義理堅い稲荷様(宮大工9)

Marianne-hornbuckle

晩秋の頃。

山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。

親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。

結局、俺はその仕事を一人で行うように指示された。

その社は寺社のような大掛かりな建物ではなく、小じんまりとした人一人が入るのがやっとの大きさで、中に親子の狐の石像が祭られている社だ。

一応稲荷と言えるが、地元の年寄りが掃除をする位の土着の社神である。

よく手入れはされているものの、ここ何十年以上も手が入っておらず痛みは激しい。

そこで、近所の農家のお年寄りがお金を出し合って建替える事にしたのだ。

小さいと言っても建替えとなればまとまったお金は要る。

農家のお年寄りが出せる精一杯の額だろうが、その額は材料代にも満たない額。

しかし親方は、「ようがす。これでやりましょう」と引き受けた。

馴染みの稲荷神社の神主さんにお願いし、祈祷をして貰った翌日。

車に道具と荷物を積み、現場へと向かう。

お社の前でお祈りをしてから社の中に入ってみると、仔狐を背中に乗せ、ちょこんと座っている可愛らしい親子の狐像が鎮座していた。

手を合わせ、

「お狐様、しばらく仮住まいに移って下さいませ」

とお願いし、弟弟子と一緒に丁寧に拭き上げ、そっと運び出す。

前もって造ってあるミニ社を畦道の片隅に置き、そっと親子狐様を安置した。

翌日からは俺一人で仕事に向かう。お社を丁寧に解体し、使える材料を選り分ける。

昼飯は近所のおばあちゃんが交代で弁当を持ってきてくれる。

昔ながらの田舎弁当が嬉しい。

十時と三時には漬物でお茶だ。ほっと一息つく、至福の時である。

ある日のお茶の時間、一人のおばあちゃんが

「○○ちゃん、わしらの出したおぜぜじゃあホントは足らんのじゃろう」

と言って来た。

「そんことは気にしなくて良いんですよ。親方がやる、と決めたんだから問題ないです」

「すまんのう、ただ働きみたいな事させちまって…」

「俺達は、ただ金の為にこの仕事してるんじゃありませんから心配しないで下さいね」

おばあちゃん達は涙ぐみながら、

「あんがとね、あんがとね」

と繰り返した。

そんな経緯もあり、俺の仕事に更に気合いが入った。

金や名誉より、人や神様仏様との触れ合いや心の繋がりこそがこの仕事の醍醐味なんだと改めて感じた。

そして、そろそろ初雪が来るだろうとおばあちゃんたちが話す中、お社は完成した。

その夜親方に完成報告をし、翌日同行して確認して貰える様お願いした。

翌朝起きると、とうとう降りて来た初雪で家の周りは一面の銀世界。

「ホントにギリギリだったな…」と呟き仕事場に向かう。

すると、親方が玄関の前にしゃがみ込んで首を傾げている。

「おはようございます。玄関先でしゃがみ込んでどうしたんですか」

「おう、おはよう。○○、こりゃなんだと思う?」

サクサクと雪を踏みしめながら玄関に向かう。

すると、親方の前には幅広の笹の葉に乗った古銭がじゃらっと置いてある。

「なんですか、こりゃ?」

「わかんねえ。朝起きたらあったんだ」

ふと周りを見回すと、獣の足跡が大小二つ、雪の上についている。

俺ははっとして、その足跡を追ってみると、お社のある村の方から続いている。

「親方、この足跡見てください」

足跡を見て、親方がはっとした顔をしてから顔を綻ばせた。

「おう、なるほどなぁ…義理堅い稲荷様だなぁ。こんなに貰っちゃあ、これ以上頂くワケにゃいかねえな」

親方は俺の顔を見て、にやっと笑う。

「さ。行くべか!」

「はい!」

俺達は車に乗り込むと、小さな足跡を追うように車を走らせた。

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。驚いて体を起こそうとするが動かな…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。図書館で本を借りたら、本の中に『こんにちわ』と書かれたメモが入っていた。次の週にまた別の本を借りたら、『こんにちわ。このまえ…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

煙草

子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらがその細い…

死神の生まれ変わり

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。まあ、中学生男子は…