不思議な森

mysteries_of_the_forest_by_mavigozlum-d60iywt

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。

もう少し説明すると、その空間だけ切り取ったように暗くなっている。木々に光が遮られてるとかじゃなくて、そのスペースだけとにかく、塗りつぶしたような黒って感じではないけど暗い。大きさは仮設トイレくらいじゃないかな。

変な場所で、時間の流れが異様に速かったり、そこに入ると回りから存在が掻き消えちゃうような感じ。だからかくれんぼとかではそこは使わないルールになってた。

子供ながらに不思議に思ったけど、秘密の場所みたいな感じで子どもたちだけが知ってた。

その空間は増えたり減ったりもしてた。いつもより暗くないなって感じた三日後くらいには無くなってたりした。そのかわりに別の場所にできてたりするんだけど、あの森の中にしか発生しなかった。

数は多分一定で、四つか五つだったと思う。足元はふかふかというかグニャグニャしてて周りとは感触が違ってたのを覚えてる。

あれが何だったのかな。今もあるのかは知らないけど、変なものもあるんだなと思ったよ。

関連記事

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…

ひな祭り(フリー写真)

三つ折れ人形

私の実家に、着物の袖が少し焦げ、右の髪が少し短い、一体の日本人形があった。桐塑で出来た顔には、ちゃんとガラスの目が嵌め込まれていた。その上に、丁寧に胡粉の塗られた唇のぽ…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。コンサル部の部長は時々ワープするらしい。打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

きさらぎ駅

98 :名無し:01/08 23:14 気のせいかも知れませんがよろしいですか?99 :名無し:01/08 23:16 取りあえずどうぞ100 :名無し:01/08…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

デパート(フリー素材)

異世界のデパート

小さい頃、婆ちゃんの家にあるタンスに入ると変な町に行けた。タンスの中に吊ってある服の奥にどんどん進んで行くと、デパートの洋服売り場のような場所に出た。また商品の服の中に入ると婆…