高熱とアリス症候群

公開日: 不思議な体験

インフルエンザウィルス(フリー素材)

去年の年末、俺がインフルエンザで倒れていた時の話。

42度という人生最高の体温で、意識もあるのか無いのか分からない状態で俺は寝ていたのだが、尿意に襲われてふらふらと立ち上がった。

扉を開けたのか開けていないのかも分からないほどふらふらで廊下を歩いていたのだが、トイレまで凄まじく距離がある。天井も凄く高い。

ああ、これが不思議の国のアリス症候群か…と思いながら、トイレに向かって歩いていた。

トイレまであと少しというところで、何かが右横にストンと降りて来た。落ちて来たとかではなく、着地した。

見たら家で飼っている犬だった。違うとしたら大きさだ。大き過ぎる。ステップワゴンくらいある。

そんな犬が、俺の匂いをクンクン嗅いで、変な声で鳴いている。

俺はいくら何でもおかしい、寝ていた方が良い、もし漏らしたら謝ろう。そう思い、ゆっくり後ずさりをし始めた。

犬はじっとこちらを見ている。

俺はじっとしていてくれと思いつつ後ずさりをしていたら、犬の後ろから大きな影が現れた。高さは二階建ての家くらいはある。

巨人かと思ったが、顔には見覚えがある。うちの4歳の娘だった。

不思議そうな顔で俺を見ている。

娘が犬と一緒に近付いて来た。

いつも俺を見る顔ではなく、何か不思議なものを見るような目でこちらへ来る。

捕まったらやばい!俺はふらふらの体で自分の部屋まで走った。

部屋が遠い。数メートルが凄く遠い。

後ろからは娘の気配がする。

何とか部屋に着いた。

布団もでかい。何とか潜り込み、真っ暗な中でジッとしていた。

暫くするとふっと意識が遠のき、うとうとした感覚の中で、足の辺りがムズムズする感覚で我に返った。

熱も少し下がった感じだったのでスッと上半身を起こすと、足の辺りの布団がもぞもぞしている。

めくったら娘が何かを探していた。

「何してるの? 感染るからあっち行きな?」

と言うと、娘が

「ちいさいのがいたの。毛がいっぱい!それがね、パパの足のところにもぐってった」

と少し興奮しながら言う。

周りを見ると、大きさの感覚も元に戻っていた。

俺はゆっくりトイレまで歩いた。

廊下の途中に、俺が首に巻いていた保冷剤を包んだタオルが落ちていて、犬がそれの匂いを嗅いでいた。

取り敢えずトイレまで行こうとしていたのは本当だったんだなあ…と思いながら、また俺は布団に戻った。

関連記事

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

住宅街(フリー素材)

入れ替わった兄

小学校に上がる前だと思う。ある朝、目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家の中に人の気配が無かった。家中を見て回るが、誰も居ない。不安になって兄を起こそうと声を掛け、…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。高校2年生の夏休みの時の話。友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

三回転

私の体験です。まだ私が3歳ぐらいの頃、父と2人で遊園地に行ったときです。父と乗り物にのるために順番待ちをしてた時、私は退屈からかその場で目をつぶったまま三回転ほどくるく…