2才児の直感

公開日: 不思議な体験

dziecko

家の子は2才くらいまでは色々と見える子だった。

印象深いのは、20年ぶりくらいに中学の同級生が訪ねてきた時のこと。

その同級生は、昔は性悪で金の亡者だったが、金持ちと結婚してセレブの奥さまになり、お互い良い歳の中年になったのだから、彼女も変わったと信じて会うことにした。

というか、実家を知られているし電話番号も変わっていないから逃げられない。

私が遠方に嫁ぎ、彼女とは縁切り状態で完全無視してた間も、ストーカーのように一方的に実家に連絡や訪問があったらしい。

彼女が訪ねてきた時、ちょうど子供のオムツ替えやおしり洗いでお風呂場にいて、チャイムの音を聞いて玄関に子供だけが走って出迎えに行ってしまった。

双子のためもう1人を洗わなければいけないので出られなかったが、慌てて子供を連れにいくと、勝手に玄関のドアを開けて入ってきた彼女を見て子供が激しく泣き出した。

戸惑った顔をしている彼女に悪くて、必死に子供をなだめて彼女から引き離した。

双子ということで、赤ん坊の頃から見知らぬ人から笑いかけられ、話しかけられまくりで、人間大好き、知らない人大好き、人見知りまったくなしの天使状態だったから「他人を見て泣く」というのは初めてで、私もびっくりした。

その後、彼女が私に接近してきたのは詐欺にかけるためだということが判り、2度目の絶縁後もストーカーのごとく粘着され、嫌がらせも受け、あの女は少しも成長していなかったと思った。

彼女が私に執着した理由は、私が天然で騙しやすい人間だからで、遥か過去を思い出してみると、散々利用され騙された思い出しかなかった。

その女の本質を一目で見抜くなんて、2才児はすごい。

関連記事

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

坂道

時間が止まる坂

この話は私が小学2年生の時のことです。 クラスで仲の良かった友人が、興奮気味に「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」と誘ってきた。 その友人は普段から「宇宙人を見た」…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。 のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。 俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。 特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

地底世界

小学校2年生の頃の話。 山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。 知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。 母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。 出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。 交際は当時、無茶…

命の大切さ

つい最近の出来事です。 職場で色々あって、自殺未遂しちゃったのね。 それで気分転換のため田舎に帰省したんだ。もちろん自殺未遂のことは秘密にして。 すると、信心深いばあ…