

改めて書いてみるとやはり奇妙な体験で、全て自分の妄想であるような気もする。

文房具セットは兄に随分羨ましがられた。単に懸賞に当たっただけなのかもしれない。

こんな経験をした人は他にも居るだろうか?

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

昭和のような町並みの異世界

田舎の高校に通っていた高1の夏休みの時の話をします。部活が20時に終わり、その後23時くらいまで部室で怖い話をしていた。さすがに遅くなったから帰るかという事になり、家が…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

パンドラ(長編)

私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。どう読むのかは最後まで分かりませんでしたが、私たちの間では「パンドラ」と呼ばれていました。私が生まれ育った町は…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。行き先は熱田神宮と伊勢神宮。かなり遠い所だが、三…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。私の故郷の村には生贄様という風習があった。生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。月曜日…

沼と倒木(フリー写真)

マガガミさん

うちの母方の婆ちゃんが住んでいた村での話。婆ちゃん家の村には山があるのだけど、その山の中に凄く綺麗な緑色の池がある。限り無く青に近い緑色と言うか、透明気味なパステルカラ…