2才児の直感

公開日: 不思議な体験

dziecko

家の子は2才くらいまでは色々と見える子だった。

印象深いのは、20年ぶりくらいに中学の同級生が訪ねてきた時のこと。

その同級生は、昔は性悪で金の亡者だったが、金持ちと結婚してセレブの奥さまになり、お互い良い歳の中年になったのだから、彼女も変わったと信じて会うことにした。

というか、実家を知られているし電話番号も変わっていないから逃げられない。

私が遠方に嫁ぎ、彼女とは縁切り状態で完全無視してた間も、ストーカーのように一方的に実家に連絡や訪問があったらしい。

彼女が訪ねてきた時、ちょうど子供のオムツ替えやおしり洗いでお風呂場にいて、チャイムの音を聞いて玄関に子供だけが走って出迎えに行ってしまった。

双子のためもう1人を洗わなければいけないので出られなかったが、慌てて子供を連れにいくと、勝手に玄関のドアを開けて入ってきた彼女を見て子供が激しく泣き出した。

戸惑った顔をしている彼女に悪くて、必死に子供をなだめて彼女から引き離した。

双子ということで、赤ん坊の頃から見知らぬ人から笑いかけられ、話しかけられまくりで、人間大好き、知らない人大好き、人見知りまったくなしの天使状態だったから「他人を見て泣く」というのは初めてで、私もびっくりした。

その後、彼女が私に接近してきたのは詐欺にかけるためだということが判り、2度目の絶縁後もストーカーのごとく粘着され、嫌がらせも受け、あの女は少しも成長していなかったと思った。

彼女が私に執着した理由は、私が天然で騙しやすい人間だからで、遥か過去を思い出してみると、散々利用され騙された思い出しかなかった。

その女の本質を一目で見抜くなんて、2才児はすごい。

関連記事

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

首刈り地蔵

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ、母の実家へ引っ越すことになった。母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニ…

ひな祭り(フリー写真)

三つ折れ人形

私の実家に、着物の袖が少し焦げ、右の髪が少し短い、一体の日本人形があった。桐塑で出来た顔には、ちゃんとガラスの目が嵌め込まれていた。その上に、丁寧に胡粉の塗られた唇のぽ…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

白い空間

誰もいない世界

私は2年前まで看護師をしていました。今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。…