ニワトリ

公開日: 不思議な体験

chicken2

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。
かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。
俺は家を出て徒歩で病院に向かった。外は夕方と夜の中間みたいな感じの暗さだった。

俺が道を歩いていると、向こうからぼんやりと人影のようなものが浮かんだ。
最初は暗くてよく分からなかったが、こちらに近づいて来るにつれてだんだんはっきりしてきた。
どうやら子供が乗り物に乗ってるようだ。近づいてくるともっとはっきりした様子がわかった。
子供は頭に包帯を巻いていて、両手で何かを持ちながら一輪車に乗っているんだ。

俺は不審に思って立ち止まったんだ。そして一輪車に乗った子供が通り過ぎる時に、子供が両手で持っていたものが何なのかわかった。

それは生きたニワトリだった。

頭に包帯を巻いた子供が両手でニワトリを抱えながら一輪車に乗っている。
その子供は唖然としてる俺を通りすぎてそのまま曲がり角を曲がっていった。
俺は振り返りその子供に影がちゃんとあるのか確かめたが影はちゃんとついてた。幽霊じゃないみたいだ。

その後、俺はそのまま病院に行って薬をもらって家に帰ったんだが、あの子供が何だったのかは今もよくわからない。

関連記事

幼児期の記憶

今15才になる娘がまだ幼児だった頃の話。旦那がいる時は、娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが、2人きりのときは私の下の名前を呼び、いかにも内緒話をする、といった口調で…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。俺と母親が「…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

揺れる木

2年程前の話。その年の夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。仕事でありえないミスを連発したり、交通事故を起こしたり、隣県に遊びに行って車に悪戯をされた事もあった。原因…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。でも、いざ到着するとみんな…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…