慰霊の森

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

夜の森(フリー写真)

岩手県にある慰霊の森。

かつて飛行機の墜落事故があり、それ以降は心霊スポットとしても有名である。

これは俺の先輩がそこで体験した話。

ある夜、先輩は友人達と集まって飲んでいたそうだ。

暫くすると、夏だったせいか当然のように怖い話が始まり、場を盛り上げて行った。

先輩の友人の一人が、

「肝試しに行かないか?」

と提案し、皆怖い怖いと言いながらも行くことに決まった。行き先はもちろん慰霊の森。

先輩は行きの車の中で、さっきまで元気だった女の子の顔色が悪いことに気が付いた。

「元気無いな、大丈夫か?」

と聞いたが、大丈夫だと言うのでそのまま向かった。

向かっている間にも、女の子の体調が悪化している様子がはっきり見て取れたが、本人はあくまで大丈夫と言う。

そうこうしている内に現地に着いた。

車から降りて散策していると、さっきの女の子が返答も出来ないほど容態が悪いことに気が付いた。

皆で呼び掛けても、しゃがみ込んでぐったりとしたまま反応が無い。

まずいから車まで連れて行こうとした時、女の子が突然、顔を上げた。

誰の顔を見る訳でもなく、森の方を見ている。

「どうした?」

と先輩が聞こうとした次の瞬間、女の子は森に向かって走り出した。

そして一本の樹の根元を掘り始めた。素手で。

男が数人で止めに入るが、女の子は依然掘ることを止めようとしない。

全員怖がっていたが、放置して逃げ帰ることも出来ない。

皆で力ずくで取り押さえ、車まで引き摺るように連れて行った。

車の後部座席に女の子を放り込むとおとなしくなった。どうやら気絶したらしい。

そのまま病院へ直行し、親御さんに連絡して事の詳細を伝えた。

翌日には女の子は回復し、すっかり元気になって退院して行ったそうだ。

後日、女の子にその時のことを聞くと、話してくれたそうだ。

森に近付くにつれて体の具合が悪くなり、森を散策していた頃には、意識すら朦朧としていたらしい。

体調不良がピークに達し、しゃがみ込むと皆が呼び掛ける声が聞こえるが、とても答えれる状態でなかった。

その時、突然頭の中に『強い印象』としか言えないようなものを感じ、顔を上げた。

目線の先には樹が一本生えていた。

そこの根の辺りに、手を取り合った悲しそうな顔をした男女が、ぼぅっと立っているのを見た。

そして同時に、

『助けなければ!!』

と思い、走ったところまでは覚えているという。

病院に連れて行かれたりしたことは覚えていないらしい。

この話の当事者達(女の子を含む)は、今も元気に暮らしている。

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。 Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。 その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。 しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。 カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

某アニメーション学園周辺の女の子

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。 営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。 …

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…

呼ばれてる

皆さんは深夜、急に喉が渇いて水を飲みに2階から1階まで降りた事はありませんか? もしかしたらマンションやアパート、平屋建ての方もいるかもしれませんが。 そんな時は霊に呼ばれ…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。 そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…