手伝うよ

eki-home-nagano

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。

そのせいか、電車の急停止が多い。

急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った教室で受けさせてくれるなど、朝が苦手な人には好都合だった。

そんなある日、私が何気なく駅のプラットホームにぼーっと立っていたら、いきなり男に肩を掴まれ「手伝うよ」と言いながら線路に落とそうとしてきた。

男の服装はきれいなスーツに顔は普通の25~30歳の人。

しかし口角が異様に釣り上がっていて不気味だった。

高校で柔道部に入ってたのでとっさに男を線路側へ投げたが「しまった」と思った。

正当防衛だったと言えば何とかなるとビクビクしながら考えていたが、線路には男の姿は無かった。

気味が悪いと思ったが気にせず電車に乗り、いつも通り学校へ向かった。

そして私は高校と大学を卒業し、社会人として世に出た。

高校の頃のあの事件を忘れかけていたある日。

駅が混んでいたせいで後列に並んでいた。

何気なく前列の方を見ていたら、小柄な男子高校生らしき子が並んでいた。

すると、その高校生の後ろからきれいなスーツ姿の男が近づき、高校生の耳元で何かを言った後、肩を掴んで線路へ走り出した。

私は思った。5年前と髪型、姿、身長、顔、全てが同じ人は居るのだろうか。男を擬視した。

その時、一瞬後ろを向いた男と目が合った。口角があの時と同じように釣り上がっていた。

僅か2~3秒のことだったが、30分のような長い時間に思えた。

ハッと我に返ると周りで「キャー」とか「おうぇ」とか聞こえてきた。

また自殺らしい。男子高校生一人の。私は上司に遅れると電話をかけた。

ちなみにその後も自殺は減らないと言う。原因は何なのだろう?

関連記事

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。 受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。 溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。 もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。 恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

非常階段

数年前、職場で体験した出来事です。 その頃、僕の職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。 普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故が相次ぎ、クレーム処理に…

田畑(フリー写真)

尻切れ馬

これは大学生の頃、年末に帰省した時の体験談です。 私の地元はそこそこの田舎で、駅付近こそビルが多く立ち並んでおりますが、少し離れると田畑が多く広がっています。 私の実家も田…

ごうち(長編)

ある新興住宅地で起こった出来事です。 そこはバブル期初期に計画が出来、既存の鉄道路線に新駅を作り広大な農地を住宅地へと作り変えて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールな…

廃工場(フリー素材)

溶接

大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。 その頃はまだそれなりに授業も出ていたし、単位も何とか取ろうと頑張っていた。 ショボショボする目で辞書の細い字を指…

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。 じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

焼いてくれ

俺が昔、火葬場でバイトしていた時の話。 ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒い SUV車が入ってきて、成金な感じで時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車か…