混同された記憶

台湾

私は現在、仕事の都合で台湾に住んでいます。宿代もかからず、日本からも近いため、友人が時々遊びに来ます。この話は、そんなある時の出来事です。

今年の2月初旬、高校時代からの親友である渡部(仮名)が遊びに来ました。彼とは前週からメールで連絡を取り合っており、彼が日本を出発する前日には電話でも確認しました。彼は金曜日の午後7時に台北に到着するフライトで来ました。退社後、私は彼を迎えに行き、その日は夕食を共にし、クラブで飲むなど、典型的な週末を過ごしました。

初めての海外旅行で興奮している彼と一緒に、翌日は台北市内及び近郊を観光しました。私にはこちらに彼女がおり、その日は彼女も加わって3人で観光しました。

しかし、不思議な出来事は、彼が日本に帰る日曜日に起こりました。私と彼女は渡部を空港まで送り、チェックイン後に空港のレストランで会話していたとき、私は渡部の手の甲にタトゥーがあることに気付きました。私が台湾に赴任する前の去年7月には、彼にはそのタトゥーはありませんでした。

渡部は現在も新宿新都心の某ホテルのレストランで働いているため、タトゥーを入れるとは考えにくい状況でした。さらに、学生時代にアジアを旅していた頃、インドで知り合った全身にタトゥーを入れている友人、藤木(仮名)がいました。その藤木のタトゥーと渡部のタトゥーが同じだったのです。

顔を上げてみると、目の前に座っているのは渡部ではなく、藤木でした。何秒か前までは確かに渡部がそこに座っていました。場の空気は一変し、私は藤木に「藤木、何でお前がここにいるんだ?」と尋ねました。彼女も「渡部はどこ?」と混乱していましたが、藤木も彼女も私の言っていることを理解できない様子でした。

彼女は土曜日も藤木と遊んでいたと主張し、藤木は私の話を真剣には受け止めてくれませんでした。私は精神的に追い詰められた気分でした。金曜日の夜も、土曜日の観光中も、私は間違いなく渡部と過ごしていたのです。

その後、藤木を送り、彼女に再三確認しましたが、彼女は藤木としか会っていないと言いました。疑問を解消するため、初日に行ったクラブのスタッフに尋ねましたが、彼らも藤木のことを覚えていました。

土曜日に撮った写真を現像してもらったところ、写っていたのは確かに渡部でした。これは物理的な証拠であり、私が遊んでいたのは渡部であることを証明しています。しかし、周囲の証言は全て藤木のものでした。

さらに奇妙なことに、藤木が去年の年末からインドに滞在していたことを絵葉書で知りました。藤木は私の経験を全く知らないとのことで、私は今でも何が何だか分からない状態です。

関連記事

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

時計

時間を超えた警告

二ヶ月前、私が経験した奇妙な出来事をお話しします。夢だったのか現実だったのかは定かではありませんが、記憶に新しいその日の出来事をご紹介します。 ある日、私は朝10時に目を覚まし…

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。 高校2年生の夏休みの時の話。 友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

坂道

時間が止まる坂

この話は私が小学2年生の時のことです。 クラスで仲の良かった友人が、興奮気味に「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」と誘ってきた。 その友人は普段から「宇宙人を見た」…

医師(フリー写真)

夢の中の治療

俺の従兄弟の話を一つ。 非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。 人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。 従兄弟には当時付…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。 僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。 田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

雪山のロッジ(フリー写真)

フデバコさん

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。 小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていて、私はロッジに泊まるグループになりました。 「寒い…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。 日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。 ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。 そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。 彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…