感謝の言葉

hotel01

数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをした時の話です。

ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。

こんな時間になんでだろうと思いつつ、倉庫から鏡を出し、その部屋に運びました。

部屋では、その日ホテルで結婚式を挙げるお嫁さんとお母さんがお待ちでした。

とても感じの良いお二人でした。

ちょっと衣装のチェックをしたかったからと聞き、合点がいきました。

お嫁さんはとても幸せそうで、それがひしひしと伝わってきました。

お嫁さんとお母さんのお二人だけのようでした。

姿見を部屋の壁際まで運び、少々のチップをいただいて部屋を出ました。

部屋を出てから三部屋ほど進んだところで、突然、男の声で、

「ありがとうございます」

という感謝の声をはっきり聞きました。

人の気配を感じるのに姿が全く見えません。

天井を見上げましたが、通気口などありません。

テレビの音かなと耳を済ませましたが、何せ朝の4時くらいですし、廊下は鈴虫の音のような暖房の音しか聞こえません。

自分が立っている場所の部屋番号を確認しました。

仮にその部屋番号を203号室としておきましょう。

少し気味は悪かったんですが、別に怖いという感情はありませんでした。

事務室に戻るエレベーターに乗っている時に、ふと思いつきました。

さっきのお嫁さんのお父さんではないか。

お嫁さんとお母さんの二人だっただけで、勝手にお父さんが亡くなっている思い込みをしたのは失礼ですが、別に謎解きをしようとしてる訳ではないのに、自然と閃きのようにそう思ったのです。

お嫁さんのお父さんが声の正体を明かしたように感じました。

なぜか、少し良い気分になったのを憶えています。

事務室に帰って、上司に一連の話をしました。

真面目に話を聞いていた上司は、一言断言しました。

「それ、お父さんの声じゃないね」

「どうしてですか?」

「君が声を聞いた203号室、割腹自殺があったんだよ、それ以上言えないけど」

お嫁さんのお父さんではないとするのなら、誰なのか。そして、なぜ感謝の言葉だったのか。未だに解りません。

関連記事

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

病院(フリー写真)

深夜病棟での心霊体験

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。その兄が…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。故に深夜ビル…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。医療事故とのことですが、詳細は不明。私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…

オートロック

幽霊がいるって信じてないんだけど、一度だけ不思議な経験をしたことがある。今思ったら怖い体験なんだけど…。4年前、神戸に住んでいた時、警備会社でアルバイトしてた。大概夜勤…