深夜病棟の見廻り

夜の病院(フリー背景素材)

3年程前の話です。

私は地方の総合病院で看護師をしていました。

準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。

消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。

病棟全体と言っても、見て廻るのは小さな面談室やエレベーターホール、談話室、当直室、非常階段くらいで、見廻っても異常があったことはありませんでした。

『わざわざ見廻りする必要なんてあるのかな?』と、いつも思っていたくらいです。

でも一応決まりなので、その日もささっと見廻りに行きました。

非常階段を見廻った時、下の階との間にある踊り場に、子供がこちらに背を向けて立っていました。

恐らく3歳くらいの痩せた子供が、病衣を着て点滴台に掴まっていたのです。

点滴台には点滴袋がぶら下がっており、シリンジポンプ(点滴に別の薬を少しずつ混ぜる機械)も付いていたことを覚えています。

その非常階段は普段、人があまり通ることは無いので驚きました。

しかも窓も無いただの壁を向いて黙って立っている。

でもその時は別に怖くはなく『もうすぐ消灯なのに、何やってるんだろ?』くらいに思い、階段の上から声を掛けました。

「どうしたの? もう消灯になるよ」

「…」

声を掛けても、何も反応はありませんでした。

『もしかして迷子? 脱走? 一緒に小児科まで連れて行くべきか?』と考えを巡らせました。

「お部屋分かる? 早く戻らないと…」

と続けて声を掛けた時、ナースPHS(私が働いていた病院では、看護師は一人一台PHSを持つことになっていました)が鳴りました。

先輩から力を貸してくれとのコールだったので、その子を小児科まで連れて行くのは断念し、

「早くお部屋に帰るんだよ」

と声を掛けてその場を離れました。

そしてあれこれ消灯前の雑務をこなし、ようやく消灯してナースステーションで一息ついた時、非常階段の子供のことを思い出しました。

あの子はちゃんと部屋に戻っただろうか?

「ちょっと非常階段を見て来ます」

と他の看護師に言うと、

「何で?」

と聞かれたので、子供のことを話しました。

すると先輩が、

「やめときなよ」

と言います。続けて、

「その子、一人で点滴台を持ち上げて、階段昇れるような子だったの?」

はっとしました。

無理だ。3歳くらいの身長で、がりがりに痩せた子供。

点滴台を押して歩くことは出来ても、持ち上げて階段を踊り場まで上がるなんて出来る訳がない。

しかも機械まで付いていた重い点滴台。

先輩は黙り込んだ私に、

「もしかしたら本当は親と一緒で、点滴台を持ってもらったのかもね。

だったら近くに保護者が居たということだから行く必要ない。

もしそうでなかったとしたら、尚さら行かないでおいた方がいいでしょ」

と、事も無げに言いました。

親が近くに居た? それならどんなに良いだろう。でも、きっと有り得ない。

消灯直前に3歳くらいの子供をわざわざ階段の踊り場に連れて来て、側を離れる親が居るのか? きっと居ない。

しかもよく考えると、小児科病棟は私の病棟から4階も下にある。

私はパソコンで小児科の入院患者を見ました。

その日は連休前だったので外泊患者が多く、小児科病棟は空きベッドが目立ちました。

外泊していない2~5歳の患者は数人しか居ませんでした。

個室に入っていて人工呼吸器が着いている寝たきりの子、車椅子の子、2時間程前に開腹手術が終わったばかりの子。

あの子らしき患者は居ない。じゃあ、あの子はやっぱり。まさか。

そう考えていた時、先輩が私のパソコンを覗き込み

「もうやめなよ」

と言うと、にやりと笑いました。

「このくらい慣れなきゃ。私は死んだ患者にピアス取られたこともあるんだから」

先輩はショートボブの髪に隠れがちだった耳を見せてくれました。

耳朶の斜め上のところ(軟骨にピアスを開けていたのだと思う)には、一旦裂けてくっついたような、ケロイドの盛り上がったような傷跡がありました。

先輩がかつて、亡くなった患者さんに死装束を着せ、おしろいを塗っていた時、ふと後ろを振り返ったと同時に耳に激痛。

耳が裂けている、ピアス(穴が塞がらないようにする透明のやつ)が無い。

あちこち探したら、ピアスは死んだ患者が胸の前で重ねた手と手の間にあったそうです。

関連記事

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。未だに当時の細部まではっきり…

(゚Д゚)ハァ?って表情になって消えた

学生の頃の話。夜、部屋で寝てたら急に金縛りになった。変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。なんか霊とかってどんなものかよ…

出ると噂されているホテル

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、「お前知ってる? そのホ…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。お経も終わり墓参りも終わ…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…