夜釣りでの恐怖体験

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

夜の池(フリー写真)

友人から聞いた話。

彼がヘラブナ釣りに嵌まり始めた頃のこと。

夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出掛けたのだという。

餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが立っていることに気が付いた。

月明かりの下で、髪の長い女がこちらをじっと見つめていた。

それで思わず目を見返してしまったのだそうだ。

すると、女は水辺に向かって歩を進め始めた。

足が水に入っても、歩みを止めない。

ざぶざぶと水音を立てながら、やがてその姿は完全に水中に没してしまった。

危ないものを見たと直感し、すぐに撤収を始めたという。

片付け終わると、もう一度池の水面を見やった。

いきなり、数メートル先の水面に黒いものが浮かび上がった。

濡れた女の頭だった。

彼女が池の底を歩いて来たことを理解するや否や、彼は猛然と車へ逃げ帰った。

車に乗り込んだ時、バックミラーに歩み寄って来る影が映った。

即座にエンジンを掛け、山を下りたらしい。

その日は真っ直ぐ家に帰る気がせず、明け方までファミレスで時間を潰したそうだ。

彼は「二度と夜釣りには行かない」と言っている。

大事な妹

小4の時の話。 Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。 家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。 今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。 …

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

逆拍手

1999年当時のニュース 柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。 23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。 お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。 そこは店からだいたい車…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。 私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

生き人形

呪いの生き人形。 稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。 この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。 その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。 これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…