慰霊の森

夜の森(フリー写真)

岩手県にある慰霊の森。

かつて飛行機の墜落事故があり、それ以降は心霊スポットとしても有名である。

これは俺の先輩がそこで体験した話。

ある夜、先輩は友人達と集まって飲んでいたそうだ。

暫くすると、夏だったせいか当然のように怖い話が始まり、場を盛り上げて行った。

先輩の友人の一人が、

「肝試しに行かないか?」

と提案し、皆怖い怖いと言いながらも行くことに決まった。行き先はもちろん慰霊の森。

先輩は行きの車の中で、さっきまで元気だった女の子の顔色が悪いことに気が付いた。

「元気無いな、大丈夫か?」

と聞いたが、大丈夫だと言うのでそのまま向かった。

向かっている間にも、女の子の体調が悪化している様子がはっきり見て取れたが、本人はあくまで大丈夫と言う。

そうこうしている内に現地に着いた。

車から降りて散策していると、さっきの女の子が返答も出来ないほど容態が悪いことに気が付いた。

皆で呼び掛けても、しゃがみ込んでぐったりとしたまま反応が無い。

まずいから車まで連れて行こうとした時、女の子が突然、顔を上げた。

誰の顔を見る訳でもなく、森の方を見ている。

「どうした?」

と先輩が聞こうとした次の瞬間、女の子は森に向かって走り出した。

そして一本の樹の根元を掘り始めた。素手で。

男が数人で止めに入るが、女の子は依然掘ることを止めようとしない。

全員怖がっていたが、放置して逃げ帰ることも出来ない。

皆で力ずくで取り押さえ、車まで引き摺るように連れて行った。

車の後部座席に女の子を放り込むとおとなしくなった。どうやら気絶したらしい。

そのまま病院へ直行し、親御さんに連絡して事の詳細を伝えた。

翌日には女の子は回復し、すっかり元気になって退院して行ったそうだ。

後日、女の子にその時のことを聞くと、話してくれたそうだ。

森に近付くにつれて体の具合が悪くなり、森を散策していた頃には、意識すら朦朧としていたらしい。

体調不良がピークに達し、しゃがみ込むと皆が呼び掛ける声が聞こえるが、とても答えれる状態でなかった。

その時、突然頭の中に『強い印象』としか言えないようなものを感じ、顔を上げた。

目線の先には樹が一本生えていた。

そこの根の辺りに、手を取り合った悲しそうな顔をした男女が、ぼぅっと立っているのを見た。

そして同時に、

『助けなければ!!』

と思い、走ったところまでは覚えているという。

病院に連れて行かれたりしたことは覚えていないらしい。

この話の当事者達(女の子を含む)は、今も元気に暮らしている。

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。 ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。 夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。 でも本当…

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。 ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。 俺と奴は病室が違う。…

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。 と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。 当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。 喫煙場所でタ…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。 その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…

爪を食べる女

最近あった喫茶店での話。 普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。 カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほ…

別荘

人の塊

2年前の話を。 この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。 具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。 連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。 息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…