イケモ様

tumblr_m1wxx0OY2I1qe959eo1_1280

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。

ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいちゃんと釣りをしていた。

ある日、じいちゃんとばあちゃんが町に買い物に行くので俺一人で留守番する事になったんだけど、する事が無かったので一人釣りに行く事にした。

実はその池に行くのには凄く遠回りをする必要があるが、2人ともいなかったので抜け道をする事にした。

その抜け道はちょうど、となりのトトロでメイが潜っていったような所で、人一人抜けられる場所だ。

でも、じいちゃんもばあちゃんも絶対通ってはいけないと言っていた。

入り口を囲むように石が並べてあったが、子供な俺はそんなのお構いなく入って行った。今思うと完璧に人工的な並びだった。

そうして歩くこと20分池に着いた。1時間程釣りをしていて何気なく遠くの方を見たらチラッと人影が見え声が聞こえた。

「あきよへほ あきよへほ」

みたいな感じに。

普段誰も来ない場所なので、少し気になり見に行くことにしたが誰もいなかった。

まあ気のせいだと思い釣りを始めようと思っていたら、じいちゃんの軽トラが走ってきた。

俺はじいちゃんが迎えに来てくれたと思い、釣り道具を片付けていたら、物凄い勢いででじいちゃんが車で近づいてきた。

問答無用で車に押し込められ、釣竿もお気に入りだった水筒もその場に置きっぱなしになってしまった。

何か白い布を被され絶対出てくるなと言われ、家に帰るまでじいちゃんはずっと何かを唱えていた。

家に着くと俺を包んでいた白い布をじいちゃんが被り、新しい布をばあちゃんがかけてくれた。

ふと見ると近所の人たちが集まっていて、家は白い布で覆われていた。

あれほどの大きな布をどうやって調達したのか、今思うにこの時の為に用意してあったのだと思う。

そしてばあちゃんにお風呂に入れられ、少し大きな部屋に連れて行かれた。

知らないお爺さんがいて、何処を通って行ったのか、どのくらいの時間かかったのかなど、色々聞かれた。

その後、イモケ様の事について聞いた。

イモケ様は池を守る神様だけど、幼いので一人では寂しいのからと昔は子供を生贄に捧げていたらしい。

その子供が抜け道を通りイモケ様の所へ行っていたらしい。

しかし生贄とかの時代が終わり寂しくなったイモケ様は、里に下りてきて子供を連れて行くようになり、連れてきた子供が逃げないように足の筋を切りずっと自分の側にいさせていたらしい。

それでイケモ様が外に出ないように石を並べて道を閉じたと言う話だった。

最初は冗談と思って聞いていたが、自分の足を見た瞬間凍りついた。右足のスネの後ろが切れていて血が出ていたから。でも痛くはなかった。

いきなりお爺さんが叫んで、白い布を被った人が俺を囲み、ばあちゃんが傷を小さい札見たいなもので止血してくれた。

このままでは危ないと言う事で、急遽俺は家に帰されることに。またしても布を被され、じいちゃんの車に乗せられた。

イケモ様は白いものが見えないらしく、布を被れと言う事だった(にも係わらず家の中で足を切ったのは完全に家を覆いきれて無かったかららしい)。

布を被る前に見たじいちゃんの軽トラは、黒い部分はわら半紙で隠され、荷台には大量のお菓子が乗せられていた。すごくかっこ悪かった。

そして何事も無く走る車。俺はもっと何か起きると思っていたので拍子抜けしてしまった。

ずっと布を被っていたのでつい窓を開けてしまったら、外から

「きよへ」

と声が聞こえたが、じいちゃんは普通に運転していたので、気のせいだと思った。でも耳元で「きよへ」の声がはっきりと聞こえた。

ここで意識が無くなった。

目が覚めるとばあちゃんの家だった。

ばあちゃんに話したら全て夢だと言われた。

水筒も無くなってるし釣り道具も無かった。

この話をしても誰も信じてくれないが、右足に本当に傷が残っていて、何年経っても最近出来た傷のように見える。

本当の話だけど何か知ってる人いないですかね?

関連記事

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。 車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。 地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

トプン

昨年の秋口、暇だったので札幌の某川上流にある小さなダムに釣りに行った時のこと。 住宅地からさほど離れていない場所にあるので、休日には親子連れも来るのんびりした所なんだけど、その日…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。 当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。 当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

煙草を持つ手(フリー素材)

マイルドセブン

先月、仕事で千葉のホテルに一週間ほど滞在した。そこは普通のビジネスホテルで、滞在2日目の夜の事。 タバコが切れたので階に設置されてる自販機で買おうと部屋を出て、自販機の所まで来た…

不気味な唄

何かの雑誌の投稿で読んだ話で、もう随分前のことです。 まだMDすらなく、CDからカセットへ録音してウォークマンで聴いていた頃の話です。 その女性(Aさん)は当時中学生くらい…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。 ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。 でも、いざ到着するとみんな…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。 その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。 言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…