祖母のタイムスリップ体験

時空(フリー画像)

祖母が体験した不思議な話。

まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。

所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子がおかしくなった。

いつの間にか周りには建物が沢山建っていて、目の前には巨大な駅があった。

そして駅から、白くて煙突も無く流線型の、見たこともない形の汽車が出て来た。

唖然として眺めている内、気付いたら元の道に居たそうだ。

後に新幹線が登場した時、あの時に見たのはあれだったんだ…と思ったそうだ。

月日は流れ、大阪万博があったくらいの時。

用があって東京に来ていた祖母は、街を歩いていたらしい。

ふとした時に躓いてしまい、頭を上げると街の様子が変わっていた。

人々も変わった格好をしていて、手にトランシーバーのような妙な機械を持っていた。

訳が解らなくなって、目を瞑って深呼吸をした後、もう一度目を開けると元に戻っていたらしい。

結局、その妙な機械は後の携帯電話だったようだ。

それから祖母はもう一度だけ、その時間旅行を体験したらしい。

今度は夜に散歩していた時、どう歩いたのか知らない内に、物凄く広い場所に出たらしい。

そこは巨大な施設のようで、様々なビルのようなものや機械があった。

その中心には機械や装置のようなものから出来た、物凄く高いタワーがあったらしい。

上は果てしなく天まで伸びていて、一定間隔でライトのようなものが付いていた。

それを暫く見た後、元来た道を戻ったが、二度とそんな施設は見つけられなかった。

その話の塔は、どうも話の内容からして軌道エレベーターなのではないかと思う。

もちろん祖母は軌道エレベーターなど知らない。

今まで見てきたものから考えると、祖母は近未来を見たのだろうか。

それ以降タイムスリップはしていないようだが、祖母が見たのは幻覚なのか未来なのかは分からないままだ。

関連記事

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。 私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。 実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。 これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

未来は書き換えられている

昔、高校受験の勉強で市販の問題集をやっていた時の話だ。 一通り回答した問題の答え合わせをやっていたのだが、一問だけ正解と解説を読んでも解らない問題があった。 何度計算しても…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

体育館(フリー写真)

異世界の体育館

中学一年の夏休み、部活で合宿に行った。 合宿所の体育館で遅くまで練習した後、三年の先輩に付き合ってもらって練習していた。 フローターは同級生で一番最初に打てるようになったの…

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。 その時に起きた不気味な出…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。 そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。 そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…